FC2ブログ

回想

木馬館便りをずっと過去にさかのぼって読んでたら朝になってしまいました・・・・というお言葉を頂戴して
恐縮するやら、はてさてその頃何を書いたのかとドキドキしてサラリと過去記事を流し読みした。
すると下書き保存がいくつか存在した。
これがその「回想」というページ。2006年に書こうとしたものらしい。
今、木馬館があった街を歩いてもその変貌ぶりに驚く。
目黒区碑文谷の住宅街にその店はあった・・・・・




             看板  20060730160425.jpg

  
        20060730160259.jpg番犬ニッパー


             20060730160311.jpg
コレクション棚


20060730160234.jpg
カウンターに住む人魚



         看板 
          kannba.jpg




               20060730160437.jpg



最後に出てきた閉店のお知らせが少し切なくなった・・・・・。
スポンサーサイト



BBケース

BBケース
  

ケース



驚きの「お教室ケース」を見せていただきました。
制作途中のアクセサリーをそのままポン!と入れて蓋をするだけ。
低反発ポリウレタンの厚みを半分にカットしてカバーを着けていますのでまるでクッションに挟み込むようにアクセサリーを持ち運びできるのです。(写真は蓋部分の低反発を外しています。)
細部に至るまで至れり尽くせりの仕様となっています。
テキストや工具を入れるスペースも。


アイデアを聞いてそれを工夫して形にする馬場さんってすごい!
勝手に名付けてBBケース。




馬場さんの大作、遂に完成!

構想数カ月・・・・
材料集めにも大変苦労されました。


小さな小さな淡水パールの10連ネックレスです。
・・・・が複雑に交差させた大小の淡水コインパールが大きなアクセントになったデザインです。

大作2



頭の中で考えた事を形にするのは本当に難しい!


試行錯誤しながら長い時間をかけて遂に堂々完成です。

トルミちゃんに着けての撮影もしたけれど、この作品は御本人様が最も素敵に着けていらっしゃるので承諾を頂いて撮らせていただきました。


大作

自家製カットコイルパイプ

先日の「恵比寿研究所」というタイトルで御紹介した自家製カットコイルパイプの続編です。
研究者肌のOさんの実験を引き継いで下さったのが馬場さん。

一本の棒に穴を開けた、なんちゃってくるくると、割り箸くるくるの2種類を作って実験をされました。

くるくる



ベースはピアノ線。
ピアノ線


結果、割りばしくるくるが良いと判明。
割り箸は使いやすい長さにカットします。


アーティスティックワイヤーのガンメタ色0.2は無い様なので真鍮線の30番で代用。
黒は0.2です。

くるくる2


カットコイルパイプ



この研究成果を見せて頂いた時は感動でした。
知恵と知恵を出し合ったお二人のリレーで完成した自家製カットコイルパイプです。








- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
02 04
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク