スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤さんが作る伊藤さんのお肌の為のアクセサリー

ややこしいタイトルです。
伊藤さんは金属アレルギーさんです。

なので直接お肌に金属が触れないようにデザインを配慮してシルクコードで作ります。


伊藤さんラブラド


本来は天然石の際に丸小ビーズを入れてグリフィン糸でノットを作りますがここはビーズ無しでダブルノットで作りました。
彼女の持つ、たおやかでアンニュイな雰囲気には青いシラーが効いたラブラドライトがお似合いです。

これまでもスターガーネットやニュアンスのある石で御自分のアクセサリーを作ってきました。



今は金属アレルギーさんが沢山いらっしゃいますが、こうして好きな天然石で自分のお肌に優しいアクセサリーが作れたらお洒落はもっともっと楽しめますよね。
素材選びと技法で解決出来ます。

同じお悩みをお持ちの方、フリーレッスンでアドバイスさせて頂きますのでお肌に優しい素敵なアクセサリーを一緒に作りましょう!

スポンサーサイト

10年分の大整理

青色申告の記帳をしなければならないのに何一つ進まない。
どうやら棚卸もしなくてはいけないらしい。
心の整理もかねて一大決心で取り組んだ。

この10数年間ほとんど使わなかったTピン類などの基礎金具の整理。

パーツの色も時代とともに変化しているし、ピアスのキャッチの形も変わって来た。
今じゃ幻の基礎金具シリーズの「硬質シリーズ」もある。
丈夫に・・・って事で生産されたのか硬質なTピン類なのだが決して太くは無いのに固い。本当に固くて反抗的なTピンたちなのでちょっとやそっとの力ではめがね留めなど出来ないのだ。
無駄に固いだけの硬質シリーズは使っていないまま10数年・・・・。


基礎金具と言っても「貴和大和店」状態だった。(大和市に貴和はありません!)
バカじゃないかと思うくらい全ての型が色違いで揃えてある。

買ってある事を忘れてまた買い足してもあった。

仕事部屋は足の踏み場がない状態となった。
猫のナナもトイレと餌の度に大変な思いをしてソロリソロリとやって来た。猫ですら足の踏み場が無いのだ。



気の遠くなるような作業は丸2日間、深夜までかかった。


基礎金具にビーズ類にワイヤー類・チェーン類に糸類・マンテルにSilverモノ・ゴールドフィルド・ああ本当にここは浅草橋か?ってな位良く買い集めたものだ・・・・


頑張りすぎて目がさえて今度は寝つけないからまとめてブログ更新をしている真夜中。


このまま朝がきて恵比寿に出勤かな。


Y田さんに教えて頂いた「シイタケ御飯」もアップしちゃおう!

しいたけ御飯


とても美味しく頂きました。

Y田さん、いつも簡単美味しいレシピをありがとうございます。



関さんの世界その2

関さん前景

石の中から水平線に落ちてゆくような太陽が見える美しいサンストーン。






サンストーンのロングラリエットです。
全身1



トップ1





同じ連でもう1作品
サンストーン


実はこのサンストーン、群を抜いた美しさでしたが横長です。下手をすれば「原住民風」にもなる危険さが・・・
関さんはデザインをかなり考えたと思います。
2個づつをめがね留めすればこの様に安定します。
トップはルチルクォーツで「小沼風」に・・・・
レッスンで話題の作家さんのテクニックもちゃんと研究されています。



こちらはレッドタイガーアイを使ったお花のネックレス。
レッドタイガーアイの花_

              
赤い虎目石独特の鮮やかな光が浮き立ち、意外な効果を見せてくれるお花となりました。




ここに来る、皆さんに共通して言える事・・・横も後ろも細部に至るまで手抜きの無い美しさを工夫している点です。
横1




カイヤナイトのお花
カイヤナイトの花






       ラりマーのお花
       ラりマーの花


                スモーキークォーツのお花
                スモーキークォーツの花





こちらは本に掲載された私のクリソコーラのラリエットを参考にレピドライトで作られました。
レピドライト



         レピドライトの前景


石を替えると全く別の雰囲気の作品になります。


お仕事をされてるので時々、夜勤明けの状態で受講される事もある関さん。
本当に天然石とアクセサリー作りがお好きなんだな・・・と感心しています。

とても長いお付き合いをさせて頂いているような錯覚をしますが実は関さんは1年生くらいかな?
技術と感性が素晴らしい方です。


なおカテゴリーの「フリーレッスン」に分類させて頂きましたが今回の作品はすべて関さんが御自宅で制作されたオリジナルです。

関さんの世界

関さん1_edited-1


宝石質なブルートパーズのボタンカットと小さなパールを組んだラリエットです。
先端にはロンドンブルートパーズが光を放ってます。

画像で見るよりも一粒一粒が小さくて繊細な作り・・・・それをゴールドフィルドのワイヤーで正確に丹念に、めがね留め加工にしています。

制作者は関さん。
彼女の持つ世界はどれもが美しい。


レッスンで技術を習得するとすぐに御自分の色彩と感受性で新たな作品を創造する方です。



関さん2



次回の木馬館便りでは多摩センターで撮らせて頂いた関さんの世界を御紹介致します。

ヒカリヤ ニシその2

ヒカリヤ ニシは松本のマダム達にお似合いのフレンチレストランだった。

場違いな哲爺と私は軽めのコース「デジュネ」を頼む。


シャンパン




最初に登場したのはトレーの様に大きな透明の角皿に盛られたサラダの前菜。
「こちら長野の有機野菜のプランター風でございます。土に見立ててあるのは胡椒となんちゃらとなんちゃらでございます。合わせてお召し上がりください。」

ヒカリヤニシ1

アボガドディップに色とりどりの野菜。本当にプランターみたい
そして・・・しみじみと野菜が美味しい!


熱々のバゲットにアボガドディップを乗せてもいい。



次はサツマイモと人参のポタージュ。
ヒカリヤ3

「泡泡はビストロスマップでも良く見るけどこれぞフレンチ!って感じだね哲爺」

サイゼリヤしか知らない哲爺は寡黙だ。


メインディッシュは「信州産の放牧豚のソテーでございます。脂身も大変ジューシーにお召し上がりいただけます。」だそうだが脂身は苦手なのでパス!

ヒカリヤ


この後デザートワゴンが運ばれてきて好きなだけ盛り合わせて頂ける。
これが格別に美味しい。

珈琲をゆっくり味わって心から満足。



蔵の窓からは午後の木漏れ日がゆらゆらと差し込んでいる。シャンソンは気だるさと眠さを誘う。

蔵の中




             ヒカリヤ蔵

結婚指輪

「指輪、落ちてるよ」

哲爺がカーペットの片隅から拾い上げた。

晩御飯を作りながら「指輪って?」と我が指を見ると何と!左手の薬指から指輪がなくなっていた。

結婚指輪を落としていたのも気付かないなんて。
家の中で良かった………


そう言えば前の結婚生活ではすぐに、結婚指輪を無くしていた。しかも外出先。あの時の自分は案外ケロッとしていた。



哲爺との指輪だけは絶対に無くせない。
ABボンドで接着するか…

ヒカリヤ ニシとヒカリヤ ヒガシ

ひかりや2


ひかりや


耳年増とも言う。
行くつもりは無くても何となく旅の本などではさらりと見てはいた。
松本市東町の名門商家「光屋」は明治20年に建てられた歴史的建造物。


西に位置する「ヒカリヤ ニシ」は漆喰の蔵を改装。マクロビオティックに基づくナチュレフレンチのレストラン。
東に位置する「ヒカリヤ ヒガシ」は木の香りが残る母屋を改装して長野県の素材を中心に身体と心を慈しむ日本料理。

中町通りから歩いてほど近い。

哲爺にマクロビオティックと言っても通じない。
穀物や野菜中心の健康志向の食事療法らしいよ。
だいたい自分達はフレンチだって行った事があるような無いような・・・・だ。
ナチュレフレンチはきっと地元の素材(野菜)を大事にいっぱい使ってるのだろうか。

何だかわからないけど気になる気になる。


・・・・で恐る恐るニシに入ったみた。

「ご予約は?」
そっかあ・・・・ブラッと来てはダメなのね・・・・。

でも何とかして頂けて漆黒の入口から中庭に案内されると漆喰の蔵が見える。

蔵

紅葉


蔵の中


蔵の中では気だるいシャンソンが流れ間接照明が美しい。

ここは松本のマダム達御用達の名店なのだ。

哲爺と自分には場違いだけど、まっいいっか・・・・一番安いランチメニューを注文した。続く。



そして松本へ

安曇野に行ったら松本に立ち寄ろうと決めていた。
クラフト好きにはたまらない中町通りの中で、暮らしの器を扱う「陶片木」がお目当てだった。

トウヘンボク4


             トウヘンボク1


                         トウヘンボク3

トうヘンボク
この座布団いっぱいに広がって寝ていた陶片木のニャンコ様。


ここのワイングラスがとても良いのです。
素朴な和テイストの硝子酒器でワインを注ぐとしみじみと幸せな気持ちになる。
軽くて微妙に歪な感じがまた味わい深い。
夏に行った時には硝子の一輪挿しとこのワイングラスを一つだけ購入。





この数年間、私がとても、とてもお世話になった方が先月、結婚した。
使ってみて本当に良かったここのグラスを贈りたくて陶片木を訪ねた次第。
楽しいお酒が大好きな彼女が選んだ夫は絶対に!酒好きに決まっている!!!(と勝手に確信している)

仕事を終えて帰宅したら「今日はワイン?それとも幻の焼酎?」ってな具合に二人で楽しく晩酌してもらいたいな・・・・とニンマリ選んでいた。

我が家は哲爺が呑めないので・・・・・残念。

想い出を売る店「あづみのの食卓」へ・・・

夏真っ盛りの8月に行った信州安曇野




あれから3カ月・・・・料理研究家の故・久松育子さんの「あづみのの食卓」でお取り置きをお願いしていた籐の椅子を引き取りに行ってきました。

あずみのの食卓1




林の中はすっかり紅葉して黄金色の落ち葉の絨毯です。
紅葉2



あづみのの食卓から見える風景も冬支度を始めているようでした。
あずみののしょくたく5



奥様との想い出を一つ一つ売ると言う形で心の整理をしていらっしゃる久松さん。
この日も御自分のデジカメで籐の椅子を心に焼き付けるようにパチリ!

椅子2





この椅子は「あづみのの食卓12カ月」の夏のページに出ています。

本

久松さんには想い出が詰まった椅子。
私が丁寧に修理して大切に使わせて頂きます。





あずみのの食卓2

ここのお家も手放す方向で少しづつお話を進めていらっしゃるご様子。
宝くじが当たったら私が真っ先に名乗りを上げますから!

ここを工房にして安曇野の自然の中で心豊かに哲爺と暮らしたいんです。(叶わぬ夢・・・・)











昼のバカラのシャンデリア

バカラ

我が家で松丸食堂

matumarusyokudou

手作りのスモーク卵とチーズにお庭で採れた柿のジャム。
これが赤ワインに合うんです。

スモーク
このトロっとした黄身が絶妙!濃厚で卵の甘さが凝縮されてます。


            柿
たっぷりのクリームチーズに柿のジャムが最高!

あまりにも美味しくて御紹介しちゃいましたが松丸食堂のお取り寄せは難しいようです。

子猿の3歳児検診

訳あって週の半ばを一日、在宅ラストスパートdayとして日程を組んでいたが更に訳あって突然OFFとなった。


一番喜んだのは我が娘!
彼女はこの数年間、何でも我慢してくれていた。
出産に子育て・・・・頼りたいときにいつも「今、忙しいから無理!」と私に断られてきたのだ。

淋しかったり、育児に困った時には地域の子育て支援センターに通ったり一時保育を利用したり・・・・

二人目が生まれたその月に5カ月先の、私の予約をした。
5か月検診があるからどうかお願いと。
次のスクールの広告を作る段階だったので検診日を空けた。

今日は子猿の3才児検診日だった。
乳飲み子抱えてのあれこれは確かにしんどい。

今までしてあげたくても出来なかった事の一つが今日訪れた。

歯科




全ての検診を終えるのは大変な事。
待ち時間に子猿を膝に抱えて絵本を読む。こういう時間を今、自分はとても愛おしく思う。

絵本




それから赤ちゃん本舗に行く。
心に余裕が出来て行ってみると見るモノ全てが珍しくて仕方がない。
「な・な・なんだ????」何だ?なんだ?で色々撮ってしまったので御紹介。

エビせん
1才からのかっぱえびせん??????

r


         レトルト1
鮭とクリームソースのもと?そんなの自分で作りなさい!(怒)

                    レトルト4


レトルト5

無いモノは無い・・・ってな位の豪華メニューのレトルトの数々に唖然。



麦茶も飲みモノもお子様向けに・・・・・
飲料


          マスク
初めてのマスク?これおっさんが着けたらおもろいわあ・・・ 

                 歯磨き
クリアクリーンでお子様シリーズまで!


ツメ
ママ達が素敵なネイルをしてる世代だからなあ・・・・こんなモノが売れる訳ね・・・。(と呟きながら子猿に買ってしまう自分)


サンタ
クリスマスにはお子様もお家でコスプレですかあ!!!!
「サンタさんだね!」と言うと子猿は「サザエさんだね!」と言う。
どうしてもサンタさんがサザエさんになってしまうのだ。
そうか・・・・娘の家のクリスマスにはサザエさんが子供たちにプレゼントを持ってきてくれるのか・・・。




子猿が生まれて3年・・・・

なのに昭和の国から突然ここにやってきちゃったみたいな私でした。



明日の午後

今期のレッスンは御予約の少ない日はいつでもフリーレッスンと致しました。


明日18日金曜日の午後は現在御予約が一名様です。
飛び込み参加大歓迎!

是非、御検討下さいませ。
皆様の「作りたい!でもどうしたら?」をサポート致します!

両親への贈り物

9月は父の誕生月だった。
今年のお祝いは何にしようかと考えていると、娘が「デジタルフォトスタンドは?」と言う。

それだ!

父は昔からカメラを離さず、私達が山形に行くと到着した場面から撮影が始まる。
家族団欒の食卓もパチリ!どこへ行ってもファインダーを覗いていて記録が趣味の山形の内田裕也と呼ばれている。
「ママもジージィと同じだよ」娘に淡々と言われた・・・・ガチョーン!!!あの爺さんと一緒にするな(怒)

そう言われてみれば確かに「この日のこの場面は2度と来ない・・・」とデジカメを向ける事が多い。

アナログで機械音痴の自分は過去にパソコン内の画像3000枚以上を無くした事がある。

今保存してあるのは2001年からの画像。
デジタルフォトスタンドに入れるには多少、修正しながらと思っていたので仕事に追われている内に2ヶ月も経過していた。

それにしても10年分の画像。

この間には色々な出来事があったので・・・・・クリックする度に、タイムスリップしてしまい胸に去来するものが多く、まさに人生と向き合う大変な作業となった。

2007年から家族との画像が一気に少なくなっている。

それまでは色々な街に出かけては楽しそうに笑う自分が居た。哲爺が居た。
2009年になるとアクセサリーの画像ばかりになっていた。

自分の顔が変わってゆくのがわかる。


こうして10年間と向き合って何とかデジタルフォトスタンドに画像をいれる作業が終わった。


そしてアナログおばちゃんはやってしまった・・・・
よりによってフォーマットしてしまい元々入っていたBGMを全部パーにしていた。

音楽は欲しいでしょ!と色々な事をして何とか2曲だけパソコン内のサンプル音楽を入れた。


こうして完成した画像をスライドショーで見る。

2001年の夏休み・・・・息子が可愛がっていた猫のミルちゃんが山形で事故死してしまい父が作ったお墓の前で手を合わせる息子の姿。金髪でまんまスーパーサイヤ人だった。

ミルの墓2ブログ


自分の弟を描いて的当てにした。
ひどい姉だと思うけどあまりにも本物そっくりで笑ってしまった。

裕久matoate


山形に行く度に向こうでの想い出も増えて行った・・・・


そして娘の結婚式。

裾



山形の内田裕也(父)が号泣してしまい照れ隠しの黒いサングラスが失笑を買う。

爺の号泣

ここまでは良かった・・・・その後、父はどうしても自分の火縄銃の鉄砲隊演武の映像を出席者に見てもらいたくてあろうことか孫の結婚式ジャックを遂行した。
本当にやってしまった。

泣き

慌てふためく式場スタッフ達・・・・・

デジタルフォトスタンドのスライドショーはすごい。
静止画像がテレビの映像の様にランダムに切り替わってゆく。

やがて哲爺が家族に加わり山形にも行くようになる。
「山ウドがこんなに一杯採れたよ!」と嬉しそうにどっさり抱えている。
それはよそ様が丹精込めて栽培したウド畑のモノだった・・・・・

やがて子猿が生まれ家族はどんどん進化してゆく。


年老いた両親とおっさん・おばさんになった家族の画像。


ゆっくり、大事に出来なかったよね。あれからの私は・・・・・

でも今ならまだ間に合う。


私、これから・・・・親や子供達、孫達とそして哲爺と向き合える事になったみたいだから。

今月は両親の結婚記念日もあったので、過ぎてしまった誕生日と二人の記念日をお祝いして山形に送った。

11月のガーデンプレイス

風景6
バカラのシャンデリアが登場するとガーデンプレイスはクリスマスです。





         風景5
駅に続くイルミネーションとレッドカーペット



風景4



                      風景2



風景1
雨の夜も気分はワクワクします。

11月のお楽しみ限定レッスン

11月のレッスン1_edited-1

琥珀色が珍しいシトリンでお花のネックレスを作ります。



11月のレッスン3


オリーブグリーンの小さなパールを組んでひたすらめがね留めです。

今回のデザインは少し長めの繊細な雰囲気にしてみました。


価格は6800円です。


今後のレッスン

以前は1クールが4ヶ月で年に3回、季節のデザインを展開していました。

現在は諸事情により半年。8月からスタートした秋冬スクールも後半に入り空席が目立つようになりました。
皆様、勢い良く前半に集中して受講されます。(笑)


そこで「限りある時間」を考慮していつでもフリーレッスンをしたいと思います。

日にちによっては満席などで叶えられない時もあるのでまずはお店にお問い合わせ下さい。
予約状況により、フリーレッスンとして皆様が習いたい事やお抱えの材料を一緒にデザインして世界に一つの作品にしましょう!

お気軽に恵比寿店、多摩センターにお電話下さいませ。

一人でも多くの皆様のお気持ちに応えたいと思います。

11月の自由が丘レッスン終了

        自由が丘レッスン2


                       11月自由が丘レッスン1


11月3日、自由が丘レッスンが無事に終了致しました。
ありがたい事に午前も午後もお店のスタッフさんの休憩室の椅子をお借りしての満席状態。


今回をもちまして自由が丘店でのレッスンは一区切りとなります。
これまで自由が丘に足を運んで下さった大勢の皆さま、ありがとうございました。


またいつも会場セッティングに御協力して下さった自由が丘店のスタッフ御一同様、お世話になりました。


そして今回、陰ながら支援してくれた誰かさん達に心から「ありがとう」
訳あってぺちゃんこだった私にリモコンで遠隔操作をしてくれた人にも・・・・「ありがとう」



自分は何かから解放されてもっと自由に、感じる心を大切にしたいと思いました。










自由が丘に向かう電車から

今朝になってやっぱりお揃いのピアス&イヤリングがあれば嬉しいだろうな…といきなりデザインしてキット作りを始めました。

大人な感じの、本革ジャラジャラに合わせなくても単独で出番の多くなりそうなものが完成しました。

時計をチラ見しながらチェーンを切っていると哲爺が「遅刻するよ~」
いかん!絶対に予定の電車には間に合わない!


息切れしながらキットも完成。
バタバタと身支度して哲爺に車で駅まで送ってもらいました。

あ~あ…いつもなら自由が丘店に到着してる時刻に私はまだ田園都市線に乗ってます。

さて本日はいよいよ自由が丘レッスンの最終回。

皆さん、本革ジャラジャラ完成するといいですね。
ありがたい事に午前、午後と満員御礼です。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
10 12
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。