スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜から山形へ

年に一度の山形に今夜出発です。
 
 
 
後、何回一緒に食卓を囲めるのかな。
 
 
 
厳選した白ワイン、赤ワイン、米焼酎は恵比寿や渋谷から取り寄せた。
たった2泊だけど今回からは宿を予約。
 
年老いた親に少しでも負担をかけないように。
 
 
娘と孫達も乗せて、久々に山形で家族の時間です。
 
 
今日になって慌てて荷造りと、今月誕生日だった母へのプレゼント作り。
 
 
明日から3日間のお休みを頂きます。
レッスンのお申し込み、お問い合わせ等は30日から対応します。
 
 
 

コメントは常時、大歓迎です。

スポンサーサイト

キモイ目玉の理由(ワケ) 2

それは浅草橋レッスン前日の夜の事だった。




長年お付き合い頂いてるお客様のMさんから「チケットもらいました。新橋演舞場です。宜しかったら御一緒にいかがですか?」とのお誘いメール。


木馬館時代に(高校生軍団)と呼ばれていた可愛い高校生達も今や48歳のオジサンになる。
その中のカップルがやがて結婚してその息子がジャニーズに入ったのは知っていた。
随分と前の事である。
パパはかつて確かにジャニーズ系の雰囲気だったし、ママはトシちゃんのファンだった。
あの二人の息子がジャニーズに入るのはとても自然な事だと思っていた。


それを知っていたMさんが親切に「〇〇君も出るので・・・」と私をお誘いして下さった次第。


だ~~~がこの時、私はチケットのタイトルで鼻血ぶーっ(死語)だったのだ
ど・ど・どうしよう…舞い上がる私。













私の人生の中で出会った人々がSMAPの追っかけをしたり、KinKi のコンサートに命を懸けるのを涼しい顔して見送って来た。
恵比寿ガーデンプレイスで怒涛のデビューステージだったKisMyFt2も他人事だったし、ジャニーズの誰かに夢中になれる人が羨ましいとさえ思っていた。






でもそれは自分で封印していただけの事。







「先生、お忙しいからどうしますか?」心は既に禁断の想いから解かれようとしていた。




心臓がバクバクしている。
間もなく目玉の毛細血管が切れる。








そして昨日。
東銀座に降り立った。



うねめ橋
橋






後50m
マチ





バクバクこんな所に公園
公園
公演終了後、この公園は溢れんばかりの女性達に占拠される。追っかけ達の待ち伏せ場所らしい。






後、30m・・・
もうすぐ







着いたぁ~
ここ













じゃかじゃ~~ん
これだった.



タッキーと


「木曜の怪談」タッキー13歳。(娘と同じ歳)な~んて可愛い男の子と思った。
それから「魔女の条件」で自分が松嶋菜々子になりて~と思い、やがて「義経」に。

だからと言って待ち受け画面にする事も無く淡々と今日まで人には言わずに生きてきた。


免疫のないオバサンが生タッキーを観たらどうなるか。
プロローグから「ドキドキしてきたぁ~」と独り言。母の様に微笑むMさん。


タッキーもいいけどビックリしたのは高校生軍団の息子だった。
大役と最高に良いポジションをもらっている。
君はパパとママの夢を超えて頑張って来たんだね・・・・・・・・・感無量だった。




舞台は日本の四季の美しさを豪華絢爛に魅せる。


ジャニーズファン必見の見せ場は上半身裸の彼らが総勢で和太鼓を激しく叩くシーン。

タッキーが最後に逆さまで太鼓を叩く場面は圧巻!(腹の筋肉が割れてる~!鍛え抜かれた肉体美ってまさにこれだ~)

滝沢歌舞伎や義経は一瞬たりとも飽きさせない七変化と息を飲む殺陣でこれぞ和のエンターテイメントと思わせる舞台だった。
宙づりタッキーが私達のいる2階席近くにゆら~~りと来た時は、反対側の目玉の血管が切れるかと思う程ドキドキ感が・・・。オバサン失神しちゃいそうです。



Mさんは隠れファンとは知らずに誘って下さり「ビックリした~。でもお誘いして本当に良かったです~」
彼女に心から感謝して別れる。






中央林間に着いてもまだ夢から醒めない状態で駅の駐輪場から自転車を出した。
鼻歌交じりに爽快にペダルをこぐ。



しばらく走っていたらいきなり警官に呼び止められた。


「ライト点けて下さい!」
 あ!ウッカリしていた。浮かれていたのだ。
「はい!降りて!」  (え~?なんでやねん)
「コレ防犯登録してますか?」
「もちろん!」
「調べさせて頂きます」(はぁ~~~????盗難車をこぐおばさんとでも?

警官は無線で私の登録ナンバーを読み上げている。

脇を通る自転車族が皆、好奇の眼差しで見ていた。







これが滝沢演舞城のオチとは・・・・・・・・




















キモイ目玉の理由(わけ)

昨日のレッスンで皆様に御心配をおかけしました。
スミマセン


よく有りがちな白眼の血管が切れた状態。

ビーズファクトリーのスタッフさんも驚いてたな~。

自分だって前夜、暗がりで鏡を見て「ギャッ!」
ホラー映画みたいな目玉に驚いた。


眼球を左に動かすとダラリと血が溜まっている。
キモイ目玉。


「血圧が高かったりしませんか?」
最近計っちゃいないけどたぶん大丈夫!
実は血圧が上がる程、気持ちが高ぶったのは確かだった。



鼻血が出る程、興奮するという表現があるように。



その理由(ワケ)とは?

驚きの全容が明日、明らかに…………

シトロンクッキーで幸せの輪

クッキー


昨日の浅草橋レッスン、午前の部に御参加された皆様はN巻さんの手づくりクッキーで幸せを頂きました。

シトロンクッキー(レモンのクッキー)です。
(シトリンクッキーと聞き間違えた。いくら石好きの集まりだからって石を砕き入れてどーする?)


このハートの形が可愛い。葉っぱフェチの私にはリーフ型で・・・


レッスンに間に合わせる為に寝る間を惜しんで焼いて下さったと思います。


ありがとうございました。

甘酸っぱい爽やかな風味のサクサククッキーでした。

皆様のギャラリー 2

当スクールから少しづつではありますがピエトラの爪留めレッスンの輪が広がっています。


レッスンではリングかペンダントトップを作りますが、爪留めの復習で3連のトップを作ったのは巨匠です。

細いチェーンにさりげなく下げていらっしゃいましたがここのお店のペリドットはキラキラの宝石質なのでとても綺麗に映えました。

「ハマっちゃったかも」  よござんす!   


白壁さん2



さすがは巨匠。工夫しています。



白壁さん1


お色違いも素敵です。


まだkobaの手ほどきを受けていない方は直接、御相談下さいね。
爪留めで世界が広がります。



皆様のギャラリー

昨日は4月最後の浅草橋レッスンでした。


爪留め姉妹のF井さんの新作です。




藤井さん2




今回のトップはアンデシン。
藤井さん4
この方も〇林巻きを攻略ですか・・・・。



藤井さん3



藤井さん1



外側がラリエットの様にチェーンを結ぶデザインですが先端に使ったアメトリンが美しい。
もちろんオパールもキラキラに光が泳いでます。




皆様のギャラリー2

毎回レッスンには新作で・・・・

爪留め姉妹の合言葉です。




前々回の浅草橋レッスンがバタバタだったので成城レッスンに御持参をお願いしました。
F井さんの最新作を一挙掲載です。



キラキラ宝石質なグリーンの石はモルダバイト。
青いシラーが美しい澄んだムーンストーンにピンクトルマリンを合せました。
藤井さん7



藤井さん2



藤井さん8



爪留め姉妹の特色は「クォリティの高い石を使う」でしょうか。

藤井さん4





トップに使った天然石はホワイトオパール。
藤井さん3




藤井さん6



最近ようやく当スクールからもkobaの爪留めレッスンに通う方々が増えて来ました。
F井さんの様に作って作って作り込んで究めて頂きたいと思います。



この黄色い石は、なあに?  「う~~んゴールデンなんちゃら」  う~ん・・・
藤井さん1


薔薇に使った石は?    「水晶とスキャポライト」との事でした。
藤井さん5


4月のレッスンで習った薔薇ピアスもこんな風にネックレスにしても可愛いですね。



皆様のギャラリー

最初に御紹介するのはT橋さんの作品です。


月に一度、開催している「フリーレッスン」
お家に眠っているお宝の天然石やパール、パーツなどを御持参頂き世界で一つのオリジナルをデザインして作る
レッスンです。


高橋さん1


「今日はどの石を主役にしたいですか?」
彼女が選んだのはこのトップでした。


次に色々お持ちになられた石の中からネックに組んだのはラブラドライト。
全体的には焦げ茶の革紐とSilver色のパーツでシックにまとめるイメージ。


浅草橋ビーズファクトリーの会場をお借りしているので階下に降りれば必ず素敵なパーツに出会えます。
良いフックでしょ?

高橋さん2


技法は小沼美紀先生オリジナルのワイヤーで作るカツラで。


高橋さん3


大人カッコイイ作品が完成しました。


幸せの「苺タルト」

イチゴタルト



先日戴いた手づくりの苺タルト



幸せに包まれる美味しさでした。




人を幸福にする事が出来る・・・・ってなんて素敵

哲爺よりも先にボケて…

我が家の行く末が見えてきた。
老々介護ならぬ呆け呆け介護。


今朝お客様から一通のメールが届いて首を傾げる。


「(^_^;) 17日の お墓参りの メール拝見しました。 久しぶりに 墓参なされ 良かったですね メールは それで終わってました。 その後の メールをお待ちしていました。」





確かにサバイバル生活に突入する前に私は数年ぶりに祖母のお墓参りに行った。
なぜお客様がそれを知っているのだろう…

何より驚いたのは今夜がお申し込み日なのに一部のお客様達にレッスンの御案内が届いていない?

た、た、大変!!!

慌てふためいて送信メールを探す。

タイトルは「5月の御案内」となっていた。

次に本文を読んでドッヒャー!!!




本文

長い事、祖母のお墓参りに行ってなかった。



千葉の南総の田園風景の中にある禅寺の墓地。
カーナビに入力する前にお寺の名前を必死に思い出そうとする。

水月……庵?
ネット検索すると次々と蕎麦屋がヒットする。

蕎麦屋じゃなーいっ!
寺なんだっ!


水月寺とわかった。


弟とも長らく会っていないので明日は久々に姉弟と哲爺で祖母のお墓参りを予定した。

皆様のお申し込みを心よりお待ちしております。

○○○





この最後の2行の文章は間違っていない。

これを送られた五名様はきっと今日まで御案内の続きが届くと待っていたのだ。
まさに意味不明。
お客様にお墓参りの予定を送ってどーする???



あ~これは………
ある場所を皆様に御紹介したくて前置きに書いたブログの下書きだった。
一段落したら掲載するつもりでいた。





成城レッスンに行く前に頭を抱えて再送信する。


いよいよ……呆けてきた。

私は今夜、白い紙に時計の絵を描いてみよう。

ちゃんと描けなかったら………………
いよいよです。

(T_T)

(注)
時計の絵を描けなくなったらホンモノらしいです。



ルビーの指輪

今日は以前から予約していた「指輪」のレッスンに行って参りました。
リングと書けばいいモノを何だか「首輪」とか「鼻輪」みたいですね。まあ昭和な私なので許してね。


昨日は土曜日の自分のレッスン準備でとうとう仕入に行かれずに延期に。
だから今日が本当に久々の外出でした。



レッスン会場は渋谷の某デパート内にある天然石屋さん。


ここのお店のルビーを巻き巻きして作る指輪と、淡水パールを巻き巻きして作る指輪が何と!
2点で!3千円代と言う超~お得なレッスン。(テレビショッピングみたいな言い方しちゃいました。)




リング棒に自分のサイズより大きめにワイヤーを巻き巻きします。
リング棒_edited-1



途中工程は企業秘密なので掲載を控えます。




誰にでも作れる簡単で可愛いルビーの指輪が完成。
真面目に取り組めばレッスン内に2点は必ず作れます。


私達も極めてマジメですが、悲しいサガって言うんでしょうか?
店内にある美しい天然石やパールが気になって気になって1点仕上げて、ウロウロ病が始まりました。



ほ~ら!綺麗なルビーの指輪の完成です。

ルビー




キラッ 
レッスン1_edited-1




楽しかったですよね~
レッスン2_edited-1



私は一人心の中で口ずさんでいました。
・・・・曇りガラスの向こうは風の街・・・・・「ルビーの指輪」です。




こちらは講師のN先生が着けていらした指輪。素敵奥のパールも今回のキットの指輪です。
リング_edited-1



カイヤナイトの穴が大きかったのでロンデルで隠したと言うそんな裏事情なんてさっぱり気付かせない指輪。
カイヤナイト



余った珠でこんな指輪も作れるね・・・と、とてもいい勉強に。
あんまり楽しくてあっという間の2時間でした。
テキストもとてもわかりやすくて、先生もフンワリお優しくとても丁寧に教えて下さいます。




最後に集合写真
集合
実はもう一人、御参加の方がいらっしゃいますがとても恥ずかしがり屋さんなのでここには写っていません。


この後のお買いものタイムがまた楽しい

只今こちらの系列のお店は水晶が25%OFF
夏に向けてアレもいい!コレもいい!と大いに盛り上がってのお買いものタイムでした。


「コレ3本しか有りません!欲しい人手を挙げて」「はい!」「はい!」「はい!」
多い場合はジャンケンですが今回はジャンケン戦争にならずに済みました。
この風景・・・なんだかとても懐かしかった・・・・・・・・(遠い目をする私)

良い色のパールも色々あって皆さん大満足のお時間を過ごしてきました。

明日は街に

サバイバル生活も数日目に突入。




明日は5月レッスンのブレスレットに使うかも・・・のSilverパーツを仕入に行く。
この、使うかも・・・・と言うのが実は怖かったりしている。

気を利かせてキット分を仕入れたとしても要らない方も出てくるかもしれない。
Silverパーツは高騰が続き、調べた所、まさかの価格まで来ていた。
これをまとめて仕入れるのでまたまた清水ダイビングクラブ状態になるのは必至。
大量に在庫を抱えてしまったらどうしよう・・・・

クリップクラスプで靴下なら干せるかな。高級洗濯バサミなのにハンカチまでが限界?





今日は品番管理を怠ったせいで仕入先に在庫があるかの電話で先方の手を煩わせてしまった。
昔からパーツの品番をメモる習慣に欠けている。パッと捨てて後で困るのだ。

Gの石は8ケタナンバーを取っておくのに・・・・


言葉は難しい。


「こんな形で真ん中に2本筋が入っていて・・・」


伝わらねー。



「あの~FAXで絵を伝えてもらえませんか?」「あ・・・はい。」


こうしてようやく先方にデザインが伝わるも在庫切れ。
お取り寄せで明日入荷するとの事なので、仕入に行く事になった。





久々に街に出る。
まるで山奥から下山するみたいな私。




帰りには食糧を調達しよう。






石とパーツばかり買ってないで、食品を手に入れないとこれは生死に関わる。
石は・・・・・食べられない。




キラキラ宝石質のシャンパンクォーツをおかずに眺めながら、白い御飯がススムといいのに。
















我が家も自分も放ったらかしで・・・

独立してから毎月の事ですが・・・新作を発表するまでの最後の数日間は正に「修羅場」


家の事もやってられない。買い物に行けないから冷蔵庫にあるモノで取り合えずしのぐので何だかサバイバル生活になっている。


自分の事なんてかまっちゃいられない。
パジャマだか部屋着だか境界線のない姿で朝から晩まで作業をしている。
取り合えず顔を洗い、歯を磨くけど火山噴火した様な頭はバレッタでまとめているだけ。
目の焦点は合っていない。

もちろんお腹は空く。
喉も渇く。


朝、哲爺に作るお弁当の御飯だけやや多めに炊いておむすびをにぎる。
片手で食べれるのがいい。



こんな姿は絶対に! 誰にも見られたくない。
連日着払いで材料を届けに来る各、宅配便のおっちゃん達は嫌でも知っている。



そんな追い込みの昨日、突然に娘家族がお土産を届けにやって来た。
ドアを開けると娘と孫だけかと思ったら、後ろには婿殿も立っていた。


婿殿の顔は正直だ・・・・



スゴイ頭と顔の、嫁の母に驚きを隠せない。

娘はあきれ果てて(ほ~ら・・・お婆さんだよ)と孫達に言っている。
(いつかあんたもこ~なるんだよ)と腹の中でつぶやいた。

部屋は石と工具とビーズで散乱していて座るスペースもなかった。
自分がお茶を入れてもらいたい程なので、むろん放置だ。


「ああ!お手伝いさんが欲しい・・・・・・」




夜になって哲爺が帰って来た。いつも思う。(もう帰って来た・・・・・)
待たせるだけ待たせて冷蔵庫を開けて見るといよいよスッカラカン状態だった。


豆腐が一丁と冷凍してあったベーコンに、レタス。


豆腐を水切りして横にスライスして塩コショー。豆腐のステーキに。
ニンニクをこんがり炒めてベーコンも炒めて醤油ベースのソースを掛けた。
わずかに残っていた水菜を散らす。


ツナ缶とコーン缶をトッピングしたボリュームのあるレタスのサラダも完成した。
冷凍してあったパンを温めて・・・・


大和市民のサバイバル生活は今日も続くのだ。


















ピエトラ(koba) の爪留めレッスン記

ピエトラの定休日に開催して頂いた「爪留めレッスン」記です。



ピエトラの記事を掲載したのはOPENして間もない頃の2011年、12月28日でした。
翌月には会社を辞めるという今後の不安や、自由に制作できると言う希望が入り混じった思いで、一足先に独立した先輩kobaのお店に立ち寄ったのです。



あれから毎月数回はピエトラのトルソーをお借りして・・・kobaにはとてもお世話になっています。




4月某日、午後。
定員3名、満席4名の店内はこちらの皆さまの熱気で一杯!


ワクワクドキドキ
始めます



制作中




途中の工程は企業秘密って事で控えさせて頂きます。
是非! ここで体験されて下さいね




カチャッ!と石がはまる瞬間が感動!!!
ツメ留め



出来たてのYさんのリングです。可愛い
リング2_edited-1



キラキラリングの完成
リング1




真っ赤なお鼻の・・・・kobaと。
集合2



ピエトラのブログにもこの日の真っ赤なお鼻の記事があったみたい。
集合1
kobaありがとうございました。楽しいレッスンに皆様大満足でした。


宝石質な天然石を一粒から買う事が出来ます。決してお高くないし石の品質はピカ一!
天然石



レッスンはお店の定休日にしか開催されませんのでピエトラのホームページを御覧頂くか、直接の御相談かと思います。
お休みを削ってレッスンをして下さるのでkobaに熱い思いで交渉してみて下さいね。



今回の画像はkobaと御参加の皆さまの御承諾を頂いて掲載させて頂きました。
なお私はここに至るまでの爪留め姉妹に心から感謝致します。


La mia pietra
ここをクリックしてね。(ピエトラに飛んで行けます)



プリンター修理

プリンター


エプソンの修理引き取りサービス(ドアtoドア)を頼むと、そのまま「はいこれ」と手渡しでヤマト運輸が厳重梱包して先方に届けてくれる。4月4日に引き取りに来てくれて6日には修理を終えて我が家に届いていた。

私が入れそうな箱の中にはすごい!と思う内蓋がセットされている。
発泡スチロールの類ではない。
機械を運ぶためのエコで完全なる構造に驚く。


エプソンでは届いた当日に修理して出している事になる。
修理代と往復代で5千円台だったのでお願いしたけどこのシステムすご~い!


こうしてプリンター復活で昨日は今月のテキスト作りに専念。


やれやれ・・・・・・





鳩はまだやって来る

テラス


鳩は伝書鳩になれる位、帰巣本能が強い。



今日もこのオリーブの木の下、テラスの手すりに降り立って卵を探していた。





頑張れ!ニワトリ!
鳩夫婦を寄せ付けるな!!!!!!

鶏

皆様のギャラリー3

今回の皆さまのギャラリーの最後を飾るのは御存知、「爪留め姉妹」(何度も書くけど、こまどり姉妹の響き)




F井さんは子育ても、お仕事も、そして3月はお引っ越しだってあった忙しさでしたが制作にも頑張っていらっしゃいます。すごいなあ・・・・と感心とため息の新作はこちら。


藤井さん3


キラキラのトップは青い青い深海の様に美しいフローライト。



藤井さん1
裏面に工夫です。安定するようにビーズを固定。
そのビーズの色合いがこのフローライトを優しく見せています。
色彩のセンスです。





ジュリアン_edited-1

使用されたチェーンがいい。
ジュリアンの廃番商品との事。見た事のない素敵なチェーンでした。
面白いパーツを探すのもワクワクしますよね。






続いて御紹介するのはSさんの作品です。

シェル花2
なんて春らしいのでしょう。
とても綺麗なピンクシェルのお花とモルガナイトの組み合わせです。


彼女は生粋の青レンジャーですが、本当は優しいPink色をとても素敵に着けられる方です。(実にお似合いなんですよ)


シェル花1
平置きじゃなく立体でお見せしたい3連のロングネックレスです。



今回はこのネックレスを重ね着けしていらして、それがさりげなくて華やかでした。
関さん


フレーミングを工夫しています。
ポイントにパールをあしらっているのが可愛い。




以前、御紹介したインカローズのネック部分が完成しました。
関さん4


Sさんの作品には一つ一つの物語を感じます。
それは彼女の作り出す世界観。



このインカローズのネックレスにはエキゾチックな雰囲気すら漂って・・・・
トルコパーツ(マンテル)も上手に使っています。
この色使い・・・・インカのロマンだと思いました。


関さん5




美しいオパールを綺麗なハートに包んで・・・・・

関さん6


関さん2






こちらの圧倒的な存在のラブラドライトはピエトラのkobaがフレーミングしたものです。
関さん3

トップを引き立たせながらもそれに負けないネック作りをされています。


実はSさんはもう一つのブログをお持ちで、そちらには彼女の作ったアクセサリーが満載です。
時々、懐かしい作品も登場しています。
御承諾いただいてリンクさせて頂きました。





爪留め姉妹の次回作が楽しみです。












皆様のギャラリー2

マンテル

どうしてもこちらのマンテルを御紹介したかったのです。


こちらの作品は恵比寿時代に掲載したS壁さんのクンツァイトとシェルのお花ラリエットです。
ある朝目覚めたら…シルバーだったマンテルが突然、七宝焼きになっていたらしい!



何と言う事でしょう!(ビフォーアフターのナレーションみたいに)





そんな訳はありません。
(色が変色しちゃったし・・・・う~~ん。マニキュア塗っちゃお
ってな感じでクンツァイトみたいな色のマニキュアを塗ったらしいです。

素晴らしいリフォーム術!!!


とても可愛いマンテルになっています。


アイデアですね。







皆様のギャラリー1

4月6日土曜日の浅草橋レッスンで撮影させて頂いた作品を御紹介します。



いつも大人な雰囲気のアクセサリーを作るHさんの作品です。
林さん6

植物の種ビーズと天然石を組んで・・・・
トップのウッドパーツと小枝のマンテルを合わせてお洒落だなあと思いました。


数年前からこんな種ビーズが出回りました
これからは果物や梅干しの種も捨てないでビーズにしなくちゃねと話題に。




こちらのネックレスはこれからお友達にプレゼントされるとの事で「嫁入り前の記念撮影」です。
林さん1

フロント部分はお花のメタルパーツを並べて接着したオリジナルです。
自由に組んで作っちゃおうと言う発想が素晴らしい!



お揃いのピアス  こちらも「The接着」シリーズ。
ピアス1


こんなに素敵なネックレスとピアスを贈られた方は幸せですね




続いてこちらはHさんのチェーンメイル作品
林さん3



林さん5

全部、天然石を通したらクレオパトラになって重た~くなる所をいい感じに仕上げています。



ピアスもチェーンメイルです。(ちなみに丸カンはオリジナル)
ピアス2




こちらの作品は春らしくてワクワク感がいっぱい詰まってますね。
さざれ(チップ)だけじゃなくてツルッとしたボタンを組んだ所がいいなあと思います。
林さん2





最後に御紹介するのはK籐さんの作品です。
これはG時代に恵比寿で見せて頂いたネックレスですがその時も素敵と思ったんです。

加藤さん


この画像ではわかりづらいかもしれませんがビーズのループになっていてお花をボタンの様に通すデザイン。
Y字のネックレスになります。



良い作品は年月が経っても飽きがこなくて、誰が見ても素敵だなあ・・・・って思うのです。









皆様のギャラリー

3月終わりのレッスンで素敵だな・・・って思った作品や着け方を御紹介致します。




ピーチカルサイトのラリエット。
桜の花びらみたいに淡くて美しい色です。
制作者はK玉さん。彼女の色使いはいつも素敵

児玉さん1


グリフィンコードが「見た事が無い色!」と思ったら2本取りで私が考えた事の無い組み合わせでした。
ベージュとライトピンク。
ピーチカルサイトを綺麗に引きたてています。



児玉さん2


そしてこのセレクトはさすがです。斜めスクエアーのナチュラルパール!
アクセントになりました。

桜の季節に是非着けてみたくなります。






こちらは今回のレッスンの「つる薔薇」
制作したのはY城さん。つるの巻き方がとても素敵だなあと思って撮らせて頂きました。
サンプルにとらわれない自由な創作センスがピカリ

つる薔薇




そのY城さんの柔軟な発想がこちら。
バッグチャームと革紐ネックレスの2WAYをパールのネックレスに合わせました。
パリジェンヌの雰囲気。御本人も「フランスっぽい~?」とお茶目でした。
自由に楽しむこの感覚がとても素敵です。

パリみたいに





さて最後に御紹介するのはレッスンの度に、新作を着けて来る!を目標にしているF井さん。
御存知チュッサ姉妹のお一人ですが「爪留め姉妹」と呼びたくなります。
「こまどり姉妹」に似た響きですがそれをを知ってる方は・・・人生酸いも甘いも知り尽くした年代ですね。


藤井さん2
角線も自由に使いこなしてお見事です。



藤井さん1

スモーキークォーツにはグリーン系パールがとても合います。微妙にトーンの違うグリーン系パールを組んでいる所が素敵



私は講師になりたての頃にスモーキーは名脇役と講義していました。
どんな天然石やパールとも相性良く素敵な作品に出来るからです。





嵐のレッスン?

鳩夫婦の一件やらプリンター故障、体調不良などのアクシデントがありましたが何とか手書きテキストが完成してコンビニでカラーコピーをしてまいりました。

これから明日の荷造りです。
やはり明日は春の嵐予報。
皆様の大切なキットやテキストが浸水しないよう厳重に梱包して向かいます。


明日の夜から日曜日の午前にかけてがピークらしいので、せめて浅草橋レッスンに御参加の皆様の行き帰りの電車が通常運転されます事を願って!!!

どうかお気をつけていらして下さいね。


嵐のレッスン開催委員長より

ジャスミンの寝床  卵編

玉子2


問題はコレだった。


その後、鳩の夫婦は何度も卵のあるあの場所に降り立とうとしては鶏に圧倒されて羽ばたいて行く。
向かいの棟のテラスでツガイでじっとこちらを観察しているのがわかった。



卵。
鳩の卵は食べられないものか?


哲爺はコレステロール値が高くて現在、卵は厳禁だ。
娘に(鳩の卵、食べない?)とメールすると(バカか)と取り合ってくれない。


テキストを作りながらも頭は鳩の卵の味で一杯だった。



一段落してから再び検索すると・・・・・見つけた。


目玉焼きにしたらしい。
特徴は黄身がこんもりしていて白身は水っぽいらしく焼いて見ると白くは固まらないとか。
味は黄身が意外に甘味があって旨い・・・・との事。


後日、今度は茹で卵に挑戦したと記述してある。
画像では茹で卵にしても白身は半透明な感じ。


美味しいらしい。



ふ~~~ん・・・・・・



玉子



ジャスミンの寝床 2

鳩2
鳩が飛び立った後にはこんなものがあった!!!!



玉子




しかもいつの間にやら小枝を敷き詰めたスイートルーム(巣)になっているでなないか!




この時の私ときたらとても幸福な気持ちに包まれて・・・・
キッチンに走り込んでパンの耳を持って戻って来た。
細かくちぎってスイートルームにそっと置く。


部屋に戻ると、本当はとても切羽詰まったテキスト作りの状況なのにカーテン越しにジャスミンのプランターを観察し始めていた。息をひそめてそ~っと・・・・




鳩が戻って来るとこの方が落ち着かない。ナナ婆だ。
ナナ





戻って来た鳩は大きめのパンを咥えると何と連れに分けるのか再び羽ばたいて行った。


朝から卵を温めていたのは若い夫で、巣作りの小枝集めの妻にパンを届けに行ったのだ。
オバサンは熱いモノがこみ上げていた。




それからパソコンの電源を入れて「鳩の習性」を検索する。




なになに?  「ええっ?!」


そこには驚愕の画像と鳩退治の情報が溢れていたのだった。
ゴキブリが害虫なら鳩は害獣

その恐るべきマンションのフン公害の画面から血の気が引いた。
鳩は繁殖力が旺盛でベランダやエアコン室外機の下などで次々と卵を産むらしい。

住むと言う事はフンをし放題と言う事でその実情は言葉を失う汚さだった。



ウチで鳩が増えたら他のお部屋のテラスにも害は広がる。




鳩の習性・・・・一夫一妻で常に夫婦で助けあって生きているらしい。
夜は妻が卵を温め、朝から午後までは夫が交代で卵を抱く。

気に入った場所があれば小枝をセッセと運び込んで巣作りをする。

卵から雛がかえると夫婦で一生懸命、子育てをする。

複雑な気持ちで読んでいた。
人間の夫婦だって分担は難しいのに・・・・(といつも娘がストレスを溜めている)


それからウッカリ鳩の子育てにかかわる羽目になった人達のフンとの格闘記ブログまで読んでしまった。
そのウッカリは危うく私だったかも知れない。


次に鳩の侵入度をレベル表示している駆除業者の記事。
ベランダに時々様子を見に来る辺りがレベル1。
ベランダの高さでちょうど目が合うようになったらレベル2。
鳩が小枝を咥えて来るようになったらこれはもうレベル3。早急な対処をして下さい。 

最終的には卵を産みます。 「手遅れ~!!!」
鳩駆除業者の扱う商品名に椅子から落ちそうになった。
「はとにげ~る」「ハット驚く」  猿には「さるさ~る」 笑っちゃってる場合じゃない。


そしてそして・・・卵を勝手に処分すると野鳥なんちゃら法で罪になるらしい。





脱兎のごとくテラスに走った私はジャスミンの寝床の小枝をごっそりとかき集めて捨てると水をジャンジャンかけてそれから鳩が座る場所にこんなモノを置いた。
とっさの事だった。



鶏

ジャスミンの寝床 1

テラス
テラスの壁際に置いた机の棚にジャスミンのプランターがある。








もう少し近づいて・・・・
鳩1
鶏の置物しか気付かないかもしれないけど。






ジャスミンの中に鳩
鳩2





前からここをお気に入りの場所にしていたのは知っていた。
鳩は平和の象徴。
こんな狭いジャスミンの寝床で良かったらいつでもおいで。






今朝は時計草の蕾を発見。
時計草



ハーブや草花達に水やりしながら、枯れ木と諦めていた山椒に新芽が溢れていたのを見て幸せに気持ちになっていた。
ハーブ




鳩はここまで近づいても驚きもしなかった。
鳩4


眠っているの?


子供の頃に飼っていた小鳥達は眠る時には薄くて透き通るような瞼を閉じていた。
この鳩はまん丸の目を開けたまま?


すると連れの鳩が小枝をくわえてテラスに降り立った。
何か合図があったのかジャスミンの寝床の鳩がバサバサと飛び立った。




鳩が居なくなったプランターに目をやると・・・・
玉子2



そこには・・・・・・・・




続く。

春の絶不調

やっと4月のキットが完成した。






体調を崩してしまい、やっとここまできた…。
次はテキスト作りという所でプリンターが故障。
部品取り替えとわかり修理に出す事になった。
このタイミングで……


不調が続いてます。


いつもの、コンビニで実物のカラーコピー→それをベースに手書き文字→我が家でスキャン→パソコンに取り込む→大量プリント→が出来なくなってしまった。

今回は全部手書きでやるしかない。
一枚仕上げるのに大変な時間がかかる作業だ。

それが出来たら今回はコンビニで全てカラーコピーとなる。

これでまた週末は春の嵐ですって?


神様…皆様が少しでも楽しい気持ちで浅草橋まで来られますように!

どうか春の嵐はそらして下さい。お祈りします。
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
03 05
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。