スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹富島

七色の水平線ー365日の空
これはある方のブログです。勝手にここに御紹介してしまいましたがお時間のある方は是非、竹富島の365日の空を見に行ってください。(クリックすればもうそこは竹富島ですよ)
7月をクリックすると私が行った頃の空や海の中の青い青い魚たちが懐かしい・・・・
本当は私もここに住みたいのだ。




このブログを知ったのは竹富島から帰ってすぐの事。
まだゆっくりと、彼女がこの島に住む事になったいきさつは読んではいない。
時々「365日の空」に飛んで行ってその日の竹富島の空を見る。

まるであのカイジ浜に自分が居るような錯覚を起こしてぼーっとする。

彼女はもう観光客ではない。この島に住み、神様を大切に感じて、島の人々と交流して生きているように思える。
たぶんその人はこの中に居るのだろう・・・星の砂を売っている方ではなかろうか。

カイジ浜1



ある日の日記には私とまったく同じアングルで撮ったカイジ浜の猫の画像があった。


カイジの猫

これは私が(いいなあ・…ここの猫は・・・・)と思って撮った写真です。
スポンサーサイト

父の誕生日プレゼント

初めてだった。
父の誕生日を間違えるなんて…

仕事帰りに渋谷の東急デパートでプレゼント選びに煮詰まった。
昨年から気になっている「甲冑パンツ」は戦国時代の武将達をイメージしたそれは渋いパンツだ。
包帯素材で通気性が良いらしい。見た目は鎧の雰囲気。
名前からして火縄銃を撃つ甲冑スタイルの父にピッタリだけど値段はお高い。これで使ってもらえなかったら無駄だ。
紳士フロアーを行ったり来たり。
そして携帯から山形に電話を入れて打診する。
電話に出た母は「え?今日お父さんの誕生日?……………………」
母よ、自分の亭主の誕生日も忘れたのか…と思いきや勘違いは娘の私だった。
まだ余裕はあった。

キーホルダーはどうかと言う。
今はキーリングって呼ぶんだよなあ。
スパッツはレギンスでスモッグはチュニック。
ここがオバチャンの別れ道なのだ。
そんな事はどうでもいい。どれも値段ばかり高くてデザインがいいものがなかった。


それから数日が経ち、娘や小猿と買い物中に突然その日が父の誕生日だと思い出す。
どうして自分はこうもオマヌケなのだろう。
父は無類の酒好きだ。(あ…私もだ)目の前に琥珀色のラム酒が並んでいた。
しかもレアものと書いてある。
私は石でもレアものと言う言葉には弱いのだ。
決定!今年の誕生日プレゼントはラム酒に決めた。

帰宅すると小さめの段ボールにラム酒の瓶が割れないように新聞紙を丸めて入れる。このお役目はエネルギッシュな小猿が適任だ。
張り切って次々と新聞紙を丸めて箱に放り込んでいる。
小猿は自分の仕事を与えられて嬉々としていた。
最後にガムテープを貼ろうとしてギョッとする。

父へのプレゼントの箱には丸めた新聞紙の他に小猿のお尻拭きやアブちゃん(よだれかけ)が一緒に入っていた。

小猿め……いつの間に!!

素敵な贈り物

ライト2


日頃、大変大変お世話になっている方からこんな贈り物を頂いた。
我が家の珪藻土の壁に合うだろうと白い水晶のライトを選んだと言う。
(ちなみに弊社の商品らしいです。)


ローズクォーツのライトはよく見るけれどこの色と雰囲気には感動した。
ナチュラル感がまさに珪藻土の壁と融合している。


誰かに贈り物を選ぶ時ってきっとその人がどんな感じが好き・・・とかどんな暮らしなのか考える。
彼女の心が伝わるそんな思い遣りに満ちた贈り物だった。
本当に嬉しかった・・・・・・


大切に大切にこのライトを我が家で使い続けます。
そしてこのほっこりとした灯りが貴女の気持ちだと常に感じながら・・・・・


小熊から小猿に

起き上がる事すらしんどい朝を迎えた。
体が鉛のようだった。


ワケあってお孫ちゃんと連日過ごしたからだ。

赤ちゃんの時は、被り物が似合う「小熊」と呼んでいたのに今は目まぐるしく動き回る「小猿」に変貌した。


来月2歳になる小猿は自己主張の塊で恐ろしく気が強い。
シリコン製のフォークを肌身離さず持ち歩き眠る時も握っている。
クマさんを抱っこする乳幼児とは、ちょっと違う。
いまだに乳離れが出来ない小猿は疲れて眠りこけている娘の胸を勝手にはだけて飲みたいだけオッパイを飲むとブラの中にフォークを刺していなくなる。


我が家に来た娘を少しでもゆっくりさせようと親心を出して小猿と買い物に出た。
カートを押すとわめきながら自分が押すと主張。どうせ届かないくせに!
…と、ぶら下がるように押していた。唖然!
家庭雑貨をカートに入れると余計な商品が次々放り込まれ、いたちごっこみたいにそれを返す。わずかに目を離した隙に陳列商品を床に並べて更にその上に土足で乗り上げて雄叫びを上げている。
声高に叱って散らかした商品の数々をしまうとその間に別の場所で違う商品を積み木にして床中散らかしている。その素早さが凄い!またそれらを片付ける間に勝手に靴を脱ぎ散らかして外に向かっていた。
自動ドアの向こうは車道だ。
床から猛ダッシュで小猿を追いかけた。

息も絶え絶えに小猿を小脇に抱えてカートに戻る。
愛用のフォークが無いとわめく。
「え!どこにやったの!」
「アッチ」「どっち?」
小猿はなぜか牛乳のケースに案内する。
紙パックの牛乳がバラバラに崩れた一角を発見。小猿のヤツいつの間に!!!
「フォークなんてないよ」
小猿は首を振って奥の奥を指差す。まさか……こんな牛乳パックコーナーの一番奥にフォークをしまうとは!!!頭を突っ込んで探すと確かにあった。
フォークを握りしめてニヤリとすると小猿はタカタカ走る。
ついてゆけない……

必要な買い物がまるで出来ないのだ。

気を取り直してカートを押して買い物の続きを始めるとすでに別商品を床に並べている。
もう嫌だ。本当にこんなの無理!ここはスーパーではなく、たかだか薬局だ。
するとビートの効いたBGMが流れ、小猿はリズムを取り出すとオムツのお尻を振りながら踊り出した。
すごいリズム感だ。
小猿はノリノリに踊りまくる。

呆然と見入ってしまった。
私の髪は乱れて息は荒い。
私にはこういう子供を育てた経験がなかった。
エネルギッシュで何一つ言うことを聞かない。




小猿と娘が帰った翌日、私は重い足取りで仕事に出た。

巨匠の作品2

皆様、御覧ください。
トルミの衣装が秋冬モードになりました。
チェリー御飯を教えてくれた横田さんのお手製です。
恵比寿店のお教室にはこっちの分野がプロなのでは?と思うような方々が続々と集まります。
横田さんは別の御職業がおありですが、靴と下着以外は何でも作ってしまう凄い方です。
先日は柿渋で染めた布をワンピースに仕立ててとても素敵に着こなしていらっしゃいました。
当日完成したチョコレートジャスパーのネックレスがとてもお似合いで私も感激!


さて、今回も巨匠の名にふさわしい白壁さんの作品の御紹介です。


9s9.jpg

     9s20.jpg

             9s1.jpg

                          9s2.jpg

ジャスパー系の石だと思いますが正確な名前がわかりません。普通はハードな感じになると思います。
・・・・がそこをエレガントにデザインするのが白壁さんなのです。
繊細なニュアンスのお花はパオロ・ボトーニのメタルパーツ。花芯もつけて表情が出ています。
一番下の画像に見えるリーフはレースのニュアンスのメタルパーツ。貴和です。
彼女の作品はどれも石とパールとパーツの巧みな組み合わせが素晴らしい!




9s15.jpg
           9s8.jpg

                    9s7.jpg

前回御紹介した石の余りを使っての新作です。
パスタみたいな名前の天然石。(ディモリセモリナ粉みたいな・・・覚えきれなくてごめんなさい)
アクセントに使った薔薇はウッドです。2枚重ねにしてあります。
この薔薇の色に合わせてボルドー色のパールをさし色に使っているのが素敵!




9s10.jpg

              9s11.jpg

カットが素晴らしいハートの形の水晶の作品です。
シルバーの薔薇のパーツを使っています。
デザインはY字のネックレス。シンプルだけどさりげなく乙女も感じられとても彼女らしさが出ています。



9s12.jpg

           9s13.jpg 

               

ライトアメジストと水晶がMixした甘い雫の様な天然石の作品です。
お使いのパールがこの雰囲気にぴったりの色ですね。
パーツのリングはスターダストの様なマット感のある銀色。


9s23.jpg

                  9s21.jpg






9s5.jpg

            9s6.jpg

                         9s4.jpg

トップのシェルのお花が四つ葉のクローバーみたいに可愛い・・・・・。
そして縞模様の入り方が面白い蛍石・・・・確かこれはピアスとして販売していたような・・・・。

今回も無理をお願いして作品をお持ちいただき撮影させて頂きました。
御協力ありがとうございました。

作品

今回、御紹介するのはKさんの作品です。
恵比寿に通いだして下さった当時はキットの作成オンリーで、オリジナルはちょっと・・・・とおっしゃっていましたが今となっては御覧の通り。

すべて御自分でデザインしてお家で制作されました。
ドリームパックをポイント使いにされていて「これもドリームパック???」という掘り出し物も・・・・


k2.jpg
例えばこのクリソコーラや天然トルコ石。素敵なアクセントになっています。
ドリームパックだそうです。


k1.jpg
トップに使用されたのがドリームパック。リング(指輪)を自由な発想で使っているのが素敵です。

多摩センターの誕生日イベント

今月の17日で多摩センター店はOPENして一年になります。
満一歳ですね。

現在、産休育休の店長さん、そして立ち上げから頑張ってきたスタッフの皆様、新しいスタッフさんおめでとうございます。

10日から30日まで20%OFFだそうです。除外品もあるかと思いますがこの割引率は決算セール並み!

皆様のご来店を心からお待ち申し上げております。

新しい事

昔からある技法でも、自分にとっては、新しい事になる。
それを取り込むデザインをする前にまずは技術の独学からスタートだ。
本を探して、それから見よう見真似で形作る。
脳細胞が劣化して図を見ただけでは分からない。

唸る。

2011年の春夏は暑くても少しは安心して身に着けられるアクセサリー。
本当はメッキなど使いたくない。
痒くなったり、変色したり…。品質の良い石で金や銀で作りたいのが本音。
だけどそれはギョエッなレッスン料になる。
誰もがこれ位なら…と受講出来る範囲での価格設定にすると石より高い金属は我慢だ。
ゴールドフィールドも視野に入れたけど「失敗しちゃいましたあ」「はい。はい。」と追加、追加で差し上げる訳にはいかない。

だからお気軽で高価じゃない材料で新しくチャレンジ出来るデザインを模索しています。

いつの間に




多摩センターで見とれていたベネチアン硝子の照明がいつの間にか我が家の天井に灯っていた。
そう言えば目撃談も聞いた気がする。
木馬館便りを見た松丸博士が多摩センターのレッスンの昼休みに大塚家具に上がったら照明フロアーに店員と私が向き合って座っていたらしい。
お邪魔しちゃ申し訳ないとそっ……と帰ったとか。


この雰囲気はカフェっぽい。
本当はピスタチオグリーンの硝子と3本をダクトレールに入れたかったけれどこれが精一杯。
たった一本はショボいけど……。




夢を灯して眺めている。

外苑前から表参道へ

外苑前に降りて街歩きをしたのは何十年振りだろう。
お教室の皆様からビーズラウンジの事を聞いたのがもう随分と前の事。
まだ浅草橋にOPENする以前だった。


溶けそうな残暑の照り返しの中、このまま引きこもりではダメになると意を決して家を出た。


実はこの街で息子が仕事しているらしい。
サッカーの本田選手が両腕に着けて話題になったイタリアの腕時計の輸入代理店とだけは聞いていた。
インターネットで調べるとそれらしきショップを発見。
イタリア語で王子のプライベートという意味らしい。時計やファッションを扱っている。芸能人やスポーツ選手が訪れる店だと知る。
ふ~ん…息子よ。君はついに都会の真ん中の華やかな世界に進出したのか。

「ぜって~くんなよ」と言われたので絶対に行く。
それが君の母親だ。

まさしく外苑前は青山、表参道に近いファッションの街だった。

昔はこの辺りを良く歩いた。どんなに歩いてもあまり疲れる事がなかったのだ。
ベルコモンズや明治屋を見て懐かしくなる。
途中にロイズ アンティークスを発見。
碑文谷の木馬館近くにあったのでたまらなく胸きゅんになる。
一通りアンティーク家具を見てから店を出ると暑くて焦げそうなアスファルト。普段はこんな昼下がりに外歩きをしないので非常に堪えるのだ。


そしてついに息子が居る店を発見。
場違いな店だと承知でオバチャンは店に入った。

キラキラ骸骨の下着やTシャツに話題のGAGA MILANO の時計。

奥で息子は服を出していた。私を見るなり(うざい!)という顔をしたから「時計買ってん」と近寄ると「早く帰れ」と冷たくしたので他のショップスタッフに「あの店員さん、チョー感じ悪いです。」と言いつけて店を出た。


それからビーズラウンジであれこれ選んであっという間に時間経過。


ヘロヘロに疲れて更に表参道のラフォーレに。
貴和に立ち寄り来年の春夏デザインの材料を吟味する。

ちょっと行かないと新たなパーツが並んでいて驚く。貴和は横浜ルミネと秋葉原に新規OPENらしい。
すごいなあ…貴和勢力。

店内で生徒さんに会い、挨拶をして貴和を出る。

ビーズラウンジと貴和で財布がスッカラカンになって家路を急いだ。

撃沈サマージャンボ

宝くじを当てたいならば家の西に置いて黄色い花を添えると良いと聞いた。

花は造花でもいいらしいから私はシトリンの薔薇ネックレスを添えて願掛けした。


当たったら緑豊かな日当たりの良い土地に小さな平屋を建てる。
アトリエ兼お教室。
「風のガーデン」みたいな庭。
夏の午後は良く冷えた辛口シャンパン(スパークリングワインから昇格だ)を飲みながらテラスで昼寝。

ほらほら…いつもの妄想です。

当たったのは600円。
また宝くじを買うとショボショボと歩いて駅に向かった。

禁断のスパークリングワイン

ちっとも裕福ではない我が家。
お金はなくても二人で生きてゆければそれが日々の幸せ…と一緒になった。


哲爺はタバコを辞めた。
お酒は元々飲まない。


自分も頑張って嗜好品を減らす。私の場合はオチャケだ。
1日に1本は空けていたワインも大事に大事に3日から4日かけて楽しむように…すごい努力をした。
バキュバンで瓶の空気を抜いて栓をすると劣化しにくくなる。
夏がきて暑くなると缶ビールの350ml缶が増えた。
湯上がりの食前酒みたいなものなのでお代わりはしないと決めている。
次に赤ワインの残りを飲む。
しかし……この夏の暑さは異常で毎日が耐え難く辛い。
ガーデンプレイスのワインマーケットでいつもの赤ワインを買うときに、つい禁断のスパークリングワインを手にしてしまった。
キリリと冷やした辛口スパークリングワイン!
なんて魅惑的……

試しに一本だけ…シャンパンなんて贅沢言わないから……。




グラスに注ぐと淡い黄金色からシュワシュワと細やかな白い泡立ち。
白葡萄酒が香り良くはじけて、幸福感に包まれる。

ああ…… なんて美味しいのだろう。
ビールも好きだけどワイン好きにはこれはたまらない。

気づいたら瓶の半分がなくなっていた。
さすがにバキュバンで空気を抜いても後1日が限度だろうか。
慌てて栓をする。

頭が今更、電卓だった。
なんて贅沢な……
これは残暑が悪いのだ!!!
あんな幸福が家で味わえて疲れが飛ぶならたまにはいいじゃない?と悪魔の私が囁いた。

若菜さんの作品集

カテゴリでフリーレッスンに分類しては申し訳ない気分です。
私のお教室で制作されたものはほんの少し。ほとんどは若菜さんが御自宅で創意工夫で作られた数々です。

若菜さんはいつも浮気しないで(笑)恵比寿店で石やパールを買って下さる。これは本当に心から感謝です。
だから捜索願いが出た場合、スタッフは一生懸命手を尽くして恵比寿店に入荷する努力をいたします。
もちろん、どなたに対しても、こういうのが欲しいけど無いかしら?の商品はスタッが本社や全国のお店に捜索願いを出してお取り寄せします。
実は私は恵比寿店在籍のスタッフなのでお教室運営に携わっていても一人一人のこんなの欲しかった・・・にはとても敏感になります。
皆様、御希望の商品がございましたら出来る限りの手配は致しますので(時にないモノは無いけれど)
どうぞスタッフまでお申し出ください。


前置きが長くなりましたが若菜さんの世界をどうぞご覧ください。


若菜さんA
2連だけど3連ネックレス


              若菜さんB
蜂蜜色のシトリンとサンストーンのネックレス


                          若菜さんF





若菜さんC

カーネリアンとボツワナアゲートのネックレス                              
 
若菜さん
トップが素敵です。



                 若菜さんE
                 クリソコーラのグリフィンコードネッックレス




若菜さんJ

          若菜さんK

                 若菜さんS 
ラブラドライトとくり抜き、チェーンメイルがテーマのネックレス




    
若菜さんI

                  若菜さんH     





若菜さんD
モルガナイトとパールのお花ネックレス





                わかなさんO

                              わかなさんP
                       アメトリンがテーマのブレスinネックレス







わかなさんL
お花型タイガーアイに水晶を入れこんだネックレス。





           わかなさんN

                    わかなさんM

                    水晶のネックレス





       若菜さんR

                 若菜さんQ
オニキスとチェーンメイルのネックレス
色々なチェーンメイルの本を片手に学ばれました。





             若菜さんT

                     wakanasann1
                     夏向け、リーフのネックレス


まだまだ御紹介しきれない作品があります。
若菜さんの作品は追って、撮影させて頂きます。

ウエディングジュエリー 2

W3.jpg


先日の木馬館便りに少しだけ御紹介したウエディングジュエリーが完成しました。
お作りになられたのは佐野やす子さん。
初めてのワイヤーシャンクで娘さんの花嫁姿を思い描きながらの制作でした。

シンプルなウエディングドレス(チューブトップ)ラインに合わせて御覧の様に華やかで短めのデザインにされました。
前回は各パーツの作成。
昨日一日で完成までいけるか少し心配でしたが、彼女は御自宅で、全体をねじってまとめる所まで作ってきました。(すごい努力家さんです)

ワイヤーが足りなくなった!とかそれなりのアクシデントはあったけどそこはワイヤーワーク。
ねじり足して行けば何とかなります。

後ろはパールでメガネ留めしてとても素敵なクリップクラスプとロー付けタイプのツイスト丸カンで仕上げました。

そして「花嫁は背中が命」のチェーンを垂らすデザインに。

W2.jpg

ゆらゆら揺れる先には14金ホワイトのスクランブルビーズを使用。
カットが違うのできらめきが素晴らしい。

         W1.jpg

                      W5.jpg



佐野さん素敵な贈り物が完成しましたね。
お嬢さんの幸せを願って心を込めて制作された世界で一つのウェディングジュエリー。

W4.jpg


画像では分かりづらいけれど使用した素材はパールと水晶、花芯にはモルガナイトと、その色にぴったりの淡いピンクのライスパールをめしべとして作られています。

ピアスはこのパールの少し淡いピンク系に合わせて本真珠のパールをお選び頂きました。
ネックレスが華やかなのでピアスはとてもシンプルな丸珠で芯立ての金具に接着するタイプ。
耳たぶにピタッとつくデザインです。

シンプルだけど上質なピアスはこれから冠婚葬祭のシーンでもずっとずっとお使いいただけるはずです。
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08 10
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。