スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の撮影

雨です。梅雨です。
何だか時間の感覚も薄らいで(意識も薄らいで・・・)ずっと雨の気分です。


撮影

そんな中での一人素人撮影会。


今度の広告は会社のカラーコピーになるみたいだから・・・・繊細な表現なんか出来ないのだろうな。

だから気分は雨模様なんだ。きっと。




がーねっと2


ガーネット

小さな5ミリ角のガーネットで作った秋色のグリフィンネックレス。ほら・・・何でもない普通の子達でしょ。
カーネリアンのベリーとターコイズ、メタルリーフでちょこっとだけ可愛い飾りを付ける。

こういう小さな小さなこだわりがコピーでは伝わらないのだろう。


今日は写真撮りや広告のコメントでもうこの時間です。

伊勢丹の催事前にはスケジュールを組んで・・・・こうしてまた次の半年間、自分はぐるぐる巻きじゃあ・・・。
スポンサーサイト

撮影準備

準備

まだ秋冬デザインはすべてが完成したわけではありません。

諸事情で時間に追われてしまい苦戦しています。

最後の追い込みと同時に我が家で撮影する煉瓦にペンキを塗っています。
いままでRのついた、つまり曲線の煉瓦だったので撮影に大変な思いをしてきましたが今度は平らなのを探してきました。

これが重いんだな。
選ぶのも買うのもまして6階の我が家に運ぶのも・・・・えらいこっちゃ!!!!
哲爺の協力に感謝です。

子猿1へのプレゼント

病院で


子猿1、嬉しくて嬉しくてたまりません。
「お姉さんになった優海ちゃんへ」とある方からプレゼントを頂いたのです。
大好きなピンク色のハートのバッグで表側には大きなリボンが付いてます。

斜めに掛けたり、肩から掛けてみたり・・・・ジッパーを開けてアンパンマンやトトロの指人形を入れたり出したり。
右手にはしっかり子猿2の足首を握っています。握り過ぎて子猿2の足が真っ赤なのが怖いです。
後方にはシュミレーションで愛用の赤ちゃん人形が見えますね。


明日はいよいよ退院。
山形から母がヘルプに来てくれるまでの数日間、私はレッスンの合間を縫って御飯を作りに行きます。

傷口が痛くてヨロヨロしている娘を見たら・・・・・



現在予約の入っていないレッスンを確認して調整させて頂いております。
当日急遽、レッスンを・・・・の方、ごめんなさい。

フリーレッスンの作品

最初に御紹介するのは初登場の高橋さんです。

私の中では長いお付き合いだったと思っていましたが恵比寿店のレッスンデビューは昨年の秋の終わりだったそうです。
それだけ彼女もまた短期間で通い詰めて下さったお一人だったという事・・・ありがたいです。

今回御持参頂いた材料は「ひまわり」の彫刻をした水晶と微妙な色の星のパール。
水晶はアンティークビーズのニュアンスもあって、すりガラス調。これをメインにデザインさせて頂きました。

実は次回の秋冬でこんな雰囲気の作品を一つ入れています。
マットシルバーのチェーンメイルを活かしての作品。

高橋さんにとっては初のチェーンメイルでしたが頑張って完成されました。


高橋さん1


            高橋さん2


                       高橋さん4





次は中野さんの作品です。

良い石(高価な石)は決算セールで・・・・と時間をかけて吟味してお選びになります。
今回の作品は憬れのパープルサファイア。
せっかくの良い石には金のワイヤーや18金のパーツを使って、まずは内側のシンプルなネックレスを作りました。


パープルS3


パープルS2



  しばらくしてから残りのわずかな珠を使ってラリエットを制作されました。
  ゴールドフィルドのパーツに金のケシパールやムーンストーンをあしらって・・・

ムーンストーンの光



  工夫されたのはこの形だと思います。

  パープルS4


                パープル



それぞれを単品で使っても、重ねて着けても素敵に使える作品となりました。

ミステリーレッスン

琥珀2

いよいよミステリーレッスンが始まりました。
今月は21日土曜日の開催でした。

タイトルは「五月の森」

金箔や金粉の様なインクルージョンのグリーンアンバーをメインに透明感のあるレモンクォーツや色々な天然石を組みました。

午前・午後共に6名様限定のたった1度限りのレッスンです。

今回は2日前に奇跡のキャンセルがあり、キャンセル待ち1番の方が御参加出来ました。

わざわざお仕事を休んで待機していらしただけに(皆さんそうでしたが・・・・)喜びは大変なモノでした。
御自宅で受話器を握りしめて感極まったとの事。
この日も「良かったね!」と話しかけた私とハグして、店長ともハグして・・・・
こんなに喜んで頂けて本当に嬉しい!


沢山の方々がキャンセル待ちのレッスンでした。


記念すべき第1回目と言う事で特別にレッスン風景公開です。(ガラス越し効果の加工を施しましたがバレバレですか?)

レッスン


レッスン2


誕生

手


今日、二人目の子猿が生まれました。



2年前は普通の検診で病院に行ったら心音が微弱になっているとわかり、緊急帝王切開。
その頃、私は恵比寿でめがね留めのレッスン中で娘のSOSに気付く訳もなく・・・・
レッスンが終わってから沢山の着信とメールの事態に慌てて恵比寿を後にしました。



今度こそは母親として傍について励ましてあげたい・・・・・

2度目の帝王切開なので半年前からスケジュール調整をして今日は朝から病院へ。



病室で子猿にお弁当を食べさせて、手術室に向かう娘を応援して見送りました。
それから子猿と初夏の様な日差しの中を手を繋いで線路脇のお散歩。
いっぱいおしゃべりをして野の花を観察して綿毛を二人でフーして・・・・こんな時間を過ごしたのは初めての事。



病室に戻るとやがて小さな小さな女の子が包まれてやってきました。
婿殿は「いっぱい殴られたボクサーみたいな顔」と表現。
確かに生まれたばかりの子猿はボコボコ顔だった。


だけど時間経過と共にフツーの赤ちゃん顔になってきて肌色になってくるのが不思議・・・・
こんな変化も前回は知らなかったから。




小さな子猿は明日海と書いてあすかと名付けられました。



伊勢丹ビーズコレクション続報

伊勢丹ビーズコレクション_edited-1


先日のブログで、今回私がビーズコレクションのお手伝いに行く日は6月2日木曜日とお知らせしましたがその後、嬉しい情報が入りました。

以前、多摩センターで店長をしていた向原さん(今は難波さんです)もその日、販売に立ちます。
産休後の彼女と一緒にここでお仕事が出来るとは・・・・今からワクワクです
(保育園のお迎えがあるので夕方までのお仕事になるようです。)

多摩センターの皆さま!そして遠路はるばる多摩センターに通って下さる恵比寿の皆様!
是非遊びにいらして下さいね。


チビッ子コンビの復活です。(どっちもチッコイので)
ちなみに彼女は土曜日も入っているそうです。

どうぞ宜しくお願い致します。

伊勢丹ビーズコレクション

次回の伊勢丹ビーズコレクションは6月1日から6日間の日程です。


私は2日木曜日に販売のお手伝いに行きます。
いつものようにお勧め商品の御案内やお見立ても致しますので是非!遊びにいらして下さいね。


クードゥビジュウも参加するみたいですよ。


伊勢丹で皆様にお会い出来ます事を楽しみにしております。

おむすびが降ってきて…

只今、恵比寿に向かう電車です。
前に立つ男性の傘がぶつかる。
「すみません」
ちゃんと謝れる人は少ない。よしよし……。

次の瞬間、頭上からおむすびが降ってきた!
彼が網棚に乗せた袋から私めがけて落下。
炊き込みごはんをラップに包んだ様なおむすびは一瞬にして座席をごはん粒だらけにした……

「すみません」

今度はよしよし……とは思えない惨状に身をすくめる私。


彼は必死にごはん粒を拾った…

母の日とプリクラカード

母の日の日曜日は朝から晩までワイヤーワークだった。

山形の母親には日頃の感謝と労いの気持ちを言葉にしてFAXを送る。
今は頭が混戦してるけど、こっちに来たらちゃんと手作りアクセサリーをプレゼントするつもりだ。


そして娘からはずっとずっと「会えないかな」コールが来ている。
出産前に会って母の日のプレゼントを手渡したいと言う。
今年は小猿が選んだとの事。怖いような…嬉しいような………。
そんな訳で昨日は何とか時間を作って娘家族と久々に会ってきた。


小猿は前にも増してお喋りする。「マコチャン、トトロイコウネ。」「マコチャン、テッチャンオウチ?」
すごい!哲爺の存在を覚えていた。
トトロは宮崎駿のアニメを見てすっかりはまっているのだが今時なかなかトトロを扱う店がない。
娘は根性で横浜ららぽーとに発見したと言う。

ここは、なかなか孫にも会えない私の出番らしい…

小猿は「アト、イクツネタラマコチャント、トトロイクノ」と毎日指折り数えてたと聞く。

ばあちゃん心が熱くなる。マコチャンと呼ばせているが世のばあちゃんと気持ちは同じなのは言うまでもない!

こうしてトトロの店で私は清水ダイビングクラブの会員らしく振る舞った。

ばあちゃんの満足なのだ。
娘夫婦に豪華なお昼をご馳走になり、手作りのパウンドケーキを戴く。
小猿が娘と選んだプレゼントはシビラのお花のハンカチとティッシュケース。
母の日のメッセージカードには家族のプリクラづくし。
改めて最近のプリクラは黒目が大きく撮れる機能つきと知る。
小猿も婿殿も大きな黒目が漫画チック!
婿殿の実物とチラチラ見比べるとあきらかに偽造だ。
疑問がひとつ…「じゃあ元々、黒目の大きな人はどんな風になっちゃうの?」
娘は即答した。
「宇宙人になるよ。」
ああ……かっぱ寿司のCMみたいな顔になるのかあ…

妙に納得してプリクラをしみじみと見た。

現場からチョイ見せ

秋冬1

私の仕事部屋から現場中継でございます。

朝からずっと本を見ながらこの様に、とある技術に試行錯誤を繰り返しております。
初チャレンジの技法の上、予め完成デザインが出来ていないと肝心な部分が作れない事が判明。
とても頭を使うので弱り切った私の頭脳には堪える。

思った様な形にならないと、切ってはバラバラに・・・・・
ワイヤーの種類も色々試してはまたバラバラに・・・・・
ワイヤーが山になってしまいました。(この何倍も廃棄です)

昨年アマゾンで買ったワイヤーワークの本・・・・研究しようとページを開くと気絶してしまうので
1年以上の構想になります。



そして・・・・・遂に完成!!!!(いつの間にか夜だ)
ネックレスで1レッスン。ピアスまたはイヤリングで1レッスンかなあ・・・・
これ、きっと時間がかかります。


秋冬2

勿論、全容は公開出来ませんが一つだけチョイ見せ。

戦国カーネル

中央林間駅で異質なカーネルおじさんを見て足が止まった。

カーネル


海賊だか戦国だかよくわからない。唖然としたまま見入ってしまったのだ。


そこでたまたま仕事帰りの哲爺とバッタリ会ったので「カーネルが変!」と指差した。
哲爺は淡々と「ああ節句だったからな・・・」って。
ええっ!5月の節句だからって・・・・これっすか?????


カーネル2

自分の父親もこんな姿をして山形で火縄銃をぶっ放している。(決して武将ではなく戦の鉄砲隊である)
カーネル・・・・貴方まで・・・・


何だかわからないけど記念撮影をして頂いた。

カーネル3


秋冬作品のテーマは「普通の石にスポットを」

これまでのスクールでは、今まで弊社で取り扱いの無いモノ、やった事が無いモノにスポットを当てて取り組んできたつもりです。


例えばグリフィン糸。今でこそどこにでも売っていますがこれを弊社に取り入れるまでの地道な努力は以前書いた事がありました。
チェーンメイル、研究心旺盛な生徒さん達に教えて頂きました。
英語もわからないのに洋書を何冊も買っての勉強も。

くるくるコイルメーカー・・・・某作家さんの一日講習を受講して使い方を学び、一般販売をしていない商品なのでどうしたら取り扱いさせてもらえるのか・・・・これは本社のスタッフとの連携でした。

寄り線ツール、ジグボード・・・・

新しい何かを始めるに当たり、いつも関わってくれたのが本社のM野さんです。(ありがとう)

こうしてせっかく買って頂いた道具は何度も新たなデザインに使ってきました。


しかし何と言っても一番大事なのは石との出会い・・・・
「心に感じる天然石」があって何かが上から舞い降りてきて、そして道具が活かされる。
ここのレッスンでしか手に入らない石と言うのも生徒さんの楽しみになってきていました。
(そういうつもりはないけれど、なぜか入手しづらい石が多かった)



今回の締め切りまでに仕上げなければならない秋冬レッスンの作品には本当に極限の気持ちで取り組んでいます。

初めに石ありき・・・・の石に出会っていないのです。
作り手にとって、イメージの湧くモノに出会えない事は辛いの一言。

恵比寿店でウロウロ・・・・
多摩センターでオロオロ・・・・・
落とした照明のもとに並ぶ定番の石やパールの中から、小さな囁きを聞き取ろうと何度も傍に寄ってみるのです。

どんなに普通の石達も何かを持っている・・・。(パワーと表現したくはない。)
定番のあまりにも当たり前過ぎる子達に今回はスポットを当てて、シンプルに組んでみようと決めました!

あえて技巧に走らず、色々なパーツ類も華美に使わない。
フツーの石を素敵に組み合わせる事の「提案」です。


今ある中で作らなければならないならばそれがチャレンジであり今回のテーマだと行き着きました。
それにしても今回使う石達はとても小さい。
大嫌いな地震と余震で心まで小さく小さく縮んだに違いない。



多摩センターで試行錯誤していると「先生、冷蔵庫の残り物整理って感じですね。」と岡ちゃんが言った。
残り物は調理次第で美味しい一皿になったりするからね。頑張れニッポン!頑張れマコチャン!



そしてこのGWは覚悟の上の缶詰生活を送っている。(でももう限界!!!!)
一歩も出ないので買い物にも行かない。本当の冷蔵庫・冷凍庫整理御飯にも挑んでいます。
「今あるものでGWを生きる・・・・・」これもテーマなんですかね。




















1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
04 06
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。