FC2ブログ

本日のお勧めMENU

秋田名物の、きりたんぽ鍋に良く似た「だまこ汁」が簡単に作れちゃいます。
何と!ごはんに片栗粉まぶして突いた餅なんです。


子供時代のmakoの田舎は秋田県でした。鹿角群十和田町という田んぼと山々に
囲まれた小さな温泉町。
母が結核にかかり3歳までこの地に預けられていました。

以来、毎年夏休みになると一人で田舎に滞在するようになりました。
幼い頃の夏の情景は、何処までも広がる田園風景やしおから蜻蛉・夏草の匂い・・・田舎家の湿った土間・鶏小屋の喧騒と温かい産みたて卵・小川のほとりのスグリの実・・・そして祖父母が最大級のおもてなしとして作ってくれたのが、だまこ汁です。
でも・・・毎回だまこ汁が苦痛だった。 だって、名前を付けて可愛がっていた鶏を目の前で絞めて解体するわけね。(なたで首切るんよ。皮1枚残して・・・首倒しながら苦しがって庭を走り回る姿はスプラッターホラーよ) 
鶏の骨からしっかりダシを取るのが本場秋田の味。
makoのは超簡単アレンジです。

材料

鶏もも肉・まいたけ・葱・大根・ごぼう・あれば三つ葉・白だし・酒・醤油
ごはん(二人分なら1.5合もあれば十分)・片栗粉


20060129114509.jpg

ごはんに片栗粉を適宜まぶす。
20060129114527.jpg

すりこぎがベストだけど面倒なのでボールの中でごはんを突いて練る。
20060129114539.jpg

塩水で手を濡らしながら丸める。
20060129114549.jpg


その間に鍋に湯を沸騰させて、切った鶏肉,ごぼうを白だし、酒少々で煮る。
鶏肉が柔らかくなったら、まいたけと葱を加え、醤油で味を調える。
だまこ餅を入れて煮込む。仕上げに三つ葉を散らす。
20060129114614.jpg


翌日の方が、だまこ餅に味が染みて美味しいよ。
だまこ餅は少し多めに作って、煮る前の状態で油でこんがり揚げてアツアツに煮汁をかけると、おこげっぽくて2度楽しめますよ。
先日発見しました。

Continue Reading

スポンサーサイト



1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12 02
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク