FC2ブログ

栗のムースケーキ(本当はマロンバニーユと言うらしい)

移動式そば屋にお届け物が・・・・・


贈り物1


この方の手作りのお菓子のラッピングはさりげなくお洒落です。
このテープが素敵。


そして箱を開けると・・・・・
ムース
栗です!栗のムースケーキです!


栗のムース
スポンジ生地にも栗のペーストがたっぷりと凝縮されていて甘さ控えめの栗のムースとの絶妙なるハーモニー。
私の大好きなラム酒もほのかに香る。

この方の作る御菓子はもはや玄人の域だと感心しました。
ムース系のお菓子は焼き菓子とは違って手間がかかるはず。
生クリームを半立てもしくは七部立て、メレンゲに溶かしたゼラチン、しかも先にスポンジを焼いて敷いて…
飾りの栗が沈まないようにと冷蔵庫で少して固まりかけの微妙なタイミングで乗せているかもしれない。
型から外す時も細心の注意が必要。
そんなあれこれを想像して…手間のかかった愛情を感じながらお皿に並べた。

哲爺が珈琲豆を挽いてドリップしてくれて……
栗のムース2



幸せのひと時を過ごしました。


ありがとう。マキさん。
スポンサーサイト



今日の哲爺語録

昨夜から風邪気味の哲爺。
勤務先では催事の最中なので頑張るしかない。
いつもより遅い時間に帰宅するなり「温度がある」と言う。
…温度…が…ある?……
「熱があるって言う事?」
通訳が欲しい。

「哲の計算だと38度はある」…それ…哲が思うに38度はある……だよね。

お弁当箱を受け取ってキッチンにあけると綺麗に完食している。
食欲はあるらしい。

熱を計ると残念ながら37度だった。
「大丈夫よ。」

気持ちの持ちようなのだ。
ギリギリまで、そば屋業務をしていた私はそれから急ピッチでビーフシチューを作る。
圧力鍋のフル稼働だ。

我が家の晩御飯は相変わらず遅い。

哲爺は美味しそうに食べている。
訳がわからない会話でもいい。
この人とこうして晩御飯が食べれる事が私の安心なのだから。

何でもない1日が今日も穏やかに終わろうとしていた。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
02 04
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク