スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の先取り

6月の終わりの金曜日から夏のsaleが始まった。
早い…早すぎる。


昔は8月だった。
それが次第に繰り上がって7月のsaleが多かったのに。
昨今は8月の盛夏には街が秋色に染まる。
季節の先取りが当たり前の時代。

さて私のアクセサリーもかつては半年先をデザインして来たけれど独立してからは少し先の季節を考えてきた。
それでも材料は一年前には仕入れている。
手元にコレだ!と言う材料が無いのが何よりも不安だから。
しかし、ごく最近になって少し考え方が変わってきた。
いつも先々を考えて沢山の材料を仕入れる私。
これが自転車操業の原因なんだけど……

明日、大地震がきたら…
来週ポックリ逝ったら…


せっかく用意した季節感は御披露目出来ない。

7月のレッスンは既に決まっている。
8月は秋色と言うよりは真夏のイメージで作って、そのまま身に着ける事を優先します。
まさに現在進行形の形。

ガラス3




毎回が「今しか手に入れられない。もしかしたら二度と出会えない」を大切にして…





スポンサーサイト

スマホ格闘記

一生死ぬまでガラ携でいいのさ…と決めていたのに。

遂にスマホを手にしたのは5月も終わる頃。

哲爺が「今月でポイントが切れるから機種変でもする?」と神のような悪魔のお誘い。

タブレットにも憧れていた。
レッスンで何人かのお客様がとても便利に使いこなすのを見ていて、いいないいなだったのだ。


docomoに相談しに行くとガラ携はやはり丈夫だと言う。
レッスンの御案内には必要不可欠な携帯なので私の場合、ガラ携はメール用に残して2台目に小型タブレットに近い機種のスマホと決めた。
こうして憧れの、指先でピョイ~ンが叶った。

嬉しくて無意味にピョイ~ン
ピョイ~ン



世の中、今やスマホ時代。
皆さんには、とっくにアッタリマエな事もマークの私には何もかも初めてなのだ。

無料メールのlineなるものに登録するまでが四苦八苦。
最後の頼みの綱の娘に手渡したけどなぜか開通できずに、サジを投げられた。


おばさんは意地になってline開通に成功した。
あれは祝杯ものだった。
スタンプなるモノが使えて楽しいったらありゃしない。(笑)
今の気持ちや、言葉を漫画のキャラで一押し!
スタンプは沢山用意されてるけれど新たに購入する事も出来る。
これがアナログおばさんには新たな試練。
「購入って?」から始まる。

恐怖漫画の梅図かずおや、何だか笑っちゃうベルばらなどを購入成功。
やれば出来るじゃん!私。

カメラ機能もあれこれと使いながら学習してる最中だ。
ショボいガラ携のカメラ機能とは雲泥の差の美しさに舞い上がる。

何より、スマホで見るブログ画像の鮮明さと大きさはお年頃の私には何よりだ。ガラ携で見る画像は粗いプリクラだったと今は思う。


さて最後の砦は……
フェイスブック。

昨年、33年振りに訪ねた専門学校でもフェイスブックの話題で持ちきりだった。

昔の仲間達と繋がるってきっと楽しいに違いない。

何を始めるにも登録作業が面倒でカタカナ言葉がわからんちんな自分には面倒な事。
登録した番号なんてすぐにスルーだ。


システムを理解しないで始めるとこれは大変めんどくせ~&お恥ずかしい事になると分かった
携帯のアドレスに登録した方々やそれ以外にも(この人もお友達では?)とドドド~~と出てくる。

スマホではクリックをタップと表現するが、太い指が本人知らぬ間にタップされていて画面上に出てきたアドレスの人々全員に私が(お友達申請)をした事になっていた。


相手はマナー的に、拒絶する方はまずいない。
知らぬ間に次々と「○○さんがあなたをお友達として承認致しました。タイムラインにコメントしましょう。」とこれまたドドド~~っと…………


助けて~




ある日、遂に私の名前に顔写真を添付する覚悟を決めた。

まだスマホには画像がないのでパソコン内の画像を縮小して送信する。

アナログはアナログなりに努力しているのだ。


その夜、専門学校時代の先生から「顔写真見て、むかーし、むかしの思い出が蘇ってきました。」とメールが。

あんなプリクラみたいな小さな画像をよ~く見て下さったんだわと感激してると次々妙なコメントが…。

★顔デカい
★あ~ビックリした~
★懐かしい!
などなど……

なんと!パソコンで小さくしたつもりの自分の顔がスマホからはみ出さんばかりな画像でタイムラインに掲載されていたのだ。


ブログには有り得ないシステム。

「佐々木雅子さんがプロフィール画像を更新しました。」とわざわざ配信されていたのだ。

あれがタブレットならば私は実寸大のデッカい顔を送った事になる。


ごめんね。皆さん…
レッスンにいらして下さるフェイスブックの「お友達」の方々もお許し下さい。

そして新たに「お友達申請」も大歓迎です。


部屋の片隅  

水兵さん1



G時代に大切な方から頂いた水晶の照明と、退職の時にプレゼントされた木のフレーム。
当時はこの中にとても素敵なお花が詰まっていました。





水兵さん2



今は燭台と鋳物の水兵さん。





水兵さん3






この水兵さんは何処で出会ったのだろう。
思い出せない位前に下北沢で巡り合ったのかもしれません。


17歳の時にアルバイトして溜めたお金はほとんどこんな感じの鋳物人形に注ぎ込んでいました。
サーカス団のワンコにコインを咥えさせて、レバーを引くとワンコは輪をくぐってピョーンと樽の中にコインを落とす「貯金箱」など。(木馬館のカウンターに置いてありました。お客様が面白がってはコインをくわえさせてピョ~ンさせるので店主の知らぬ間にお金が貯まってたっけ)


コレクションの趣味って案外変わらないものなんだなあ・・・・・














部屋の片隅

鳥



鳥だと思うけど不思議ちゃんな子。
信州の松本で出会って・・・・店の中で、かがんだまま暫く眺めていました。


なーんだか可愛くて






ビーズファクトリーのセールのご案内

ビーズファクトリー




いつもお世話になっているビーズファクトリーのセールのご案内です。
レッスン会場の3階で開催されるとの事。
お時間のある方は是非、お立ち寄りくださいね。








ビンテージブラウス

私が10代の終わりに母から譲り受けたブラウス。
母が20歳前後に着ていたと言ってたからもう60年位昔のブラウスです。



ビンテージブラウス3



当時の刺繍は全て、手仕事だと思います。
手仕事








ビンテージブラウス1






昨日のレッスンで一生忘れないエピソードをお話したブラウスがこれです。





ナナ婆さん

ナナ2






ナナ1





ねむの木の花が満開です。

ねむの木3



我が家のテラスのねむの木の花が満開です。




ねむの木2






ねむの木1






ディルや他のハーブ達もお花が可愛くて・・・・・


ハーブ

皆様のギャラリー2

6m1.jpg

M本さんの作品です。
レッスンで習ったお花を早速活かして制作されました。


ラブラドライトのコインで大人なニュアンスのロングネックレスに。
彼女の胸元で揺れていた雰囲気がとても素敵でした。

皆様のギャラリー

f63.jpg


制作者は爪留め姉妹でジュリアン姉妹のFさん。
アジュラマラカイトに爪留め加工。
マンテルはビーズファクトリーのデザインマンテルです。


6f1.jpg

おっとこのチェーンは以前お色違いでレッスンに取り入れて事がありましたね。
アクアマリンでフリンジに。


主役を活かした配色はさすがです。




f2.jpg
さすがはジュリアン姉妹。トップのパーツを上手に使いました。
この色合わせも素敵



爪留め加工の側面にも飾りをつけて・・・さすがです。
f1.jpg



渦巻きが漂って……

やってしまった……
二日酔い



昨夜は小学校のクラス会だった。


まずは財布を家に置き忘れた。
それを知った時の絶望感は言葉に出来ない。

コンビニで下ろそうにもカード類は財布の中。
無銭飲食のクラス会だなんて……意気消沈
泣く泣く友達に借りた。



翌朝は久々の小沼先生の上級者向けレッスン。
だからお酒はたしなむ程度と決めていたのに!
な~んだか楽しかったのね。
小学校のお友達との時間。
ワインの瓶が次々と空になっていったのをぼんやりと覚えている。


誰が見ても私はただの酔っ払いだった。


朝、起き上がった時には渦巻きが舞っていた。


これはマズい!!!

大量の水分を補給して、渦巻きを沢山まといながら青山に向かった。
足元がおぼつかない。




図を見ても、先生の実践を何度見ても、サンプルを見直してもまるで理解力がない。

元々、乏しいのに脳みそが耳から全部こぼれ出したのだ。

気力だけでここまでやって来たのに魂が抜け落ちていた。



何度もワイヤーを伸ばしてはやり直ししてる内にワイヤーの表面がサランラップのように皮膜が剥がれてきた。
なんじゃ!この編み編みは………
ボロボロの物体を見るのもイヤになってきた。
ヤダヤダヤダこんなのヤダ!!

「人生ボロボロです」
と言って悲壮感にうなだれて立ち上がる。


小沼先生はお優しい。
人生をリセットする状況を与えて下さって間もなく時間切れ。


神の作品サンプルは溜め息をつくようなアイデアと完成度でオーラを放っていた。



ここには決して二日酔いで来てはいけない。




7月の作品が完成しました!

「今日からメンテナンス開始!」とか書いておいて、結局リハビリには一度も行っていない。
そう・・・・ずっと制作に追われていました。


本日「ねむの木のテラスから」に作品を掲載致しました。




早く一区切りさせて朝ごはんを食べようとしていたのにもう夕方だったとは


時間が出来たらまずここに掲載したかった記事です。
マカロン    美味しそうでしょ?とても美味しかったんです。
N巻さんが作って下さった「幸せマカロン」
私がなかなか宝くじを当てないのでお店が出せず・・・未来の「木馬館専属パテシエ」は先日のレッスンで差し入れをして下さったのです。
皆で幸せになりました。

ありがとうございました。


マカロン




もう一点、画像があります。




Nburesu

この作品は以前、多摩センターで受講して下さったネックレス。
こんな風にさり気なくブレスに巻いてるのを見て「素敵」って近寄ってしまいました。


コットンの袖口から革紐とスモーキークォーツの薔薇のシャンクがナチュラルに・・・・
森girlのイメージです。



いつもアレンジがお上手で一目置いてます。









手作りランチとマエルとの再会

フランスで大変お世話になったElikoがマエルと一緒に里帰りしていた。
3週間の滞在なのに毎日がレッスン準備に追われてしまい、ようやく訪ねる事が出来たのが昨日の事。

今日にはフランスに立つのでギリギリの再会だった。




友人と駅まで迎えに来てくれたマエルは人見知りもせずに歓迎(とオバサンは勝手に解釈)
靴を履いて軽快に歩く・・・いや斜めに走る?マエルの成長に思わず頬が緩む。


マエル2

マエルを抱っこして小さなハートに包まれるひと時・・・
マエル1



Elikoは二人目を御懐妊中で現在6カ月。
マエルはお兄ちゃんになるのだ。



友人とElikoがお昼御飯を用意してくれる。



ランチ2



ぺシュ・オ・トン
フランス滞在中に友人が教えてくれた料理をメモした内の一つ。
黄桃にカレー風味のツナを詰めたお洒落な1品。果肉がしっかりした黄桃の優しい甘さと、スパイシーなカレー風味とマヨネーズ味のツナが実に美味しい。


キモモ



Elikoが作ったスープ。
なぞなぞが出された。「何のスープでしょう」
青いって事は緑の野菜だろうけどこれがわからない。
スープ


トロリとクリーミーでとにかく美味しいスープの正体は・・・・・・ズッキーニの冷製スープ!
さすがはEliko



パンも焼きたての自家製
パン


メインはタンドリーチキンでこれがとても旨い!!!



ランチ






フランスで見つけて来たというデミタスカップとポットで珈琲を頂く。この色彩にクラクラ
まさにフランス色だ
おままごとの様なサイズのデミタスカップがすごく可愛い


カップ



前回のフランスでは買う事が出来なかったエプロンや缶入りスプレー式ホイップクリームなどのお土産を頂戴してすっかり夢心地の時間。



緑の多いこの土地の光と風を感じながら過ごす静かな午後・・・

Elikoと一緒にチャーム留めピアスを作りながら、友人が録画したリヨンの街の紹介を見る。
こんなに穏やかで幸せな時間を過ごせるなんて・・・・まるで夢を見ているようだった。




ふと・・・遠いフランスとスイスの国境付近の山の上の小さな村に思いを馳せる。
秋には新しい家族が増えて賑やかになるだろう家の事


真面で子煩悩な農業男子のGui(ギオン)も将来の夢に向けて益々頑張ってゆくだろう。


家族が何より大切・・・・・
大地にしっかりと足をつけて生きてゆくこの小さな家族がずっとずっと幸せでありますように。



またいつか会える日まで。













皆様のギャラリー 2

F4.jpg


レッスンには新作を・・・・・ツメ留め姉妹の心の掟(?)
F井さんの作品です。
良い石と面白いパーツ(チェーン)を組んでは次々と新作をデザイン制作されていらっしゃいます。
このオパールの輝きにウットリ・・・・・




ツメ留め姉妹でありながらジュリアン姉妹でもある彼女はジュリアンの素材も素敵に使われています。

F3.jpg


サークルの入ったパールはとても雰囲気があるし、母岩付き系のゴロン系もイエローガーネットも味わいがあります。


F1


色々なお店をリサーチしてゆく中で必ず大好きなテイストのお店につながってゆくものです
忙しい日々の中から時間を作って、大好きなお店に行く楽しみと作る楽しみは心の活力剤だと私は思います。





続いて御紹介するのはツメ留め姉妹のお一人、Sさんです。

彼女のブログを見た時に、実物が見たい!と楽しみにしていた作品。

S4.jpg
これまでもコツコツと職人の様にツメ留めやオリジナルパーツを作っては作品に活かしてきましたが、最近では土台になる大物パーツまでワイヤーワークです。



S2.jpg


S5.jpg





こちらは新作のワイヤーシャンク。

S7.jpg


ワイヤーシャンクの難しい点は、行き当たりバッタリにするか緻密なデザインと計算をして取り組むかです。
1本の長い長いワイヤーを半分に曲げてから石を通してよじっては枝のようにパーツを繋げて行く。
ねじり方が簡単なようで実は難しい。
玉を入れたら根元から均等に均等に、バランスを考えてねじってゆく。
寄り線にしながら組み立ててゆく立体モノです。



24番のワイヤーを使用したとの事で安定感のあるしっかりとした作品になってました。


チャレンジャーだからこそ一つ一つをコツコツと極めて行くのだなあ・・・とツメ留め姉妹を見ていると本当にそう思います。



「苦手だからヤ~メタ!」この方達にこの言葉はない?のかもしれません。





皆様のギャラリー 1

kobaの爪留めレッスンを受講された方々が次々と作品作りに活かして下さってます。
今回御紹介するのはN野さんn



N3.jpg


N4.jpg


トップの石はホワイトトパーズ。
ツメ留めを頑張りました。

組み合わせが爽やかでとてもいい。
照りのいい斜めスクエアーのパールとキラキラの水晶をあしらってチェーンで仕上げています。




次の作品もN野さん。
琥珀のラリエットです。
素敵な琥珀を探されました。
コインの様に小ぶりで可愛いサイズの琥珀はなかなかありません。
組み合わせた金色パールのクレオがアクセントになりました。抜け感も考えて透明でキラキラなシトリンを使っています。


N2.jpg



Nラリエット


結んだ時に3本のフリンジに見える様なデザインです。




次に御紹介するのはM田さんの作品です。

M1.jpg

アシンメトリーなデザイン。
涼しげで大人な雰囲気が一際、目を惹きました。


M2.jpg
少し青味がかかった水晶を2色のグリフィン糸でノットしながら繋いだものです。
糸の質感を活かす為に太い糸とレギュラーサイズの糸を組んだ点が彼女の工夫です。

パールはワイヤーで繋ぎながら・・・2本の事なる素材と質感を融合させています。
2連にしたりそれぞれが単品で使えるデザインだと思います。



M3.jpg


何と言ってもこのトップ!
三葉虫の化石?
とても個性的な作品となりました。





イケメン院長との再会

覚悟はしたものの診察室に呼ばれるまでに4時間!


そりゃ-限界を超えるまで我慢するよな~。

あれだけの数のジジババ(自分もか…)を診るのは大変な事。
午後の診察が15時からなのに14時半の時点でまだ午前の患者が待っている。

元気そうな(ど~見ても元気なんだな。)オバハンは井戸端会議をしながら、靴を脱いで前の椅子を足で挟んでいる。
ゴチョゴチョと足を動かすので座っている男性を遂に蹴飛ばしてしまった。

「あ~ら、ゴメンナサイ」
足を下ろして靴を履く気は全くない。



約一年振りに院長の診察を受ける。
「45分仕事したら5分の休憩。守ってる?」
首を横に振る。
トイレと軽食以外は15時間ノンストップなんてザラなのだ。そんな事を言ったら「はい!ごくろーさん!」でお終いになるから私は大人しい。

イケメン院長は腰痛持ちの他に頸椎もおよろしくないらしい。
「全く同じだから良くわかる」と言いながら今私が激痛で泣けるポイントを的確に押してから「首と肩だけで5所。腕もやるか」と注射の用意をテキパキと指示した。
「響くから覚悟して」
ずーーん……と奥深く響く痛みを伴いながら注射してゆく。
息も絶え絶えだった。

「右手、ダランとしてしばらくは使い物にならないけど心配しないで。」


イケメンに言われちゃ~ガマンガマン。

それから副作用で目を回してヨロヨロ待合室に戻ると靴を脱いだままのオバハン軍団が私の首の絆創膏を背後から見て「首にあんなに注射よ~」と大きなヒソヒソ話。

(うっせーよ…)と思いながらまとめ髪の簪を抜いて髪を下ろした。



イケメン院長にはメンテナンス宣言をしてしばらくリハビリに通う約束をした。「いつも忙しがって来ないのに、それはいい事だ」

何だろう。
この褒められた様なウットリ感は。
ハートがいくつも舞い踊っている。


リハビリの為に私は7月の調整をした。
本気でメンテナンス月間にしたのだ。



院長との「再会」



しかし医療明細に印刷された文字は「再診」



乙女心は切ない……









メンテナンス開始

6月レッスンもスタートしてキット作りは一段落した。

最近では携帯のメールを打つのもシンドイ痛みだったので試行錯誤のデザインやサンプル作りは唸りながらの作業だった。


頸椎が変形して神経を圧迫しており、それがいよいよ肩から手先までキテいた。とうとう我慢の限界を超えた…

奥歯が割れたまま一年半。
他にも診察したい科がいくつかある。
オバサンは実はガタガタなのだ。
スクラップ寸前。


今日は久々にイケメン院長の整形外科に向かっている。
待つだけで昼になるだろう。
そんな悠長な時間のない私には修理する事が難題だった。

いよいよ本日からメンテナンス開始。
そして会いたかった人々にもようやく再会出来るのだ。
フランス坊やのマエル達も間もなく日本を立つ。
ギリギリ前日に約束させて頂いた。

これは私の心のメンテナンス。(笑)
歩くようになったというマエルに会って………

オバサンの心は小さなハートだらけになる。
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。