スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターメロンが・・・・

本日、某ネットショップから高品質ウォーターメロントルマリンが大量入荷!おそらく国内トップ・・・とのお知らせをもらって早速、チェックしてみた。
ゲゲゲ!安い!!!!(涙目)
う~~~ん・・・でも良く見ると形が・・・・・


不揃いや、穴の位置、欠けが気になった。
しかし本当にビックリするほどの量を揃えている。これだけの数を押さえたのはさすがだ。



夕方になって再度、在庫チェックをすると(エエッ!!!!(@_@;))
サイズによってはゼロ!ゼロ!または残1・・・・


形にもかかわらずこの売れ方は何なんだ!!!!!!

さて・・・・ウチのお教室では何人の方が御購入されたのでしょうか?($・・)/~~~





スポンサーサイト

懐かしい人達と……

今の仕事の私が存在するのはこの人達のおかげです!と言える恩人達が何人もいる。


その中でもアクセサリー作りの基本を厳しく叩き込んでくれたのが某先輩。
「忍耐*努力*根性」をモットーに精神注入棒なる棒を片手に仕込んで頂いた。


厳しかったけど全責任を背負って向き合ってくれた人だった。

あんな職人気質な男気のある人にはもう出会えないと思っている。

私にはとても辛い事が多かったけれど……それはあえて誰にも言えなかったけれど……
彼らはよく分かっていた。それは、一番近くに居たから。

時にペチャンコに潰れる私を励まし続けてくれた。
私はこの仲間達の前では気持ちが緩み、時々泣き虫になったと思う。
言わば彼らは私の破裂しそうな辛い空気を抜いてくれていた。



私よりずっと先に居なくなってしまった人達。




数日前に久々に再会した彼らは気持ちも雰囲気も,なあんにも変わってなくて……
楽しいひとときだった。
今はみんな生きてゆく道が違ってしまったけれど、あの数年間を同じ場所で、毎日毎日、家族よりもずっと長い時間を一緒に過ごした。

そんな仲間達には時間の隔たりがない。
まるで昨日まで一緒に居たような……そんな優しい気持ちに包まれていた。

「緑茶割りおかわりっ!」
何杯おかわりしたのやら………この店はとても良心的でビアジョッキに並々としかもかなり濃い~~焼酎だった!



どう帰宅したのか覚えていない。
帰巣本能だけで帰ったらしい。

翌、日曜日は頭がズキズキと痛くて起きられなかった。

あ~やっちまった!
何年も経験してなかった二日酔い。


いよいよ今週から3月レッスンスタートです。
哲爺は土日も休まずキット作り。
週明けから私もフル稼働で準備中!土曜レッスンに間に合わせる!!!!!



イノセントと言えばカッコイイけれど・・・「心は乙女」の大勢の皆様へ春をお届け致します。

フリーレッスン再開

2月より本格的に「フリーレッスン」を再開致しました。


お手持ちの石、パール、パーツ類を御持参頂き、どう組み合わせたら素敵な作品になるかをアドバイスするレッスンです。

皆さん、これまで蒐集したお宝の一部(全部じゃないと思われる)を抱えていらっしゃいます。
御自分の作品作りは勿論のこと、他の皆さまの天然石も気になるしそれがどう組まれてどういうアクセサリーになってゆくのかが参考になるらしく興味津々。
「わあ~素敵な色」
ここに集まる皆様は微妙なお色のパールや天然石が大好き。

私も同じ……。


お一人、お一人と向き合いながらどの石をメインに使いたいのか、どんな長さがいいのかを聞きながらデザインや組み合わせを御提案させて頂きました。


いつもと違って6名様限定の少人数制。


それこそ「女子会」の気分でワイワイこういうレッスンも楽しいなあ・・・と思いました。


私は某石屋さんの流れで、皆さんが心ときめいてお選びになった天然石やパールを少しでも形あるアクセサリーにして差し上げたいと思っています。

余計なお世話ですが、もしも自分が死んでしまったら家族や親族にはただの石ころ。(泣)

でもこれが形あるアクセサリーだったら……

きっと誰かの胸元で生きてくれます。
娘さんがいる方は尚更の事。
(今は忙しくてなかなか娘の為に作ってあげられない私の場合は…どうや?!っな量のアクセサリーです。)



来月のフリーレッスンは満席となりましたが4月も引き続き開催致します。

数の少ない商品や、今後はお宝キットも登場するかもしれません。
石富豪の皆さん、是非、フリーレッスンで作品化してみませんか?


ある催事場で・・・・

先月仕入に行った催事場での事。


ある会社が大きなブースの壁一面にアクセサリー商品をディスプレイして展示会をしていた。
積極的に呼び込んで宣伝を繰り広げ、得意げに説明をする。
一番の売りは・・・・ピアスキャッチにビーズをシャラシャラ繋げて「ここが弊社の一番のお薦めなんです!ピアスを替えても後ろからこんな風に!デザイナーが色々かんがえました!」
「ONとOFF。お仕事が終われば(アフター5)こんな風に華やかに・・・」

そして小さなカニフックで飾りが取り外し出来るネックレスの2way・3wayをやたらと連呼してPRしている。



はあ・・・・そーっすか。

色々な思いが去来していた。


ピアスのキャッチに飾りを繋げるのを早くに商品にしていたのはTAMARUSANの田丸姉妹だった。
もう10年位前になるだろうか。


私はかつて某石屋さんでのレッスンの作品をデザインする時には自分がこういうのが欲しいと考えて作り出していた。例えばロングネックレスだけど、その中にはブレスレッドが内蔵されていて取り外してそれぞれが単品で使えるデザイン等・・・・。
作りながら作り込みながら新たな事を発見して今の形になって行った。


名も無く、貧しく、法人でも無い、決して華やかな場所に生息していないオバサンは一匹オオカミと言うほどカッコ良くも無く…でももうどこにも属さないで生きてゆくと決めている。


時々こうしてソレを目の当たりにしながら・・・・(組織は強い)と思いつつ・・・・・。




皆様のギャラリー2

そしてこちらは2月16日の成城です。



以前、御紹介したお花モチーフの手編みのマフラー。
お花マフラー2


コートを脱いでマフラーを外したY澤さんの装いとその雰囲気に見とれてしまいました。



柳澤さん
なんて素敵に組み合わせるのでしょう
とてもお似合いで、溶岩も大喜びに見えました。(こんなに素敵に着けてもらえて溶岩冥利に尽きる)と聞こえた気がします。(溶岩のつぶやき)



お願いをして撮らせて頂きました。

「娘の服を借りてきたんです」
きっと、いつもお嬢さんとアクセサリーやお洋服を共有出来て、それがまたお似合いで羨ましく思いました。







F井さんの作品です。
トップはオパール。そしてシャンパンクォーツの形が面白いのです。
シャンパン2




2色のチェーン使いがアクセントに。
シャンパン1




ウォーターメロンのトルマリンです。
このタイプは透明感があるので更にお高いです。溜息を洩らしながら眺めてしまいました。(犬の様にベロ出して見ていた私)
ウォーターメロン



春をテーマに組み合わせた3連ネックレス。
上段は何とクンツァイト。ミルキーな優しい雰囲気ですね。
藤井さん2




藤井さん1









最後に御紹介するのはK村さんの作品です。
ラブラドライトとカイヤナイトの組み合わせがとても素敵です。
何と言っても目を引くのがカイヤナイトのトップ。
グリーンを帯びた、剣の様な面白い形を上手に活かして、少し大きめの青いカイヤナイトの丸玉で引き締めています。


木村さん2



ラブラドライトのシラーが青々と光って・・・・・
木村さん1

とてもお似合いでした。
アクセサリーを美しく見せる(活かす)装いがいつも素敵だなあ・・・とストーカーの様な眼差しで見ている私です。


皆様のギャラリー1

2月2日のレッスンと16日のレッスンで撮影させて頂いた皆様の作品を掲載致します。


2日の浅草橋レッスンではペーパーを忘れてしまいカウンター直置き。
しかも自然光では無いので作品の石の良さが充分にお伝え出来ないのが残念です。





最初に御紹介するのは、いつもさらりと大人のアクセサリーを着けていらっしゃるHさんの作品です。
この日は水晶とノンターニッシュシルバーのワイヤーで透明感のある素敵な雰囲気に。
聞けばこのチェーンメイルの丸カンも全てお作りになったとの事。
ビーズファクトリーのワイヤークラフターを使いこなしてます。


はやしさん2




林さん3



2種類のブレスレットを重ね付けしていらっしゃいました。


林さん1

ネックレスもとても素敵だったのに私がスルーしてしまいました。





続いてF井さんの作品。

藤井さん4

たぶん…青メノウを磨り硝子の様に加工したクラックタイプかと思います。
夏に涼しく使えそうですね。




ツメ留め加工です。
藤井さん5



毎回、レッスンには新作をお披露目して下さるF井さんとSさんのお二人。チュッサ姉妹です。
Sさんの今回の作品は一見、トパーズ???と思ったほど美しかったアクアマリンです。



関さん1



ああ・・・これは成城の窓際で撮ったらどれだけ美しくお伝え出来た事でしょう。
自然光が欲しい!


関さん2


思いがけない贈り物

仕入れに回って所持金113円でがっくりと帰宅したらポストに郵便物。


(な~んだろう)と呑気に開けると・・・・・

素敵な贈り物


「独立一周年おめでとうございます」
と言うお手紙と彼女の作ったアクセサリーが入っていました。

そのお手紙の文面も心がじわ~っと温かくなるもので・・・・とても嬉しかった。



全体_edited-1



トップにシャラシャラと揺れる可愛いお色はサクラクォーツと言う石だそうです。
私は紫族なのでアメジストと合う絶妙なトーンのパールを組んで・・・・

トップ2


プライベートで良く使わせて頂いている2wayネックレスは某石屋さんを退職した時に彼女が作って下さったもの。
重ね付けも出来ました。(どこのパーティーに行こうかな)

重ね着け



仕入れの疲れなんか一気に吹き飛び、オバサンは晩御飯も作らずに御試着タイム
こういう喜びは(女に生れて来て良かった・・・・)だと思います。


心のこもった贈り物・・・・ありがとうございました。



皆様のおかげで無事に1年を迎える事が出来ました。


お一人・お一人に感謝の気持ちを込めて・・・・。


心からありがとうございます。

皆様の大好きなアクセサリー作りのお時間が少しでも心ときめくものであります様にと願って、色々な素材を探しながら私の色や雰囲気(世界)をお届けしてゆきたいと思います。


これからもどうぞ宜しくお願い致します。








哲爺のバレンタインデー

 
今年は初めて爺さんにチョコレートを渡さなかった。
 
毎年、必ずプレゼントしてきたけれど、一度たりともホワイトデーに何かをもらった事がない。
 
 
いい年をした私はそれが長年寂しかった。
例えば駅の花屋の一輪の花でも嬉しい。
プリンの一個だってきっと私は感激するのに。
 
そういう事には頭も気持ちも回らない夫。
 
「今年からあげないから」
「いらないよ」
つまんねージジーだ
 
今しがた帰宅した哲爺は得意気に鞄を逆さにしてチョコレートを落下させてきた。
「なに?嬉しい訳?」
「○○さんなんか一個ももらってなかったからねー」
自慢かい。
 
 
爺さん一人で食べたらコレステロールが溜まるだけだからねっ。
 
 
欧米では女性からプレゼントするなんて有り得ないらしい。
この日の為に男性達は妻や母、彼女の為にあれこれプレゼントを用意するとアリゾナのみかこさんが教えてくれた。
そんな習慣があったとしてもあの爺さんは何もしてはくれないとわかっている。
 
 

日本人なインド人達はやっぱりインド人

先月仕入れに行った催事場の出店はだいたいが、とある街に店を持つ業者達である。
お馴染みの顔のインド人達があっちにもこっちにも。
彼らは長く在日してるのか流暢な日本語だ。
ある店のインド人スタッフの着信音は北島三郎。

彼はサブちゃんの歌を口ずさみながらメールを読んでいる。
すると店主も別の演歌を歌い出した。
節回しが実に上手い!
演歌を歌うインド人達の傍らで真剣に石を選んでいた。


今日行った初めての店があの時の彼等の店だった。
探していたキラキラ宝石質の天然石。
形とサイズと色と品質、全てを求めるとどれか一つは妥協しなければならない。
店主が言う。
「人生そう思うようには行かないよ。どこかで決めないとね。」人生訓だ。

店内にはインド人の大きなヨガポスターが張ってある。


演歌のインド人は漢字も読む。名刺の大和市(私が住む市)が「ダイワ市」なのは惜しかったけどね。
神奈川もダイワハウス!みたいな。

あの街には沢山のインド人達が商いをして生計を立ててている。
大抵は価格交渉成立と思いきや、伝票には元の価格が記載される。「あれ?さっき言った値段と違う」
「大丈夫。大丈夫。あなた心配しなくて大丈夫。」

「いや…だからココ違うから」
「違わない。安心して。」

ちっともダイジョーブじゃないっつーの!


最近の私は目黒の平和通り商店街の花屋で働くインド人もみんな石屋に見えて仕方がない。
「ダイジョーブ。ダイジョーブ。アンシンシテ」


絶対に安心はしない。




キラキラを考える。

私の頭の中は既に4月に向かってます。

私がどう頑張った所でチュッサのような完璧なキラッキラ宝石質な天然石を沢山集める事は出来ない。

もはや個人で楽しむ領域ではないので、何本もの連材を同レベルに揃えるなんて難しい。
軍資金もない。


宝石質には18金の金線を使いたくなる。

「せんせー。失敗したので金線くださーい。」

私は暴れてしまうに違いない。

チェーンも同じ。
メッキチェーンと金のチェーンを比べれば輝きが違う。メッキはいずれ変色する。
石屋に居た頃は宝石質の石をお買い求めのお客様には「せっかくなので金線での加工をお勧めします」とアドバイスした。

今となっては遠い昔。

金の高騰は右肩上がりを続けている。

金線もチェーンももう使えない。
どんなに使いたくてもだ。せめてゴールドフィルドとは思っても夏を越したゴールドフィルドがどんな変色をするのか私は体験した。
これから私が宝石質シリーズ、別名デンジャラスもどきを取り入れる時には石にはこだわってもチェーンはメッキでアーティスティックワイヤーを貫き通すだろう。

今日は仕入先エリアでも遂に禁断のゾーンに足を踏み入れた。
とんでもない金額となってしまった………

面白いニュアンスの石も大好きだけど誰かが言ってたように女はカラス。私もカラスなのだ。

カラスはキラキラ光るものを巣に集めるらしい。

今日はコーヒーの一杯も飲まずに113円の所持金でキラキラを抱えて家路についた。
PASMOがなければいつだって私は家に帰れない。

デンジャラスゾーン再び………

清水ダイビングクラブ会長からチュッサのイベント情報を頂いていたのをすっかり忘れていました。


前回は多くの皆様が清水の舞台から落下しました。

重傷者、意識不明、危篤、中には亡霊となった方も…………。

そんなデンジャラスゾーンが再び渋谷と町田に。

明日、14日から27日までが渋谷東急東横店東館2階アクセサリー売り場。

27日から3月12日まで、町田の小田急百貨店1階
アクセサリー売り場特設会場。

綺麗なジュエリーも素晴らしい天然石も「見るだけなら……」

見るだけなら…………
そう。ちょっと覗くだけ。

パラシュート持参で行きましょう。




久々の哲爺語録

相変わらずキョトンとする「お言葉」を耳にしてはネタにしようとして…片っ端から忘れる自分がお婆なんだと自覚する。



哲爺は昭和の初めに冷凍保存されて私と一緒になる頃に目覚めた。


ミュージカルと言うモノを知らないとは…知らなかった。
いつだったか「レ ミゼラブル、いいみたいよ」と久々に映画館に誘った。
あれだけCMでも話題になればさすがの哲爺もジャンルはわかっていると思っていた。

ミュージカルだから冒頭からセリフは歌だった。

いちいち歌のセリフ。

隣の哲爺
エエッ!!という顔が見て取れる。
な……何なんだ………だったのだろう。

こりゃあ途中から寝ちゃうだろうな…とあきらめて自分が物語に入り込んだ後半。
哲爺がこの映画にのめり込んでいる様子がわかった。
何やら感動しているではないか!
レ ミゼラブルの物語の展開よりもあの、哲爺が感動している事が私の感動となった。

この人にも心がある!


当たり前でしょう……と人は思うかも知れないけれど…………
長年、植物人間みたいになっていた前妻との生活が長かった哲爺には、感情のある人間との暮らしがむしろシンドイ。
私はもっと、もっと、シンドイ。


で本題。


ドラッグストアーを探していた。
哲爺が言う事には「お風呂に入れるザラザラを買った店が向こうにある」と。


お風呂に入れるザラザラ……………………

何だろう。

私にはわからない。
漂白剤のたぐい?
(お風呂には使ってない)浴槽の洗剤?



どうやら入浴剤の「クナイプ」ではないかと……。
それを買った事のある店だと言いたいらしい。


この冷凍人間はいちいち理解することが大変。

ああ……こうして、この人の言いたい事を模索しながら、そして言葉のパズルを組むように私はキャッチボールして生きてゆくのだな……と思う。

私が人生の終わりに撰んだ人だから。

お風呂のザラザラは理解しました。


でも…………………
意味不明が多過ぎなんだよ~~~~~。

ひとまず小沼レッスン修了。

いつもバタバタと外苑前に向かっていた。


ワイヤーワークの神様、小沼先生の東京レッスン。


自分のレッスン準備を中断しての講習会は正直シンドイ場面が多かったけど、どうしても小沼先生の手ほどきを受けたかった。

いつの間にか、当レッスンからも沢山のお客様が通うようになり今日はテーブルの半分がよ~く知ってるお仲間達。
誰かが「う~ん。どっちのレッスン?」と笑う。

レッスン内容は難しいけれどお馴染みさん達とのとても楽しい時間。

ひとまず、私はこれで修了です。


まだ小沼先生のレッスンを体験されてない方には是非、ホンモノのワイヤーワークの巨匠の技法を直接習って頂きたいと思います。

仙台からわざわざ出向いての東京レッスン。
こんなチャンスを逃したらもったいないです。



5月の横浜ビーズアートショーでのレッスンも作品によってはまだお席がありそうなので検索されてみてはいかがでしょう。


私はこれから帰宅して3月レッスンのサンプル作りです。

PINK PINK PINKなチョコレート

チョコ


こんな可愛いチョコレートを頂きました。


きっとこれを御覧になった瞬間に「あ・・・PINK.PINK.PINKみたい」と選んで下さったのだと思いました。


棚卸で疲れていた時に、箱を開けて・・・・とても幸せな気持ちに包まれました。


ありがとうございました

白だし

先日掲載した牡蠣と牛蒡のクリームシチューに使った「白だし」の御紹介です。

白だし2


七福と言うメーカーから出している「四季の彩り」
七福
スーパーでも七福の白だしを見かける事がありますがこの「四季の彩り」はまず売っていないと思います。


こだわり抜いた良い原材料で作った白だし(白醤油)は上品で、これ1本で和洋中、何でも作れます。
私はシチューもグラタンもパスタの味付けにも、煮物もお浸しも、炒め物もお漬物も呆れてしまうほど使いまわしてます。

これがなければ生きてゆけない程・・・・
瓶の残りが少しになって来ると心細くなって不安になります。


出汁巻き卵は卵2個に白だし5CCと砂糖適宜(我が家は少なめ)、水少々を入れてよくかき混ぜて焼くと料亭の味になります。



この白だしとブレンドして柚子が一番美味しい時期に作ったのがコレ。

まろやかです。
ドレッシングや湯豆腐・唐揚げの上から・・・豆腐ステーキのソース等(バターを少し入れて)本当に美味しい柚子ポン。



ゆず歌ぽん





と言う訳で白だしの御紹介でした。
四季の彩りはお試しサイズもあるけれど我が家みたいに夫婦二人暮らしでも900mlはすぐに使ってしまうので大きい方をお勧めします。
(開封したら要冷蔵です)
御注文は0120-490855



棚卸

棚卸


確定申告にはコレが必要だったのをすっかりスルーしていたのだった。
膨大な・・・あまりにも細かくて膨大な作業となった。


石やパールも大変だけどパーツ類は種類がすごい。
この作業をクリアーしなくては3月のデザインには入れないのだ。
朝から晩までノンストップが何日続いた事か・・・・



でも棚卸って大事だなって改めて実感。

こんな所にこんなパーツが!の連続だった。
無いと思って買い足す事が多い私はなんて無駄な事を繰り返してきた事だろう。


買った事も忘れてていた面白いパーツの数々・・・・
使わなきゃ。





こうして12月から取り組んできた確定申告の作業が完了致しました。
(うわあ~~~!!!!)って中央林間で叫びたい所だけど3月のサンプル作らないと期限はすぐそこ。



先日キューリのMを作ったアートワックスの仕上げ講座も歯科医院の予約もキャンセルした。
私には時間がない。








ナナにやられた1日

ナナとは花を食べる我が家の猫。
ワケあって引き取ったメインクーンの13才。ナナ婆だ。


昨日は大変な事態となった。
今日のレッスンのキット準備をしている最中に何やら興奮して作業台に勢い良く飛び乗り「コラッ!」に驚き逃げ降りる際にあろう事かラスト1の「黒いリボン」を蹴り落とした。


カシャッ……………
リボンは割れていた。


御予約の大切なキットだった。
他のパーツも何処かに転がって見つからない。


心臓が止まる。



仕事部屋のドアを閉めてから途方に暮れた。ナナのトイレがここにある事を忘れて。


お客様にお詫びの御連絡をして急遽、代替え品の石を選びデザインをする。
これは、あってはならない事故。


そのお客様は心からお優しく、いつも応援してくださり、逆に励まされた。
涙がこぼれそうになる。



気持ちを込めて1点ものを考える。


作業中にリビングに行くと何やらカーペットに糞をこすった跡…


(まさか………)
部屋中が臭い。

ナナの糞をキョロキョロと探した。
何とキッチンの床にこれでもかと大量に盛っていた。
そしてカーペットに肛門をすりつけて歩いたのだ。

腹いせ?
ナナの逆襲は強烈だ。

ゲロする時はいつも私達の靴の中。

そこに今回から申告だけお願いした税理士さんから電話。
「余った材料の総額が記載されてません」

………あ………
棚卸ししてなかった。


「お早めに総額を出して御連絡下さい」


膨大なパーツ類に床が抜けそうな石とパール。
これを全て計算?

ナナの糞を詰めたビニール袋をつまんだまま固まった。
3月のデザインも今月のレッスンも抱えた私はそんな事してられない。

なぜ、こうもいつもいっぱいいっぱいなのだ……とカーペットを拭いて時計を見上げた。

牡蠣と牛蒡のクリームシチュー

久々のお料理ブログになります。




牡蠣と牛蒡のクリームシチューです。
牡蠣しちゅー2


我が家では哲爺の御老体を考慮してあまりバター類は使わない工夫をしてます。

玉ねぎとたっぷりのササガキ牛蒡を白だしで柔らかく煮込んでから牛乳を投入。
隠し味に醤油麹・白味噌。味は白だしで整える。

牡蠣は洗ってから日本酒と片栗粉で下ごしらえしておく。
牡蠣を入れてふっくらしてきたら粉チーズで風味付けして、片栗粉でとろみとつけて完成。(牡蠣は煮過ぎない)
(シメジを入れたかも)
器に入れてから水菜を散らす。


牛蒡たっぷりが美味しいクリームシチューです。

牡蠣シチュー1

皆様のギャラリー

1月19日のレッスンで素敵な作品を撮らせて頂いたまま、2月のレッスンの準備にかまけて掲載が遅くなってしまいました。(ごめんちゃい)

今回は天上界のお二人の作品です。
最初に御紹介するのは「破竹の人」F井さん。

藤井さん8


藤井さん5
小沼先生に習った技術を取り入れて・・・・
クリソプレーズと銀色のパールの組み合わせがとてもいいですね。




藤井さん9
いつも素晴らしい石をチョイスしています。




レモンクォーツ好きのN野さんが溜息をもらして見つめていた作品です。
藤井さん


小さなキラキラまでちゃんとツメ留め加工されてます。
藤井さん3

 


ハートの形のワイヤー加工もキチッと安定。キュートなデザインです。
藤井さん4



小沼先生お勧めのヘマタイト色のアーティスティックワイヤーを使用。
藤井さん2


こうして見ると実に色々なジャンルの石を作品にしています。
本当に天然石が大好きなんだなあ・・・と感じます。
藤井さん1




続いて御紹介するのはSさん。

関さん1


キラッキラのクンツァイトをハートのモチーフに入れて・・・・
ハートの縁取りにもパールを巻きこんで全体的にフェミニンな色彩と雰囲気に。
誰かがつぶやいてたけどフリンジ部分でキリッとアクセントに使った色味がいいと・・・・
本当にそう思います。


関さん4




素晴らしいラりマーです。Kobaがフレーミングを加工したコラボ作品。
関さん8


関さん3
渦巻きに気を取られて撮ったこちらの面は実は裏側だったとの事。
表面はちゃんとラリマーを生かして制作してます。
大変失礼致しました。
(土下座)

マンテル


青い薔薇のブーケ
関さん7


この色彩は青好きの彼女らしい世界です。
関さん2





リングをこう組むと面白いなあと感心した作品です。
関さん5


関さん6
このデザインも凝っています。




夢の「共演」でした。

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
01 03
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。