スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな物達

20060625194948.jpg

春先に、近所にあるお気に入りの雑貨屋さんで買ったプランター。
葉っぱとか鳥などのモチーフには、心くすぐられてしまうのだ。
サイズが色々あって、鳥の巣が一つと三つのと2台も購入してしまった。
こういう雑貨は即決しないと後で出直すと完売しているもの。
これもすぐに消えていた。


20060625194232.jpg

リビングにつながる小さなパティオ
おままごとみたいな木製テーブルと椅子があって、ここで時々お茶をする。


20060625194350.jpg

鳥の巣プランターはここに置いてみた。


20060625194615.jpg


20060625194555.jpg


今頃5月のベランダ風景である。
昨年、夫と薔薇の苗を捜し求めて植えたもの。
今年も美しく花が開きとても嬉しかった・・・・・。

20060625194604.jpg



20060625194448.jpg


つる性の植物が好きで、何だかわからないままに植えたらどんどん育って
花まで咲かせた。エアコンの室外機の上はどんな風になってゆくのだろう。


20060625194541.jpg

20060625194509.jpg

hana2.jpg

初夏の花達・・・・リビングから小さな花々が見えると幸福な気持ち



20060625194403.jpg


前の家から持参してきた鶏の素焼き   素朴さが好き。


20060625194301.jpg

ベランダのミント達もこんなに育ちました。


20060625194221.jpg

20060625194209.jpg

上2点はジャスミン
ジャスミンも色々あって花も、それぞれ愛らしい。


20060625194532.jpg

これは・・・・光る花。
・・・・・な訳ない。  光りの花は電飾なんだけどとても可愛くて・・・
これもお気に入りです。

そして・・・・お気に入りと言えばこちらはピクルス。

20060625194640.jpg


春先頃から取り組んでいる我が家の常備菜。
カリフラワー・大根・人参・赤ピーマン・黄色ピーマンなどを漬けて置けば
かなり日持ちがするので、お弁当や夕飯のおかずの付け合せに大活躍。
サラダとお漬物の代わりになります。


レシピ
材料
白ワインビネガー  1カップ
水         2と1/2カップ
塩       大匙2
三温糖     小匙2
粒胡椒     大匙1
ベイリーフ   2枚
赤唐辛子    1本

カリフラワー・カラーピーマン・セロリ・人参・大根などなど
「作り方」 
 野菜は小さく切りそろえておく。
塩を入れた大目の湯でさっと湯通しする。長くても8秒以内!
目安は野菜の色が少し変わる位。

熱いうちに保存瓶に入れておく。
ピクルス液は材料を火にかけて塩と砂糖が溶けるまで良く混ぜて熱いうちに
瓶に入れた野菜にひたひたに注ぐ。
そのまま冷まして冷蔵庫で保存する。
翌日から食べられます。
保存の目安は冷蔵庫で1週間位。
調味料や香辛料の配合は自分の舌にあった様にアレンジしてね。



  


スポンサーサイト

錦市場で

20060618174208.jpg


20060618174224.jpg


京都の錦市場で発見したトマトです。
すぐりの実のような可愛いサイズ。まだ関東では見ていないので早速
買い求めました。
新しい物には弱いんだな・・・・。
今の時期、京都の八百屋には山椒の実がざる盛りで売っています。

錦市場で美味しいな・・・と思うのは生麩。
バジルとかトマト味なんてあるからこれはパスタの感覚でイタリアンに。
よもぎや胡麻の生麩はお吸い物にしたり、素揚げに出汁をあんでとじて
とろりとかけて山葵を添える。
乾燥した麩も桜や紅葉…菊の花などそれは雅で、おジャルな気分。

生湯葉はなかなかお持ち帰りが出来ないので乾燥湯葉が重宝します。

かなり気に入っているのが、ちりめん山椒。
そして筍のお漬物。
錦市場で必ず立ち寄るのが酒屋さん。
ここでしか入手できない京都の生酒を樽から量り売りしてもらいます。

今回初めて入ったお店が、牡蛎のだいやす。
魚介の小売の隣でカウンターだけの小さなダイニングをやっています。

20060618183008.jpg


20060618182956.jpg

焼き牡蛎が150円!!!というのに大ぶりで焼きたての旨い事!!!!!!
勿論グラスワインは白で・・・・・

20060618183022.jpg


あんまり美味しくて海老やサザエも焼いてもらいました。
幸せなひと時です。

京都には冠婚葬祭でいつもあたふたして帰るのですが京の台所でけは
必ず寄り道しています。

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。