FC2ブログ

収穫

空1
本日も夏日だ!ジリジリジリ・・・・・
ダウンジャケットとセーターが恨めしい。




「今日はジャガイモ掘り起こさないと・・・・皆で畑に収穫に行こう!」
と言う事で、エプロンを借りてにわか農家のおばさんです。
畑2



ここがElikoの家庭菜園
畑1



村のおばあちゃん達に教えてもらいながら作った畑。
トマト



「ママ達、ここに長ネギ埋まってるから踏まないでね」 「はーい!」
oy
Elikoは大したものだ・・・・。
子育てしながら、野菜を作って収穫もしている。
そう言えば、夏のブログで(沢山収穫したインゲンを冷凍保存した)と言う記事を読んだ。



ジャガイモ2



収穫 友人


畑


ジャガイモはごろごろと面白いように収穫出来た。
ジャガイモ


それからElikoはトラクターにドッサリと野菜を積んで「ママとmakoさんはゆっくり散歩でもしながら帰って来てね」と言い残し、颯爽と走り去った。カッコいいぜ!Elikoトラクターの女!
トラクターと絵里ちゃん



それからクワを肩におばさん達はのんびり散歩をした。
風景3




夜、メゾンに帰る時に「グエッ・グエ」と言う声がするのは、この子達だったのか・・・・
鴨1
小さな池をしばし眺めて、またゆっくりと歩き出す。




風景4




山々は紅葉が美しい時期だった。







おばさん二人組はちんたらちんたら歩きながら家路に着いた。



家の前には働き者のElikoがすでに土を落として収穫したジャガイモや野菜を干していた。
いも1



いも2



スポンサーサイト



マーケット

マーケット
ここはフランスの田舎だし、お土産を買うならマーケットで・・・・と言う事でElikoに車でマーケットに連れて行ってもらった。



料理を作る事が好きな人にはその国の市場やマーケットはかなり面白いと思う。



野菜1



野菜3


秋の木の子類はこういう売り方
野菜2


栗やクルミも
野菜4



何と言っても圧巻なのはチーズ売り場
画面に入りきれなかったけど両サイドの端から端までズラーリ!!!チーズ・チーズ・チーズ
チーズ



牛乳は常温保存タイプが床の上に積み上げられて。
ミルク






そして・・・・一番衝撃だったのがレジ。
レジ1
客はカゴから自分でセッセとベルトコンベアーに自分で並べる。
全部出したら、ここまでが自分の買い物!という仕切り板を置いて、急いで向こう側に走り持参したエコバッグに自分でどんどん詰めてゆく。
レジのおばさんはただ座ってスキャンしているだけ。
袋詰めなんてしてくれない。
おっと!お会計も急がなくちゃいけない!
客はゼェゼェしながらこうして買い物をするのが当たり前。



レジ2





日本のス-パーのレジ係はなんて素晴らしいのだと改めて実感した。
生モノは別のポリ袋に入れて、割れモノは紙に巻いて、瞬時に用意してくれるあの動きはここには無い。
氷も無い。
ポリ袋も無い。






そして・・・・マーケットで噂のフランストイレを経験した。


トイレ
便座が無い。




ど・ど・どうすんの!?!?!・







ジョエルさんの家で

農業祭でGuiの牧場仲間のジョエルさんから「帰りにウチでお茶していかない?」と御誘いを受けたのでお邪魔しました。
まだロバンス夫妻のお家に行く数日前の事。
初めてのお呼ばれにワクワクドキドキ。



窓辺や花が可愛い
ジョエルさんの家


軒先の花
花





いつもニコニコのジョエルさん(ちなみに独身)とGuiの家の子犬(ハロウィン)の兄弟
ジョエルさん



お家の横の家庭菜園を案内してくれて。
ここで沢山のフランボワーズを見せて頂く。
フランボワーズ1





アンティークな家具がごく普通に使いこまれていて素敵です。
ジョエルさんの家


こちらのキッチンも木の温もりが感じられて・・・・・
ジョエルさんの家2





間もなく猟に出ていたお兄さんや友人達、甥とその友達が一斉に帰ってきてとても賑やかに・・・

まずここでフランスの御挨拶を初・実践。
ヒゲ面のおっさんとも両方のほっぺを合せて「ボンジュール」(い・痛!
ヒゲ突き刺さったし・・・。

そこへジョエルさんがいれたてのコーヒーをカップに注ぎに回り、お砂糖たっぷり焼き菓子をテーブルに置くその瞬間に私はある物体を見た。
ハエの死骸が数匹テーブルに落ちていた。その上に無造作に皿を置く。
誰もそんなものは気にしない。
黒くてデッカイハエは透明扱いらしい。


    郷に入らば郷に従え


あのハエは・・・見えない事にするのだ。頑張って見えなかった事に・・・・いや赤いハエ叩きもテーブルだ。
今、ズシリと大きなお皿をハエの上に置いたよな。

ジョエルさんは相変わらずニコニコと焼き菓子を勧めて下さる。(まっ,お皿の上のお菓子だから気にしない気にしない。)「美味しい!!!」
お砂糖たっぷりなのに、これがしつこく無くてメチャ美味いのだ。

・・・・とマエ太がハエ叩きを手にして遊び出した。

さすがに隣にいた友人が「ハエ叩き!」と声を出す。
抱っこしているGuiは動じない。

友人はもう落ち着かない。ハンカチをギュっと握りしめ「マエルが・マエルが・・・」と言い始めていた。


しかし、マエ太がハエ叩きを舐めようがフランス人一同、誰も気にしない。
猟の話や何やら大人達は話に夢中だ。
Elikoはお菓子をパクついている。



うろたえる友人


何だか可笑しくて笑ってしまった。


小さな事には動じないで生きてゆく事が大切なのかもしれない・・・とフランス家庭でのティータイムで悟った私。




ドア
ドアも素敵





風見鶏
風見鶏1





風見鶏2



こうしてジョエルさんの家で楽しい時間を過ごして私達はGuiとElikoの車に乗った。




帰り道で見たGuiの羊達



カランコロンと小さな鐘の音が響く

牧場2


もう夜の時間だけど夕暮れの様な風景


牧場1



si-pudoggu.jpg



羊4

こんな雄大な大自然に包まれていると「小っさいハエがどうしたよ」と思えてきた。




農業祭

フランスの小さな村で迎えた土曜日の午後。
「農業祭」に連れて行ってもらいました。


農業祭2




酪農や農業に携わる人々の出店を中心に、衣類やおもちゃ屋さん・椅子の張替え屋さん・ちょっとしたアンティークショップもあって、まさにお祭り。
農業祭1_edited-1



農業祭3


農業祭4
鶏やウサギも。(食用だったのかな)




チーズ1



石鹸?と思ったらチーズ。
ちーず1



チーズ・チーズ・チーズ
チーズ2



カラフルなグミ
グミ





ハーブ屋さん
ハーブやさん



まるでポプリの様な色と香りのハーブティーに、夢心地になって動けなくなったお店。
ハーブティー
彼女達が無農薬でハーブを育てて、それぞれの効能を活かしたブレンドにして販売。生産者が直接、販売しているフランスハーブティーなんてまず巡り合えない。
Elikoに相談してここでお薦めのハーブティーをお土産に選んだ。



siroppu.jpg
ハーブを煮詰めたシロップも各種、試飲させていただく。



ここであの憎きオルチのシロップを飲み干す。まるでゴボウの味に驚く・・・・
ルチン



フランスのレース素敵だったな。買っておけばよかった・・・・
レース



出店の一番奥にはこの日の為に手入れされた牛達が出番を待つ。
これから牛のコンテストが開かれるのだ。(さすが農業祭)
牛



この時・・・私は思い出していた。
「せんせーはパリに行くべきよ。パリの雰囲気を感じて是非ともせんせーの感性に活かすべき!」
沢山の皆さまにそう囁かれた事を・・・・・

今、私はフランスで牛のコンテストを柵越しに見ている。


牛達は一頭、一頭、縄を引かれてコンテスト会場をねり歩く。ボタリと脱糞する牛・・・




これも人生なのだ・・・・・・





秋空だった。
この父と息子の後姿がすごくいい!そう感じて一枚を撮る。

父と息子


牧場を営むGuiには「美人コンテスト」と同じなのだ。
「牛のフランス美人コンテスト」
ここに集まる人々は穏やかに和やかにそして関心を持って牛を見つめている。




後ろを振り返るとそこにいたフランス猫。カフェラテ色だった。
フランス猫




この鉄の門が素敵
門
・・・そう感じてシャッターを押す。
それを見ていた首から一眼レフを下げた地元新聞記者のおじさんが「もっと良く撮れる場所があるから案内するよ」と言って大きく回り道しながらこの門の中に連れて行ってくれた。



・・・ああ・・・おじさん。ここはただの中庭よ・・・・
私はあの鉄の門を撮っていたけど中庭は別に・・・と心の中で呟きながらも裏木戸で待ってくれるおじさんの手前、一生懸命、中庭の写真を撮った。

裏庭で



ああこれも人生・・・

フランス人のおじさんはとても親切だった。
と、日本人のオバサンは思うのだ。



今日の一日は「フランス蚤の市」に行った事にしよう。
アンティークなお店では確かにビスクドールも見たし「ジャポネ」のカエルの置物も見た。
「食」と「趣味」両方を楽しめた時間。

市場とか路地裏マーケット好きな私にはこういう地元の食のお祭りがかなり面白かったのは言うまでもない。




- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク