FC2ブログ

水色の薔薇の囁き

見ない様にしていたのに…手に取って見つめてしまった…。
ルース(バラ売り)の天然アマゾナイトの薔薇を。
取り立てて新しいモノでも何でもない。

手に取ると少しグリーンがかかった水色もある。
ブルーオパールの色にも似ていて…南の島の水平線が瞼の裏に広がる。
また妄想が始まった。


本当なら存在しない色の薔薇だけど天然石だからこそ出来るのだ。
水色の薔薇は私に言う。
[ルースで買うなら連で買ってお家に連れて行って。
もうすぐ久美ちゃん(妹)の誕生日でしょ?
色々使うんだから連の方がお得よ…]

悪魔の囁きだ。

私は天然アマゾナイトの連材の前に立っていた。しかも…大きい薔薇と小さい薔薇を2本握りしめて。
すると水色の薔薇が[クリソプレイズと合わせる以外ないでしょ。]と言う。
本当だ。
しかもピッタリサイズの珠は1本しか在庫が無い。

年末年始は何かとモノイリだった我が家の家計。

あ~見るんじゃ無かった。手にするんじゃ無かった。
一昨日見た多摩のナチュラルパールも微妙な色とテリテリな輝きで心奪われた。これで2000円台はあり得ない。しかもたった1本しか無かった。
多摩の店長はニコニコしながら[○○さんも買われてましたよ。2本。]
あ~っ…やっぱり…と妙に納得。
彼女の審美眼は卓越していますから。さすがじゃ…

ひとまず深呼吸をして我慢はした。

しかし…恵比寿では魔がさしてしまったのだった。
水色の薔薇の囁きに…

そして一度はあきらめた多摩のパールが[ワタシもワタシも]と遠くから呼んでいる。

あ~宝くじ当たったら我慢してる石やパールを大人買いするもんね。
スポンサーサイト



- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12 02
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク