スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たえさんのブログ

ここに集まる方達はみんな天然石やパールが大好き!
この特別な思いは家族や友人にも理解してもらえないけれどここに来ればみんなが同じ気持ちで石に触れ
ながら「わあ!この石、可愛い!!!・・・・」等と顔をほころばせながらワクワクした時間を共有する。

それが唯一の楽しい時間。
心癒される空間。

そんな私のレッスンに忙しい合間を縫って来て下さるOLのたえさん。

たえさんは言う。
洋服も「人間が着て初めて服として活きる」だからアクセサリーも人が着けてこそ素敵に輝くのだと。
その方が身に着けて行く場所がある。その後ろに風景や人が居る。

確かに作品は広告の一枚の写真よりは実際に飾ってある実物を見て「本物の方がずっと素敵!」と言われて来た。


更に受講された方が御自身のセンスと装いで身に着けてレッスンに参加されるとその作品はもっともっと素敵に輝いて見える。それを御覧になった他の方々は「こんなに素敵なら私もコレ受ける!」と連鎖してゆくのをずっと見てきた。

同じ一つの作品も着ける方の装いと雰囲気で十人十色。
全く別の様にも見えるのが不思議で、だからこそ楽しいのだ。



講師になりたての頃・・・・・
レッスンに御参加して頂いた方、全員がかぶることなく6名が6名とも別々の自分の作品を素敵に身に着けて
着席されているのを見渡して…胸が一杯になった。

言葉に出来ない熱いものがこみ上げてきた。

生きている。活きている。動いている。揺れている。それは素敵に素敵に一人、一人に似合っていた。


たえさんが言いたい事はそういう事なのだと私にはすぐにわかった。


そんなたえさんが、そういうブログを作りたいと知らせて下さったのは数日前の事。

勿論、私はリンクさせて頂いた。


たえさん、無理せず、時々でいいから更新されて下さい。
皆様もお時間のある時にでも木馬館便りの右側の下の方にあるリンク先の「多恵日和」をクリックしてみてね。





スポンサーサイト

プレゼントパックで作ったアクセサリー

りゅうこさん

10500円以上お買い上げの方に差し上げているプレゼントパック。
この作品はプレゼントパックだけでほぼ作り上げたという面白い作品です。
制作者は佐藤さん。
グリフィン糸の色のセレクトやラブラドライトを差し色にしている点が彼女のこだわりとセンスを感じます。
御存知、コロコロと結び留める技法です。



りゅうこさん2

ある春の日に

ネフライト2

先日の恵比寿店のフリーレッスン風景です。
ネフライトのお花で春色ラリエットを制作中。

ネフライト1

シャンパンゴールドのコインパールで内側に使える短めのネックレスを、そしてグリフィン糸でラリエットを作り、重ね付けも出来るデザインを構想されていらっしゃいます。


爽やかなグリーン系の中に所々シトリンの薔薇を入れて優しさを出しています。この色使いが絶妙!
皆様全員が違うものを制作でしたが、この小さな場所から春がゆらゆらと揺れ動き・・・眺めているだけで幸せになりました。
この幸せを一人占めにしてはならない!と早く御紹介したくて珍しく制作現場の撮影です。
制作者は中野さん。
完成が楽しみですね。


これからの事

地震の後のデパートの営業時間が短縮されて3日先が読めなかった週もありましたが、少し落ち着きを取り戻して現在は18時閉店、間もなく19時閉店になります。



以前ここで午後のレッスンは一時間繰り上げの14時半スタートと掲載しましたが今は15時半に戻っております。
変更の場合は必ずお店のスタッフから御連絡がいきますので御安心下さい。


少しづつ、少しづつスクールにもお客様がお戻りになってきました。

お一人、お一人に再会出来る喜びをかみしめてレッスンをしています。


暗い気持ちに落ち込んでばかりもいられません。
経済を回していかなければ復興には繋がらない。


今年の花火大会はほとんどが中止になったそうです。着物業界に居る夫、哲爺の会社では地震前に新作浴衣も大量発注済み。
浴衣は花火大会と連動しているので早くも結果が見えてきた。
会社を存続させる為には間もなくどういう事が身に降りかかるのか想像出来る。
どこの会社も生き残る為には必死なのだ。


欲深い私がまず最初に憂いだのは晩酌だった。
一杯のワインで明日の活力!だった。(グラスに一杯なのか、いっぱいなのか…わからないけど)

群言堂の面接者が言ったように近所の畑の間引き人参や捨てられた葉っぱのフルコースがいよいよ我が家の食卓デビューかな。

爪に灯をともす…
そういう生活になったとしても心まで貧しくなりませんように。

創意工夫をしながら生きて行こう!


そんな境地の時にめったに会わない息子がフラリとやって来て晩御飯をたらふく食べてから、こう言った。「あ、俺6月に結婚すっから!」



災害は忘れた頃にやってくる………違う。これは二次災害に指定なのだ。







ピンクレンジャーゆりちゃんの作品

ゆりちゃんは多摩センターのお客様で自分をピンクレンジャーと言ってます。
私は青系が好きなのでゆりちゃんからブルーレンジャーと呼ばれているのです。

誰でも最初はそうですがゆりちゃんもめがね留めには苦戦していました。苦戦と言うよりはフリーズです。
固まって・・・・諦めてしまうのか気分転換なのか立ち上がって店内散歩が始まります。

そんなゆりちゃんも今はオリジナルを作る腕前に!

ユリ4

                 ユリ3
 
このフリンジが本当にタッセルみたいで素敵です。この作り方はいずれレッスンで御紹介したいと思います。

     ユリ2

                ユリ

子猿  多摩センターに現る

子猿1

先日の多摩センターレッスンでは予期せぬ「珍客」が御来店しました。
子猿です。
一緒に映っているのは私の小学校時代からの友人のM田さん。(ご本人に承諾貰ってないのにごめんなさい!)
M田さんは土曜日レッスンのお客様ですが、木馬館にも来てくれていた唯一の生き証人(笑)であり、子供が生まれた時も互いにお祝いをした長いお付き合いです。
偶然にもお互いの子供の年齢が上も下も同じで、下の子の保育園が一緒だった事で今度は改めてママ友となりました。
我が家の歴史を知る貴重な人。
子猿が生まれてからもいつも色々と良くして下さり、この日は初めて子猿との対面となりました。


何でも子猿は近くのサンリオピューロランドにデビューするもアンパンマンとトトロ以外には興味が無かったらしくおむつに大量のウンコだけしてここにやって来たとの事。

子猿2

散々人見知りをした挙句にそっと私に「ミンナ ナニヤッテルノ?」とモノ作りには興味があったようです。
一緒に来た子猿のパパ(婿殿)にはガラスショーケースの高そうな天然石をお勧めしました。
「小さい子供にも今から良いモノに触れさせるべきよ」
婿殿は聞こえない振りをしてましたが・・・・



娘には5月に二人目が生まれます。




多摩センターレッスン

昨日は久し振りの多摩センターレッスン。

レッスン1


ここには遠方からいらして下さるお客様が多いので計画停電による電車の運行に不安を抱えた方々のキャンセルが相次いでいる。


実際は未だ一度も停電していない。
電車も本数こそ減ってはいるがちゃんと動いている。


計画停電は今後も続くだろうし、その期限の先は見えない。

多摩センター店に行ってみて「やっぱりここは違う!」と感じたのは自然光の威力だった。
電気を節電するのは当たり前の中でここには燦々と光が入りこむ。

日が暮れるまでは、本来の天然石の優しい光がありのままの美しさで見る事が出来る。

それから……これは私の個人的な思いだけど。
ここにはオープニングスタッフの岡ちゃんがいる。


今だから話せるけれど、私はあらゆる事に絶望的な境地に落ち込んで…この任期を終えたら講師生活を含めた私の仕事にピリオドを打とうと決めていた矢先の多摩センターOPENでした。


失意のどん底にいた自分にとって、多摩センターの店長の人柄や、スタッフみんなの気持ちが優しく心に染みて…

この仕事をもう少し続けてみよう!と思わせてくれた恩義ある場所。



あれから大好きだった人々がそれぞれの理由で立ち去り、唯一残ったオープニングスタッフが岡ちゃんです。

岡ちゃんは一番若いけれどとても気が回る素晴らしいスタッフ。


予約ノートはキャンセルだらけだけど岡ちゃんは黙々と仕事をこなしている。


きっと…もうそろそろ皆さんが多摩センターのレッスンにいらして下さると信じて、私も頑張ります。


昨日は懐かしい方々が千葉や世田谷方面からスクールに御来店頂きました。
嬉しかったなあ…

義援金

本日M越に義援金をお預けしてまいりました。
これは先日の自由が丘レッスンのキットの売上からと、私に御心遣いして下さった方々の分を足しました。
20名様のお心が被災地の皆さまに届き、少しでも復興に役立てばと願わずにはいられません。

皆様、ありがとうございました。

出来る事から

自分のように非力な人間でも今、何が出来るのかを考えてきた。


極力、電気の無駄を省く。実にこまめに消している。

買いだめはしない。

これは自分が買い物難民となって切実に思った事。
我が家は毎日お弁当なのにそのお米が現実に無くて、本当に困りました。

使いもしないのに買い置きする人が沢山います。


自分は紆余曲折だらけの人生を歩んだせいなのか…最後に小さな家庭を持てたことに感謝しています。
経済面を考えたら明日の希望すら無いけれど…


いつ、どこで死んでも悔いはない。
後悔しない為に人生最大の決心をして、生きてゆくやり直しをしたのだからまあ当たり前か。
(あれは実際しんどかったなあ……)


再婚して仕事を探す時に心に残る人と出会った。
あくせくと生活の為の仕事を探そうとする私に面接した彼女は言った。
(あなたは男の港になりなさい)
最初はホエッ?だった。
時代錯誤も甚だしい。

話している内に、一生懸命働いた夫が安心して帰れる場所が港の例えの「家庭」だと理解した。
港を作るのはあなた自身なのよ…と言われた。

「でも生活するにはやっぱり経済力でありそれはお金なんです!」
と言う私に彼女は優しい眼差しで諭した。

「家のご近所に畑はあるかしら?」
あるある。
「間引かれた人参や野菜の葉っぱで立派な一品料理が出来るわよね。あなたは調理の仕事をしてたのだからいくらでも美味しい料理に出来るはず」


この人には降参した。
後に世界遺産となった石見銀山の「群言堂」の面接担当者である。


あのね、究極的にそうなれば私は生きる為に何でも料理します。

でも石が欲しい!アレもコレも欲しい。
出来れば辛口の旨いワインも呑みたい。
結局の所、欲深なのだ。


今の所、我が家では哲爺が私の港だ。

私が夜ドアを開けると「お帰り!」と出迎えてくれる。
港はご飯は作れないけれど必ず帰る場所に居る。



話がそれた。
明日、自由が丘レッスンのキットの売り上げから被災地に義援金をお届けしたいと考えて三越にお預けしてまいります。

コットン

コピー代や送料、または手数料と多めにお振込みして頂いた皆様のお気持も全部そちらに回すつもりです。

皆様・・・・重ねてありがとうございます。

スクール復興

連日の満席予約がウソのように静まり返っている恵比寿店。
どの日を見てもキャンセルでほとんどのお名前が消されていた。


そんな中でお一人でも予約通り来て下さると熱いものがこみ上げて来る。
不便な交通事情なのに…
不安だっておありでしょうに。
来て頂けただけでありがたい!店長を始めスタッフ全員がそう感じている。


そんな週末の今日は午前レッスン五名様、午後は六名様と震災後始めての賑わいでした。
勿論、節電で少しは照明も暗い。BGMもない。

それぞれが体験した事を話しながら被災地への心配をして…時に黙々と作品を作る時間……
みんなで作る時間。

ああ…ここに集まるみんなが無事でいてくれて良かった!
心底そう思う恵比寿店のレッスン風景でした。

例え、お一人様でもこうして再会してお話が出来るだけで私たちは嬉しい。

来週以降も恵比寿店の閉店時間は夕方五時を予定しています。
午後のレッスンは一時間繰り上げて二時半スタートです。
時間変更の場合は必ず御連絡致しますので、どうか自分一人だったら申し訳ない……などと思わずに恵比寿参りを再開されて下さい。
私たちはお待ちしております。

我が家を見渡すと

帰宅難民になった時には我が家がどうなってしまったのか心配だった。
散乱したパーツやビーズに割れた食器・・・・怯える留守番猫ナナ。


最悪を想像してようやく午前3時に戻ってみると被害はなかった。


そうか・・・・そうだった。家具の転倒防止策だけはしていた事に気付いた。

私は子供の頃から極度の地震恐怖症だった。祖母に関東大震災の生々しい惨状写真を見せられていたからだ。焼け焦げて膨張した遺体が町中にごろごろ横たわっている衝撃的な白黒写真。

中学生になった時には父親に「もう関東に来るぞ!」と散々脅されて過ごしたのだ。




子供が小さい頃は避難リュックに色々詰めて用意周到だった。



そして年月が経ち、現在の我が家には電池もトイレットペーパーの買い置きも、米も無いけれど家具だけは固定していたのだった。

          本棚
我が家で最も危険な本棚(かんのん開きのストッパーと転倒防止ポールが踏ん張ってくれた。)



これも危険な食器棚(以前は飛散防止フィルムまで張っていた。)
カップボード

                 扉



奥行き40センチの二段重ねタンス。上段のミラーが我が家の危険物指定。
タンス



机
この中におびただしい数の細かいビーズやパーツが入っている。
防止のポールは高さに限界があってこれ以上伸びずにヘロヘロ。実は何の役にも立っていなかった。
でも無事で・・・・・とかんのん開きを開けたらドッとケースが落下!
皆さん、かんのん開きはそっ・・・・・と開けて下さい。




パーツの棚
ここにも細かいパーツがどっさり。
固定金具を付けておいて本当に良かった・・・・・。



などと我が家の安心だけしては、いられません。
被災地の皆さんは物資も届かずに空腹と寒さに限界です。きちんとした情報も届かず不安な時間を過ごしています。
今、自分に出来る事は何なのか・・・・一つ一つを実行する事です。
そしてテレビで報道されると我も我もと自我に走りますが、冷静な判断をしなければいけない時です。

次は店頭からマスクが無くなりかけているそうです。


その後



レッスンの予約キャンセルが相次ぎ、遂に私も自宅待機組となる。
今日は多摩地区から大切なお客様がいらして下さるのでそれだけを心の支えに恵比寿に向かった。
 
恵比寿ガーデンプレイスに向かうスカイウォークもご覧のように停止状態だ。
少しでも節電しなければならない。
 
 
あんなに数ヶ月間かけて準備しても災害が起きると街も何もかもが機能しなくなる。レッスンを受けたくても電車が無い方々もいらっしゃるだろう……
 
 
計画停電には本当に振り回されている。
やるならやるで指定区域は実行しちゃえば良いのだ。
初日は最悪の時間帯である夕方6時過ぎから夜10時までのグループだった。
 
 
買い物難民、自宅難民な自分は地元のスーパーを駆け巡り、長い引きこもり生活でもするかのような買い物を自転車で成し遂げた。
スーパーは計画停電前に閉店だ。
 
こっちも急がないとエレベーターが動かなくなる。
数メートルも歩けないあの荷物を持って階段で6階までは昇れない。
 
 
息を切らしながら帰宅すると急いで今週の弁当工場だった。電気が落ちると水が出なくなる。時計は間もなく…停電に近づく。
 
暗闇の我が家を想定してテーブルには箸やスプーンなど並べ、晩御飯も作り終える。
冷めた御飯をチン出来ないので蒸し器にスタンバイした。
 
 
 
 
電気は点いたままだった。力が抜ける。
 
我が家には懐中電灯があれど電池もキャンドルもない。
 
まおさんから課題が出た。「御主人とキャンドル灯してラブリーなディナーを……」
爺さんとじゃな。
 

今日の自由が丘レッスン

こんな状況です。
楽しみにされていたのに…いらっしゃれない皆様にオプションの御案内です。


重ね着けも出来て単品でも重宝するデザイン違いキットはこれです。
コットン3

コットン2

パーツ1


もうひとつはキスカ色

コットン5

コットン6

パーツ2

コットン1


軽くて軽くて楽ちんです。

大地震

恵比寿ガーデンプレイスの避難風景です。
館内スタッフは全員、薄着で寒空の下を避難、待機となりブルブル震えてました。
 
 
そして……その夜
帰宅難民となるのでした。
 
 





黒井トルミお見合い成立

黒井トルミの嫁ぎ先が決定いたしました。
お婿さんになって下さる方にはお好みの女に仕立てて頂きたいと思います。

末永くおしあわせに……

トルミを嫁に欲しい方いませんか?


すっかり忘れていました。娘がトルソーを処分するそうです。
名前は黒井トルミです。
 
黒だからなあ…とも思いましたが好みの紙を貼り込んだり、清水ヨーコさんみたいに石膏を塗ったり思いっきり「ゲージュツは爆発だ!」にしても素敵!
 
 
黒井トルミは無料です。
送料だけ負担の着払いで送るそうですよ。
 
御希望の方は私まで御連絡下さいませ。
後日、娘から発送致します。
 
早い者勝ちです。
 
 

3月の自由が丘レッスン

コットンパール

3月の自由が丘レッスンの御紹介です。
「お題」はコットンパール。

コットンパールとは昔からあったフェイクパールで綿を圧縮して独特の照りを加工しています。
ここ1年ぐらいで大流行です。あるお店では1本2万円台で売っていました。
2連重ねが素敵だったけど・・・合わせて3万円台です。
これは是非、私の開催する秘密じゃなくなった秘密のレッスンで作ろうじゃないの!と試作が繰り返されました。


春に向けて優しいラべンダー色で作ってみました。
技法は糸加工・めがね留め・グリフィン糸加工を組み合わせています。

何度も作り直したのは・・・・コットンパール・・・・私なら?を追及して試行錯誤。

今回のコロコロはコットンパールに微妙な色のハーモニーをプラスしたくて軽いチェコビーズを何色も入れています。

でも天然石も少しは入れたい。水晶を所々に飛ばしてみました。

マンテルはお洒落なスクエアーです。


コットン2


コットン5  コットン6



他に重ね着けも出来て勿論、単品としても活躍するオプションもデザインしました。


なおこちらのお席はすでに満席でございます。

今週もまた聖地へ

夜の雨が雪に変わり朝には積もっていた。
降りしきる雪を見上げながら(なぜ浅草橋に行く日はみぞれか雨か雪なのだ…)と、うなだれる。

追加、追加と毎週のように浅草橋通いを続けている。

こんな休日は暖かい家に引きこもって紅茶でも飲みながらまったり過ごしたいな。


中央林間の駅前ATMでパーツを買うお金を引き出す。これだけあれば何とか間に合うだろう……と何軒もハシゴすると決まって残金数百円の窮地に追い込まれる。
その数百円でキットを組む袋をシモジマで購入。


何でいつもこうなるのだろう。
所持金何円という非常に心細い財布を握りしめて帰ることになる。
空になるまで買わなきゃ気が済まない…と言う訳じゃない。
必要なものが多過ぎるのだ。
来週はいよいよ自由が丘レッスン。
日曜日は哲爺にも協力してもらって1日中キット作りだな。

いつか哲孝行するからもう少し待っててね。

デザイン学校

木馬2



ある日この木馬館便りを専門学校時代の仲間が見つけてくれた。
隣組のS君だった。
春に学校展(卒業展)があるから行かない?と誘ってくれた。


行きたい・・・・
本当に行きたかった。


その日は昨日の土曜日だった。
私は朝からレッスン。午前も午後も満席。


その数日前に夢を見た。
懐かしいあの学校の教員室を訪ねて今は校長となった恩師に再会して自分は嬉しそうに談笑していた。


その翌日に娘の家で懐かしい木馬に再会したのが不思議だった。



レッスン中にS君から「今、学校に来ています」とメールが届いていた。


皆、おじさんになったんだろうなあ・・・・
自分だって近くも見えなきゃ遠くも見えないおばさんだもん。





雛祭り

お雛様1

今年も娘から桃の節句の御招待を受けていた。



今は自由が丘レッスンを控えて一分一秒が準備の時間。
3日は朝から最終デザインをしながら最後のサンプル作りをしていた。

貴和のビーズカフェにトルミは持参出来ないのでやっぱりポイントがずれていたのだ。
トルソーは今や必需品。


夕方6時には行くね…と娘に約束しながら6時半まで自宅でサンプル作り。
まだ終わらず後ろ髪を引かれながら身支度をした。
真冬に戻った寒さに震える夜だった。


娘の住む街には何本も電車を乗り換えて行く。

お腹を空かせた小猿が我慢をして待っていてくれた。



桃の節句定番 ちらし寿司
ちらしずし



小松菜の味噌グラタン
グラタン



人参とツナの粒マスタードマリネ
マリネ



かぼちゃのコロッケ
コロッケ



厚焼き卵とヒジキの炊き合わせ
ひじき


蛤のお吸い物


焼いたチーズケーキに珈琲
ケーキ





昨日は父親ファミリーを招待して別メニューで頑張ったらしい。
切なくなった……


娘の本心は本当は実の両親に揃ってお祝いしてもらいたいのだ。


大きなお腹を抱えて「父親」を招く日と「母親」を招く日を準備した。


心を込めてちゃんと手料理する事の大切さは娘に引き継がれた。


この姿勢はやがて孫の小猿にも伝わると信じている。



この日、娘の家で再会した木馬。
木馬1

これは日本デザイン専門学校時代の仲間たちや先生が開店祝いに特注して贈ってくれたもの。
32年前の木馬館のシンボルだ。


素敵なラリエット

今日、御紹介するのは多摩センターの小島さんの作品です。
彼女の持つ美の世界(感覚)には、いつも素晴らしいものを感じます。

小島さん3

少し小さな金茶のパールには柔らかなオールノット加工をしています。

トルミが着けさせて頂いているのは2本のラリエットを結んだ状態。1本に3本分のパールを使っています。
端をめがね留めにしたのがシンプルでありながら結んだ時に繊細に揺れるデザインとなりました。

小島さん2

金茶パールとラブラドライトの組み合わせが絶妙。
エンドパーツの葉っぱも効いています。


先日、恵比寿のレッスンにこの装いでいらした時にあまりにも素敵なのでずっと見とれてしまいました。 モカ色を帯びた微妙なグレーのふんわりしたモヘアにこのラリエットがとてもお似合いだったのです。


小島さん


私の話を聞いた方がラリエットを作りたくなったので、是非本物を見て頂きたくて・・・・小島さんにはレッスンでもないのに多摩センター店に来て頂きました。
小島さん、ありがとうございました。

誰かの「素敵」が沢山の誰かに伝わりますように・・・・・。



それから小島さんが先日のビーズコレクションでお買い求めになったウタオーノさんのキット作品もお披露目して頂きました。
素敵!です。

キット2

キット1
サークルの入ったパールも雰囲気があっていいですよね。




- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
02 04
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。