スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様のギャラリー

最後に御紹介するのはSさんの作品です。
彼女はあっと言う間に・・・・とととと、と天上界に昇り詰めて行きました。

御職業はこの世になくてはならぬものですがこっちでも・・・・と思ってしまう私。
先ほど、聞きなれぬ石の名前は彼女のブログに遊びに行って確認いたしましたので、一挙掲載です。


小沼先生の技法を使って。アジュラマラカイトという石だそうです。
あの小田急町田のデンジャラスゾーンで清水の舞台から何度も飛び降りた時のお一つです。
皆、瀕死の重傷を負いましたからね。
関さん5


     関さん6
ネック部分に組んだニュアンスのあるピーコックカラー(孔雀色)がこの石を活かしました。
確かに石じゃなくてパール。しかもこの色を選んだのが大正解です。



シラーがとびきり美しいラブラドライトのマーキス。ネックにカイヤナイトを組んだのが素敵。
関さん2

          裏がどうなってるのか気になるよね・・・とひっくり返しても完璧!
          関さん1




ピンクシェルのお花です。
サーペンティンのドロップがマスカットの様に綺麗な色です。

関さん9


            関さん10




ピーモンタイトinクォーツ
シンプルに巻くのもいいですよね。石が引き立ちます。
関さん





この画像ではわかりづらいですがキラキラの宝石質のスモーキークォーツ。
アクセントにロンドンブルートパーズを効かせて。
関さん8




オブシディアン。留めたツメの長さが均等でしっかり固定されてます。
関さん3




このルチルの加工はkoba作だそうです。
かなりの本気モードで取り組んだらしく納得がいくまで作り込んだとか。
全体像がボケて掲載出来ませんが素晴らしいネックとなっていました。
関さん4


石のこだわりとセレクト、その石を最大限に活かす技法。
そのトップに合う色の石やパール選びには凄い情熱を感じます。
彼女に妥協はありません。

一つ・一つの作品に思い入れが感じられます。

ここまで究めるには相当の努力をされています。
ツメ留めマスターの為にどれだけのアーティスティックワイヤーをクズの山にしたか・・・とお聞きしました。


スタイリッシュだったり時にクールな作風だったり、乙女なテイストも・・・・
それだけ本当に石が大好きなのだと感じます。
愛して止まない石の為に、それぞれに大切に命を吹き込んでいる・・・。



今後の作品に目が離せません。


スポンサーサイト

皆様のギャラリー

貧血ピンクこと、N沢さんのラップブレスです。
キラキラスワロのラップブレス。

ピンク
アンティークな薔薇色が肌に溶け込むように、でもキラキラ輝いています。

選んだボタンはピンクさんも私も大好きドログリーです。

ところでこの画像は、私がレッスンでバタバタ中だったのでピンクさんが御自分で撮りました。
コレがなかなか上手!座布団一枚!


皆様のギャラリー

久し振りに御参加下さったN野さんの胸元に揺れていたネックレス。
「あの時、お見立てしたタンザニア産カイヤナイト・・・・」こんなに素敵な作品になって・・・・感無量でした。


中野さん1


中野さん2
細部に工夫を凝らすN野さんらしい技法です。(懐かしい!!)
あるお店で私がやっていたフリーレッスンの原点をここに感じました。
限られた時間の中で、皆、ワクワクと世界で一つの自分だけのオリジナルを作りましたね。
集まったそれぞれが互いに刺激を受けて・・・・
本当に楽しいひと時でした。

中野さん3



こちらもN野さんの作品です。
中野さん4
ターコイズに見える石はアフリカンブルーオパール。
サークルがどんぐりの様に味わいのあるパールを上手に使っています。


中野さんアップ


普通の主婦(達)が実は凄いクリエーターだというこの事実を私は多くの方に知って頂きたくて発信しています。

たぶん彼女達は作家レベルなのです。(と、某店スタッフと言ってました。)
そんな凄い方達にレッスンさせてもらえる自分は誇りを感じています。









皆様のギャラリー

土曜日の成城レッスンで見せて頂いた皆様の作品です。



こんな雑誌を見て作ってみたくなった・・・・
雑誌_edited-1


              雑誌2_edited-1


と思ってこの写真だけを頼りに作ったチェーンメイルのペンダントトップです。
チェーンメイル1


鈴木さん1
制作者はS木さん。「すご~い」と皆で回覧しました。
写真の様にざっくりとしたセーターに合いそうなトップです。
以前、お花モチーフのチェーンメイルのレッスンを受講されたので外側はあんな感じ?とやってみたら出来た!とおっしゃってました。


素敵です。



回想録   この方を語らずして・・・・その2

白壁18



お揃いのリング
白壁17




白壁9



           白壁11


                   白壁10






白壁8


白壁6


           白壁7



                   白壁5








白壁4


白壁19


白壁2


白壁1


この方が組み合わせれば例え、岩石だって優しくフェミニンな雰囲気になるのです。
彼女から感じるふんわりと優しいお人柄・・・・そのままの作品達。


この撮影をするためにいつものようにテラスに行くと彼女がそっとやって来て仰ったお言葉を今も忘れません。


誰だって生きていれば辛い事も苦しい事もあるのです。
そんな中でこのアクセサリー作りの楽しさがあったからこそ、頑張れたり乗り越えられた事もあった・・・・
・・・ありがとう先生・・・・・と。

本当は私・・・あの場で泣いてしまいそうになりました。白壁さん。

私がしてきた事に、少しでも意味があったのならば、そして誰かのお役に立てたとしたなら・・・・
もう何も言う事は無い・・・・感謝すべきは私の方です。


多くの皆さま、私のレッスンに通って下さって本当にありがとうございました。




















- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。