FC2ブログ

「俳優 玉木宏27歳の素顔」を観て・・・・・・・・・

昨夜(深夜)「大人気!俳優玉木宏27歳の素顔」という番組を放送していた。

玉木宏・・・今、映画やドラマ、雑誌で見ない日は無い。


彼は名古屋の高校を卒業してすぐに一人で上京した。
まだ18歳だった彼は年齢の割りにとても大人びて見える少年だった。
俳優を目指して、都内のゴルフ練習場に併設されたレストランでアルバイトしながらオーディションを受ける日々を送った。
ちなみに当時私はそこの厨房で調理の仕事をしていたのだった。

時折、彼の母親が名古屋から手土産を持って丁寧に挨拶に来てくれた。
18歳の息子を案じる母の思いが私と歳が同じ事もあってひしひしと伝わった・・・・・。
ウエイターのアルバイトだけではやって行けず、彼はコンビニのバイトや引越し屋のバイト等をかけ持ちで頑張っていた。
彼が他のアルバイトと違ったのは、ルックスだけでは無く、実に気の効く礼儀正しい少年だった事。それは例えば、恐怖のランチタイムの後の戦場キッチンに、ウエイターの彼だけが何を指示された訳でもなく、一人で洗い場に来て袖をめくり、黙々と洗い物をしてくれていた。
彼は、本当に気の利く存在だった。
そんな事をしてもらえればおばちゃんの私は嬉しく無い訳がなく、彼の御飯には何かと親心でおかずを多く入れたものだった。
それを横目に厨房のヤカラ共は「イイ男にはすぐ、エコヒイキする!」と大ブーイング!
厨房の男共は風俗通いや競馬とそれなりに裕福なのに、玉木宏はヤモリのいる貧相なアパートでバイトに明け暮れているわけで、せめて御飯位は腹一杯食べさせて上げたかった。
学生バイトの皆と一緒に、横浜の我が家に御飯を食べに来てくれたこともあったなぁ・・・・。

次々受けるオーディションも落ちてばかりのあの時代・・・・しかしあのゴルフ練習場の仲間達は,きっと玉木はいつか大物俳優になると皆が信じていた。
レストランの仕事は、練習場の売店も担当だったから、彼が売店で作るホットドッグを食べたスタッフは「何年か経ったら、このホットドッグを食べたことが凄い記念になるのかも・・・」と笑って話した。
ワゴンを押しながらドリンク販売をする姿も今の内に撮影しておけば後に話題になるかも・・・・。そんなたわいのない事を言いながら、私達は高校生も大学生もおじさんもオバサンも関係無く、皆で一つの仕事をしていた。
それが「スイング碑文谷」だったのです。
ウォーターボーイズが彼の転機でした。

そしてあれから10年近い年月が経ったのです。


厨房時代の私         

burogumako.jpg




昨年のスイング碑文谷同窓会で・・・・
玉木君は撮影で出席出来なかったけど、ちゃんとこの場に電話をくれて一人一人と話をしました。大学生だった子も今はお母さんです。
                  ブログスイング




スポンサーサイト



- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク