スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雀のお宿

          20061125152330.jpg



狩猟家だった父は解禁になる11月15日になるとハンターの姿に変身して神奈川辺りの山に入っていた。
我々は狩猟民族だと言っては誇らしげに山鳥を撃って来た。
私の少女時代の記憶にある我が家は冬の間中、獣の匂いがしていたと思う。

父は小さな自動車修理工場を営んでいた。 
玄関は全面シャッターの入り口で、父が山に行った日は「ただいま」とシャッターを開けるのだが、その瞬間遭遇するのは皮を剥がされた動物達の屍骸であった。
軒先と言うのだろうか・・・。シャッターの内側に吊るしてある薄皮だけの兎(耳も剥がされた血管の透き通った物体)や山鳥達がぶらん!と御対面となる。
冷蔵庫を開ければそのままの山鳩やコジュケイ、鹿の肉がどん!である。
今夜は兎汁だ、熊鍋だと出されても私は決して箸を着けなかった。
ここは山岳地帯の村では無い。目黒区碑文谷という住宅街なのだ。
殺生してまでの栄養不足な生活など誰もしていない。


話はもっと昔にさかのぼる。
物心着いた頃から時々、我が家の食卓に登場していたのが雀の蒲焼御飯。
「雀のお宿」の絵本に出てくる雀達は普通にこの家のメニューだった。
父は碑文谷の住宅街で空気銃を使って雀を捕っていたらしい。

ある日の事 空気銃を持って雀を物色している所を不信に思った近所の住民が
警察に通報した。
当たり前の事だが挙動不審な男が、銃を持って住宅街をうろついているのだから怖いに決まっている。
当時私は小学校2年位だったと思う。何も知らない私はランドセルを背負ってスキップしながら家に向かっていた。
家の前にはパトカーが停まっていて父が連行されて行く瞬間だった・・・・・
後部座席に揺れる父の姿。

かくして雀・空気銃・蒲焼は忌まわしい想い出セットベスト3にランクイン。


さてお題の雀のお宿・・・・である。

あれから年月が流れて・・・・・木馬館時代のある日・・・・。
ひょんな事から子雀を拾った。
衰弱していたので家で育てることにしたけど、何時あの父が羽を毟って蒲焼にするか心配でならなかった。
・・・ しかし父には大きな異変が起きていたのですな。
変わり者の父は大人になった子供達から疎外されて嫌と言うほど孤独を味わっていた所に、つぶらな瞳の子雀がやって来たのだから、そりゃー可愛がりました。命名はチュン子。
それは目の中に入れても痛く無い程の溺愛ぶりで、いつも肩に子雀を乗せては、口移しで自分のごはんを食べさせる毎日。
晩酌の相手もチュン子。
朝から晩まで、いや24時間がチュン子との甘い生活だった。
雀のお宿でもてなされた爺さんと父がダブって見えた。

しかし父と子雀との蜜月はそう長くは続かなかった。

ある事故でチュン子は小屋の中で息を引き取ったのだった・・・・・・。
父は取り乱して号泣。
泣いて泣いて泣いた目は数字の3のように瞼が腫れ上がり、プライドの高い父は家の中でサングラスを掛けていた。盲目のマッサージ師の様になった父は
毎度の食卓でも真っ黒なサングラスをつけたまま寡黙にうつむいていたのを覚えている。
子雀の亡骸はいつまでも仏壇に置かれていた。
さんざん蒲焼にしてきた雀が、なぜか仏壇で固くなっていた。

時々、父はいなくなる。

でも家族は皆わかっていた。

碑文谷には昔の竹林を残した「雀のお宿公園」という場所があって、
ここに来れば雀達がチュンチュン降りてくるのだ。

父は黒いサングラスをかけたまま、一人竹林の中を佇んでいた・・・・・。




              20061125152530.jpg


20061125143157.jpg

スポンサーサイト

年賀状

今年も年賀状の季節がやって来ました。

まだイメージが浮かびません。
そこで過去の年賀状を引っ張り出しました。

パソコンの無かった昔の、それでもちょいこだわって作りたかった気持ちが
懐かしい!

娘が幼い頃のテーマは、猫の家の御挨拶
20061125123532.jpg

紙粘土で猫のパパとママを作っての撮影。娘をおだてながら「いいお顔してね・・・」ってシャッターを押すのは私。
だから猫のママは枕人形。


弟が生まれてからは、こんな年賀状
息子はヨチヨチ歩きで転びながらこの写真を撮った。
場所は広尾の有栖川公園
20061125123458.jpg



       馬年だったので、とっても木馬館な年賀状
       20061125123424.jpg





年月が流れて・・・・現在の我が家
今年の年賀状はレトロに昭和がテーマでした。私2歳、夫12歳です。

              20061125123436.jpg

かいとく丸

日本のオーベルジュ(食事が美味しい宿)とグルメ達を唸らせる民宿
「かいとく丸」に行きました。

伊豆の岩地という小さな漁村にある、かいとく丸は料理の美味しい日本3大民宿の一つに挙げられています。
美味しいもの好きの女将が作るその料理は、民宿定番の舟盛りと冷めた天婦羅イメージを大きく覆しました。

20061123192825.jpg

かいとく丸の入り口
20061123192854.jpg

岩地海岸(東洋のコートダジュールねぇ・・う~ん・・)
20061123193018.jpg


かいとく丸近くの石の階段
20061123193006.jpg




ダイニングルーム
20061123192906.jpg


前菜(魚の酢漬けとカッテージチーズのアレンジ)
20061123193034.jpg

蛸のカルパッチョ(ドレッシングが自家製でメッチャ美味い)
20061123193046.jpg

サザエのエスカルゴ風(アッツアツで出てくる)
20061123192918.jpg

おっと忘れちゃいけないワインは、白1種類だけど辛口で凄く美味しい!
20061123192934.jpg

関アジのお造り(今朝釣れたと言ってた)
20061123192956.jpg

今が旬の伊勢海老のお造り
20061123192944.jpg
鯛の塩焼き
20061123193236.jpg

米は高齢のおばあちゃんが作っているとか。
20061123193157.jpg

涙が出た程、実に旨い漬物
20061123193303.jpg

あら汁
20061123193147.jpg

デザートの柿
20061123193214.jpg


女将は料理の何処に手をかけるべきかを心得ていると感じた。
それは伊勢海老の頭や殻からだしを取るアメリカンソースであったり、庭の柚子で作る特性ドレッシングや漬物などに凝縮されている。
そして新鮮な魚介はなるべくシンプルに料理するのだ。
どんなにお腹が一杯でも鯛の塩焼きなら箸が進む。


朝食
20061123193247.jpg

昨夜の伊勢海老の頭の味噌汁
20061123193315.jpg

この急須が素敵
20061123193224.jpg

と・・まぁこんなごはんなのである。

民宿なので、部屋だけは、ちょいショボイです。(かなりかも)
でもでもお風呂はバカに出来ません!貸切風呂で塩水の温泉です。
雰囲気もなかなかですからね。
読書室も感じ良いです。
そしてダイニングルームはとても素敵!!!!

お値段はもっと素敵!
土日祝日関係無しの1万円~です。
詳しく知りたい方には・・教えちゃうかなぁ・・・・・

大変!夕食のメイン料理「伊勢海老のアメリカンソース」を忘れていました。これがこの宿の最大の自慢料理です。
20061123192841.jpg

さよなら オロナイン

20061123173314.jpg


手荒れだ、切り傷だ、火傷だ、ちょっとお肌の調子が・・・と言う度にお世話になっていた我が家のオロナイン軟膏。

私はただトイレに立っただけだった。その時目の端に映った光景は洗面所で
半ケツになってる夫の姿・・・ん?・・・・んんん???げげっ!!!!!
夫は無心に指をオロナインに入れては肛門様に塗っている。
塗った指はまたオロナインに・・・・・。
「あっ!」思わず声が漏れてしまったのだ。うろたえる初老の夫。
今更ケツを押さえたって、私は一瞬にして全ての動作を目撃している。
「ま・ま・まこちゃん・・・」  どうやら切れ痔らしい。
安心して使っていたオロナインだったのに・・・・・。

今日、私は我が家のオロナインとお別れしました。





初めての出張

先月末から8日間山梨に出張でした。
某デパートの催事で、お客さまが選んだ天然石をその場でアクセサリーに加工するという職人として・・・。

仕事・ビジネスホテル・仕事・ビジネスホテル・仕事の繰り返し。
狭いユニットバスでは一日の疲れは取れやしない。
シャワーカーテンが臭いのだ。横は便器だし・・・・。
おまけに窓は、はめごろしで開けられないときた。昼夜の外食代もバカにならず、会社の皆に勧められた近所の、ほうとううどん屋に向かったものの
茸ほうとううどんが1500円!!!!!後ずさりしてコンビニで豚汁どん兵衛を買って部屋でお湯を注ぐ。
ベッドと机に挟まれながら山梨で豚汁どん兵衛を一人寂しくすすった。
時にはプチ贅沢で地元山梨産ワインの小瓶とマックのグリルチキンサラダ。

この様に空しいビジネスホテル生活の中でもささやかな幸せ・・・ではあるけれど話題のお土産を買ってみた。

あの信玄餅の桔梗屋が出した信玄桃である。

20061108121510.jpg


20061108121522.jpg


20061108121533.jpg

写真の様に箱に入っているのは桃の形をした饅頭なのである。
中は桃のドライ果肉が入った白餡。優しいももの香りの和菓子である。
こういう遊び心が私のお気に入りなんだな。
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。