スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消しゴムハンコで作るアクセサリー

Facebookで繋がったデザイン学校時代の片桐先生が主宰する「づくリンク」


クリエイター達の活動の第一歩になればとスタートした物作りの場所。

今日はイラストレーターを目指すうら若き乙女の宮地さんが指導する消しゴムハンコのレッスンに参加しました。

独学で学んだ彼女の技術はスゴーイ!



木箱に押したハンコ。
シューズの細いラインを彫り出す技術に感心!

コレそう簡単にできません。
理屈でわかっても手は思うように、こうは動かない。




で、私は葉っぱのピアスを作りました。


どうやら私の後輩に当たるこのお方の自分の似顔絵ハンコは上出来!
息子のバッグに黙ってバッグチャームとしてぶら下げようって魂胆。(笑)




楽しい時間だったなー。
実は来週からの10月レッスンの準備でバタバタだったけど思いきらないと参加は出来ない。

片桐先生には35年ぶりにお会いました。

スポンサーサイト

お花が次々と開花中


猛暑で枯れかけていたお花が一斉に開花





時計草も……
時計草







母の日に届いた薔薇
これも猛暑で瀕死の状態だった。


我が家のテラスは只今、開花中。

フランスに思いを馳せて

風景1


去年の10月は初めてフランスに滞在したんだなぁ・・・・とアーミックス村に思いを馳せた。
2012年の10月から11月の木馬館便りを開けて見たらたくさんの画像に胸がキュンとなった。
本当に毎日が面白くて楽しかったのだ。

あれから1年。



私のバタバタな生活は何一つ変わっていないのに周りの状況は確実に変化していた。



Elikoは間もなく二人目の出産を控えている。あのマエルがお兄ちゃんになるのだ。

マエル1


友人のレーコさんはバーバとして助っ人に向かう準備をしているはずだ。
娘の入院中はマエルの世話をしながらフランス人の婿殿とも向き合う訳で・・・・
寡黙な彼とどんな会話をしながら御飯を食べるのだろうと密かにニヤリとしている私。
いや、可愛いマエルで皆が繋がっているから心配など無用なのだとも思った。



リヨンの古い街並で見たビビットな差し色の美しさ
スミレ色の印象



村の自然とそしてたわわに実るフランボワーズと黒スグリ

フランボワーズ1


黒スグリ


フランスの空気の中で作ったアクセサリーは2点。

帰国してもしばらくの間はフランス色が私の中にあった。
そういう感性で仕入れた素材をそろそろ形にしないとね・・・・ちょうど1年経つのを記念に。



Elikoが無事に出産します様に。
新しい家族を迎えてますます充実した、素敵なフランス牧場生活となる事を願って・・・・・

台風に自分が当たり年

とほほほ…
明後日のレッスン日に台風が接近(らしい)

実はこの日のキットも不足品発生で昨日も浅草橋まで仕入れに走る事態に。

当日の不備が無いように頑張ってます。
それなのに?
いつもトルソーを貸して下さるピエトラのkobaに電話をすると「ああ…総武線すぐに止まるよ~。」と。



主宰者は強風に飛ばされても行かねばならない!
思えば恵比寿時代もそうだった。
デパートという所は絶対にOPENです。

突風にあおられて自転車ごと飛ばされどんなに痛くても、電車が止まっても、延々と歩いたものだ。
傘の骨が折れてただのビニールになり私の頭はヤマンバになった。
水も滴るいいオバサンになって(泣く)恵比寿にたどり着いたものだ。


頑張るぞ!明後日も!
kobaはJR山手線で秋葉原から歩く手段を教えてくれた。
そーか! つい新宿から総武線での片道を考えるけど山手線で秋葉原にさえ出れば何とか歩いて行けるはずだ!




今年の7月も、数年越しの夢の波照間島に突如台風発生で避難だった……


ここぞという日に私は台風に当たる。
・・・(;´Д`)






そしてまんまと染まる自分





銀座松屋の催事販売ブースでは、オバサン達の動きを観察して苦笑しながらも、冷静に会場を後にした。
デパートの戦略にはまるモノか!の財布の紐が固い私。

下のフロアーに降りる。

アロマの香りにふらふらと「生活の木」に引き寄せられた。


fc2_2013-09-22_14-23-12-790.jpg


「只今限定販売中のベニシアさんの秋の庭と、冬の庭でございます」

パッケージの商魂たくましさにニヤリ。
8階催事場からオバサン達はここに降りて来てまんまとはまる。人だかりがスゴい。

試しに「秋の庭」の香りの側に……
あ…10月の香り

金木犀だった。

「秋   
果実が実り葉が紅く染まる庭。
秋の香りと過ごす夜長の団欒」

というメッセージ



金木犀・ブラッドオレンジ・シダーウッド
・アトラス・檜・イランイラン・ラベンダー・グレープフルーツ



それらのエッセンスをブレンドして秋の庭をイメージさせるなんて…

完全に生活の木にのめり込んでいる。



「冬の庭」
ああ……白い静寂とクリスマスを思わせる香りだ。




「雪の中
ハーブが眠る
静寂なる冬の美しさ 香り響く」
のメッセージ。



香りはベルガモット・ローズマリー・シベリアモミ・ローズウッド・カルダモン・スターアニス・シナモン



もうすっかり私はメッセージの中の情景にたたずむ人。


この限定アロマを握りしめていたのだった。



そして翌日には銀座シネスィッチで「ベニシアさんの四季の庭」を観て帰り際にDVDを買っていた。






思えば私のメルアドはmako.s.garden

ベニシアさんが言う「庭は神様に近い場所」それを知っているから惹かれるのだろうか。

それにしてもまんまと染まった自分に苦笑だ。

ベニシアの暮らしに憧れて…

 

NHKの「猫のしっぽ カエルの手」
をたまたま観た事があった。

築100年の古民家に住む英国女性ベニシアさんの生活を追ったドキュメンタリー。

京都大原の自然の中で、庭に沢山のハーブや植物を育てて、それは丁寧な手作りの暮らしをしている様子に気持ちが癒されていった。強い憧れも芽生えた。


蜜ロウとラベンダ-のワックスで台所の古い木製棚を磨く。
キッチンの台はタイルを貼った手作り。
ヨーロッパの雰囲気が融合した古民家の生活。

雨の日は硝子戸に伝う水滴を見ながら机に向かって静かに手紙を書く。



現在、銀座松屋で「ベニシアと仲間達展」を開催中。
チケットを戴いたので久々に銀座に行って参りました。

8階の催事場についたらオバサン、オバサン、オバサン。私もオバサン。
こんなにベニシアさんの暮らしに憧れている女性達が世の中に一杯いたんだと思い知らされる。

オバサンの群れはベニシアさんの庭を再現した草花をはしゃいで撮影大会。
係員が青くなって走ってくる。「お客様~場内は撮影禁止ですぅ!」「あ~ら、そーなの?」
したたかな無垢。


それでもオバサン達は乙女だ。
ハーブのある暮らしに憧れ、ベニシアさんのレシピを一生懸命に書き写す。

会場はIKEAみたいにベニシアさんの部屋を切り取ったように展示していた。

クリスマスのテーブルを食い入るように見つめる人々

圧巻は古民家の縁側から庭を再現した場所。ハーブも樹木も草花も忠実に本物を植栽している。まさにベニシアの家であり庭なのだ。



出口にはお約束の販売コーナー。
ベニシアワールドに浸ったらそのまま貴女もベニシアだ。
台所用品(キッチンではなく台所)、毛糸のマフラー、草木染め、ジャム等のラベルシール、綿素材の服、京都大原の手作りドレッシング類。
オバサンの悲しいサガはここで暴発する。
ワイワイ大騒ぎしながら試食の大根サラダを我先にと奪い合っていた。この一角だけ匂いがある。(黙って食べろ!)
全てのドレッシングの味見をしたオバサン達は「やっぱり人参味は皆苦手よね」
食べるだけ食べて難癖つけるのがオバサンなのだ。

ベニシアさんの庭を観て、ここに出るとクレマチスなどの植物も販売している。(商魂たくましい)
これがまたびっくりな事に良く売れているのだ。冷静になれば鉢植え持って銀座から電車に乗るなんて…と思うけど今、乙女達は心はベニシアさんだからね。


オバサンの観察も面白いけど、これは素敵なイベントでした。
24日火曜日まで開催中。

台風一過






台風が去ったような仕事部屋。
10月の作品が完成してそのままの状態。
私は紙にデザインを描かないで感じたままを形にして行くタイプだから、ありったけの石やパールにパーツの箱を次々と開ける。
作品掲載も終わり、お客様にも御連絡が済んだので今日はひとまず片付けて掃除だな。
って久々にテラスに出たら本当に台風一過。葉っぱのゴミ溜めだった。
植物は折れてるし…なーんかスゴイ事に!

頑張るぞ!

皆様のギャラリー 2

爪留め姉妹の心の掟。
それはレッスンには新作を・・・・・

こちらは9月7日と12日の2日間で見せて頂いたオリジナル作品です。



小沼美紀さんの技法を取り入れて・・・・
201397f4.jpg




革をフレーミングにする技法とてもいいですよね。
秋らしい配色です。
201397f1.jpg




イエロートルマリンを爪留め縦繋ぎに。
青い綺麗な石はアイオライトです。
2013912f3.jpg




大きなプリナイトをトップにラブラドライトをシャラシャラと付けました。
2013912f2.jpg



マスカット色のプリナイトを揃えてパールもいい色を合せてます。
2013912f1.jpg

皆様のギャラリー 1

9月7日土曜日の浅草橋レッスンで見せて戴いた作品です。
今回は爪留め姉妹が揃っての御参加で次第に変化してゆく作風が一緒に撮れて面白かったです。




ボルダーオパールを使って。
201397s4.jpg


パールをフレームに入れると綺麗で上品な作品になります。
201397s5.jpg



やっぱり色合わせはとても大切。
201397s6.jpg





作品にガンメタを使うのは珍しいなって思いました。
シックな大人の「秋」を感じます。
201397s1.jpg




201397s2.jpg

ちょっと休憩




昨日、今月2回目のレッスンを終えて少し疲れたなあ…ってオウチ御飯を放棄した。
主婦業を休みたい時もある。
帰りの小田急線の冷房が効き過ぎて体が痛い程冷えきっていた。

今朝はいつも通りお弁当を作り、洗濯、掃除の途中でふと座り込む。

風が吹いてカーテンが大きく揺れた。

夏の残りの日差しが小さなパティオを照らす。まだ蝉が鳴いていた。


ああ…このまま家事も仕事も投げ捨てて9月の光に微睡んでいたい。
ナナ婆は無防備に腹を出して寝そべりぼんやり顔。
いいなあ…猫。

私は今日もやること一杯です。

回虫奇譚

古い和菓子屋の広告だった。
「回虫最中」
和栗を粒餡で包み、その周りを回虫が囲むように詰められた最中のポスター。

有り得ない!と驚くとそこにいた人々が「斬新で良く売れてるのよ」と言う。


「話題のお店に連れて行くわ」とこれまたカフェと言うよりは昭和な喫茶店に案内された。

テーブル奥の人はかき氷を頼んでいる。

「ここはグラタンとサンドイッチが最高なの」
店内を見渡すとごく普通の喫茶店。
……かと思いきやメロンかき氷の中には回虫!
そこへ熱々のグラタンがテーブルに置かれた。
冷や麦みたいな細いショートサイズの回虫がホワイトソースの中でぐったり煮えたぎっている。

極め付きは回虫サンドイッチ。
マヨネーズで和えたパスタサラダのような回虫達がうごめく。
細い一本一本が頭をもたげてサンドイッチから逃げようとしていた。

「活きがいいのよ。ここのは…」

熱々のグラタンを頬張る人。
パンからはみ出たうごめく回虫サンドイッチに食いつく人。

ああ……助けて…………







と唸っていたら哲爺に起こされた。
午前6時…お弁当を作る時間だった。

ベッドから起き上がろうにも今見ていた光景から戻りきっていない…吐き気もあった。

夢と言うにはあまりにもリアルでそういう不思議な街を訪ねてしまった気がしてならない。

午前10時のアフタヌーンティー

午前10時、たまプラーザの「アフタヌーンティー」テラスでブランチ。
秋の空気や光を感じながら…紅茶を飲む。





本当は優雅な気分を満喫してる場合ではない。
明日のレッスン準備が出来てないのだ。


昨日抜歯した奥歯の消毒に朝一の病院だった。電車を乗り継いでの通院は本当に面倒。

ついでに寄り道した、たまプラーザ駅。
昔からアフタヌーンティーのワンプレートやブレッドサラダは私のお手本だった。

久々の一皿はチキンと海老とアボガドのトルティーヤ.サルサソース添え。
サラダにポテト。
ハーフサイズデザートはミルク杏仁とフルーツたっぷりのゼリー。


綺麗で美味しい!


今日一日の栄養はここで取れたので夜まで一気に頑張らないとね。

天然じゃなくてバカなのだ!

9月のレッスンが始まった。
しかしアレも足りないコレも足りないと不足品だらけでキットが完成していない。
買いに行く時間も惜しいので仕入れ先に着払いで商品を頼む。
いくら以上なら送料無料と言うのを確認してまとめて注文した。

翌日には配送されてヤレヤレとキットを作り始めるとゲゲッ!別の石が
足りない事に気付く。
送料と代引き手数料を承知の上で再び注文。

パーツ類はレッスン初日に浅草橋で仕入れる事にした。
今日になってキットの続きを作っていると…ん???
チェーンメイルの丸カンの色が途中から変わっているではないか…
間違えて仕入れていたのだ。

レッスンは明後日だ。
わ.わ.わ……そしてまたもや石が足りない。


コレは天然なのではなくてバカなのだ。
今から抜歯しに行くので最寄りの駅、桜木町に向かっている。

バカにつける薬はない。

Continue Reading

Kobaの作ったティアラ

昨日ピエトラのblogに掲載されたティアラです。
レッスン前にホンモノを見せて頂きました。


ホワイトトパーズ満載のキラッキラッ…
私も結婚式したくなった~

皆様のギャラリー 4

トップとネック部分の色合わせがとても素敵です。
秋の気配も感じられて・・・何度も彼女のお席に回っていました。

8M3.jpg


8M1.jpg



小沼美紀さんのワイヤーで作るカツラをすっかり習得されて色々な場面で登場します。上手です。
私は勝手に「ヅラのMさん」と呼んでます。(笑)




この作品もやっぱり平置きじゃなくて御本人様の胸元で揺れているのが一番素敵


8M2.jpg




皆様のギャラリー 3

8S1.jpg
主役の爪留め、本日のゲストはターコイズの女王・スリーピングビューティさんです。
さすがだな・・・って思ったのはフリンジで揺れているソーダライトのキューブ達。
キューブって実はどう使うか悩みどころの形。
上手に組んでます。







マラカイトの2連ネックレス
8S2.jpg

マラカイトは個性的な石なのでこれをどう色合わせして完成させるかってチャレンジャーだと思います。
アイオライトとシャンパン色やニュアンスのある茶系パールと合わせトップのバチカン部分に白い淡水パールを入れた事で上品な作品となりました。







カイヤナイトの2連チョーカー
トップのフレームにあしらったパールがとても良い雰囲気
8S3.jpg





アメトリンのネックレス
このアメトリンはとても美人だと思いますが、爪留めをしてお洒落なフレームを作った事でより一層美しく存在感のある主役になったと思います。
8S4.jpg


8S5.jpg





ピンクのお花シェルのチョーカー
甘くなり過ぎず、大人な雰囲気になったのはやはり色合わせ。
8S7.jpg


爪留めの石はピンクスピネル
彼女のブログを読むとこの石は微妙にオーバルで深さもあって爪留めに苦労されたとの事。
8S6.jpg

作品を見る時は「なんて素晴らしい」と見惚れるばかりですが制作の過程では素材の特色で難儀な事もあったり時には交通事故みたいなアクシデントが発生したりです。


数を作る・色々な事にチャレンジすると言うのは経験を積むと言う贈り物です。




皆様のギャラリー 2

(レッスンには新作を着けて行く!)をモットーに実践し続けて下さる爪留め姉妹。


私にはこのお二人が白鳥に見えます。
いつも素晴らしい新作をさらりと着けて・・・レッスンに参加された皆様の目を楽しませて下さる。
でもお仕事で本当はくたくたヘロヘロの時もあるはず。(もうすぐレッスンだ!頑張るぞ!)って水面下では足ビレを掻きながら爪留めしてくれてるかもしれない(勝手な想像)

作る。作り続けると言う事が新たな発見です。
こうして彼女達は日々腕を磨いて精進しているのだと思います。




とても美しいオパールをトップに綺麗なクリソプレイズと、シェルをモチーフに。
20138F1.jpg






小沼先生の技法を使って・・・・
8F7.jpg





ロンドンブルートパーズにビーズや透かし模様のチューブなどパーツ使いにこだわって。
8F6.jpg





フローライトにアベンチュリン・白いパールをあしらった作品は以前御紹介したKさんにインスパイアされた新作。作り手で作風は全く別物に。
20138F3.jpg






「悲しみのアバロン」あ!違った!
アバロンを使った作品にも取り組んで下さいました。


8F5.jpg



10138abaronn.jpg



20138fリボン


このアバロンは素材として単品販売をしています。
(1個400円)
御希望の方は御連絡下さい。

遠方の方にはお送りいたします。



皆様のギャラリー 1

8月に見せて頂いた皆様のオリジナル作品を一挙掲載致します.




最初に御紹介するのは以前、Facebookで見たUさんの作品です。
透き通った青緑色のフローライトとキラキラのレモンクォーツのロングネックレス。

ラムネの瓶を思わせる色は何処か懐かしくて優しい「夏」を感じます。


海の中から見上げた空・・・・
ゆらゆらと光が踊る青い水面下から見る太陽の記憶



8U2.jpg




いつも感じる事ですが、作品は平置きで見るよりも作ったその方が身に着けてこそ素敵なのです。
好きな色を繋ぐ・・・・好きな色の装いに合わせて・・・・


今回は着けている画像を撮らせて頂きました。
「雰囲気」ってトータルなんだなって思います。



8U1.jpg




mako'sキッチンのmoco'sキッチン





「あ!makoお帰り!」
仕入れからヘロヘロに戻ると長身のピアスが似合うもこみち君が我が家の狭いキッチンでフライパンを軽快に振っている。
「今日は茄子をおもいっきり使ってみまーす!」 

「マジで?茄子ならいくらでもあるから!
全部使っていいのよ~\(^o^)/」

塩を軽やかにサーッと振って味付け!
カッコいい!
イケメンがキッチンで料理するというだけで日頃給食のおばさん的自分は胸がときめくのだ。




ああ…もこみち君が我が家にも居てくれたなら……
moco'sキッチンを見て妄想する哀れなオバサンなのであった。

水を飲む習慣

実は…6月頃に自分のメンテナンス月間と決めて脛椎と腰椎の通院を決めていたはずなのに目先の忙しさに追われてコレが不発に終わった。
一度も治療に行ってはいない。

イケメン院長は運動も必須科目と言っていた。

数ヶ月して友人の薦めで簡単30分体操クラブみたいな所に行ってみる事に。
元来がスポーツ嫌い。
小学校時代はハードル=ドミノ倒し。
中学校時代は自慢するけど「万年生理」とホラ吹いてプールには殆ど入らなかった。

イヤイヤ体育をしたのは高校時代まで。
あれから数十年!


そんな自分が腰痛改善のために通い始めた1回30分のカーブス。

ここでは運動中に何度も水を飲む。
私には水を飲む習慣がない。

お茶か珈琲、オチャケ意外の水分は何十年と飲んでいなかった。
マシーンを使ったトレーニングの合間に中央に置いた水を飲む。(コレBEERならテンション上がるのに!)



代謝をよくするとう目標。
筋力を作るという事。

今さらながらですが…ここがスタート地点。


今、何とかしないと健康でいられる未来が無い。
イケメン院長には車椅子生活を脅かされている。

だましだましの受け身から、本気で自分から動く方向転換を始めました。

茄子.冬瓜.茄子.茄子.冬瓜

山形で家庭菜園をしている母から夏野菜がドッサリと届いた。
段ボールから溢れんばかりの茄子。
真ん中には大きな容器らしきモノが埋まってるが囲うようにぎっしり詰まった茄子を取り出さないとソレは引き抜けない。

おくらに獅子唐、インゲンが少量。

果てしなく茄子.茄子.茄子…

コレ絶対に冷蔵庫には入らない!

ようやく見えてきた容器らしきモノは丸太?ん?子供の椅子?
ずっしりと重たい丸太を抱えるように引き出すとなんと!ソレは巨大な冬瓜。


唖然としたまま冷蔵庫の前でヘナヘナと座り込む。


キット作りでヘロヘロの夜。
これらを何とか新鮮なうち調理しないと母の気持ちがムダになる。

老夫婦二人きりの我が家でこの冬瓜と茄子をどう料理するか…


冬瓜は一先ず炊き合わせに。
切っても切っても冬瓜…

焼き茄子
茄子の漬物
ラタトゥーユ
麻婆茄子
茄子のミートソースグラタン
茄子のトマトパスタ
茄子のミルク炒めクミン風味(インド料理)
茄子の味噌炒め

ああ…ここまでしか浮かばない!

(-_-;) (;´д`) (@_@;)

この夜はラタトゥーユと焼き茄子
冬瓜の炊き合わせ。
ほたての柚子胡椒カルパッチョ






皆様!
お願いです!教えて下さい!


茄子料理って他に何がありますか?
(相手は生鮮野菜。焦る私)

9月のレッスン初日まで後少し





キット作り頑張ってます。
土日は哲爺もヘルプに入ってくれたのでハイペースで進みました。

今回のようなチェーンメイルの大量丸かんセットや数種類のワイヤー、糸のセットのキットは実は大変。
(お前さん、いつもすまないねぇ)と時代劇調に感謝すると無口な哲爺は「こういう事、嫌いじゃない」と言う。
これは直訳すると「キット作りが大好きでもはや生き甲斐だ」なのだ。

そうか! そうだったのか!

数を数えるのもボケ防止。
2日間、朝から晩までご苦労様。

土曜日のレッスンまで残りわずか。
アレも足りないコレも足りないになってしまい炎天下の浅草橋まで遠征か……


そんなレッスン間際の状況下でビーズアートショーのイメージ画像とブースのPRコメント提出。

間に合わせました。


ビーズアートショーを検索してブースをクリックしてみてね。

自然が作り出す色





緑からくすんだピンクの微妙な色彩。
自然が作り出す色の世界……空の色にも,はっとする時があるけれど部屋の中の観葉植物の絶妙な色合いに魅せられる。

こういう配色、天然石ならユナカイトにも通じるのかな。







茎がこんなに鮮やかなショッキングピンクで実が熟しながらグラデーションに・・・・
綺麗です。
信州で1




信州で2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。