スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテナガーデン




爽やかな秋晴れです。

夏の終わりに植えたこちらのコンテナガーデンは多肉植物系。
忙しい人向けで、水はけと日当たりさえ考慮すればどんどん広がっていきます。

よーく見ると可愛い世界。

ずっとバタバタな日々ですが、洗濯物を干してふ…と、この愛らしい寄せ植えにほんわかです。

face bookの皆様には読んで頂きましたが現在私の顔はスゴい事になっていて…

トホホな情況です。

引き続きお仕事に専念!
スポンサーサイト

メチャクチャな日々





仕事部屋こんなです。
ひっくり返したみたいにメチャクチャ…

家政婦が欲しい!

新人トルソー赴任





夏の終わり頃から、いや正確には数年前からカタログを取り寄せて新人トルソーの募集を検討していた。

初代トルソーはG時代の私の右腕となってサポートしてくれた。

今度の方は徹底的こだわって採用されたアートな雰囲気の鎖骨美人である。


横浜ビーズアートショーで御対面です。

硝子細工

昨日立ち寄ったイベントで素晴らしいランプワークの作家さんの作品を知った。
アートクレイの師匠、木曽先生の御紹介でこのイベントに初出店されたアメリカ・サンディエゴ在住のチハルさん。


会場を一通り回って最後にふ・・・と見た先生のお隣のブース。
見れば見るほど素晴らしい硝子細工です。動けなくなりました。私・・・・・
イタリアのガラス棒を使った、スカルプチュアーと言う立体技法でお花を作られています。
アメリカのガラス作家さんでもこれが出来るのは数人のようです。





硝子1


日本のかんざしのつまみ細工を連想する、クローバーのお花。
微妙な色彩の薔薇。

そして葉っぱ。


硝子4



これを作品に使ったら少々お高くなるけど1点.1点の手作りは価値があります。
限定品で横浜ビーズアートショーに出す予定で仕入れて来ました。
こうして新たにデザインしなければならない素材が増えて・・・・嬉しい悲鳴です。
どうぞお楽しみに!
(画像を明るくした為、渋い色味が出ていませんがもっとスモーキーな大人の色です)




硝子2





硝子3

ビーズアートショーの準備開始
















今日からビーズアートショーの準備に入ります。
香港から注文していた商品が届きました。

いつもワクワクする小包で届きます。
包装紙の色や質感とそれに合わせて選んだ切手。

開封すると更にワクワク…
パンジーの箱を開けるとパンジーです。

私はここのセンスに毎回乙女心がメロメロに………

素敵なアクセサリーを作りたい!ってモードにスイッチON

皆様のギャラリー

先日の浅草橋レッスンで「秋らしくて素敵だなぁ」と心惹かれたSさんの作品です。
お借りしたのはいいけどカメラを忘れた私・・・・・


そこで機転を利かせて下さったのが2度目の御参加のOさん。
今回は彼女に撮影をお任せです。
(画像を急いで送って下さったのに掲載が遅くなりました。)





s花1




とても工夫されたブローチと、ネックレス・リングの3点セットです。



S花2

ある画伯のポストカード

G時代のレッスンスタート時からのお客様です。
もう長いお付き合いなのですが彼女には隠れた才能がありました。

私は勝手に「手動コピー機」とか「人間コピー機」と呼んでますが、素敵な作品を見るとササササ~とスケッチ。


ある時からこんなに素敵な年賀状が届くようになり、私の毎年の楽しみとなりました。
人間コピー機から「画伯」に格上げです。


掲載の御承諾を頂きここにアップします。



まりこさん_3





まり子さん_2_edited-1





まり子さん_1


(私の名前は絶対に出さないでね)
はい。出しません。

皆様のギャラリー その4

2013m1.jpg


「フローライトの果実」を受講されたHさんがピアスのキットで作ったオリジナルブレスです。
手首でキラキラ揺れていてとても素敵でした。



先日のレッスンでは「夏の森」のピアスのキットで作ったブレスがハッとするほど魅力的だったのでお写真を撮らせてもらうつもりがレッスンでバタバタしてしまい、うっかりスルー。
Hさんは私が独立して1年8か月の時に、ようやく御参加出来るようになりました。


彼女は私が某社を退職する時にアトリエとなる場所(レッスン会場)として御自分の持っている賃貸物件を御紹介してくれた方です。

路頭に迷っていたあの頃・・・・・
これからの事が全て真っ白で途方に暮れていた時に、そっと励ますように申し入れて下さいました。
場所も私の使う沿線でしかも世田谷区と言う好立地条件。



それから多くの方々が色々と会場を調べてくれたり、実際に足で確かめに動いてくれたりと・・・
今の私の原点に携わって下さった皆様には生涯、感謝の気持ちを忘れません。
あんなに嬉しい事はありませんでした。
元気と勇気ともらって再出発を決めました。



一日のほとんどを過ごすアトリエを遠方に借りたらきっと私は家にも帰れない別居生活になると思っています。
だから当面、これでいいのだと自分に言い聞かせながら重たいキャリーバッグをガラガラと引いて出張レッスンのスタイルを継続中です。





皆様のギャラリー その3

2013s5.jpg
銀色の寄り線と金色のワイヤーでこんなに素敵なトップを作られました。
爪留めSさんの作品です。




2013s3.jpg
トップの主役は美しいグリーンアメジストとアイオライトです。







トップはトルマリンinレピドライト。
ネック部分にはロードナイトとレピドライトを使用されてます。
2013s6.jpg





これがまた溜息もののブレスです。
フェルスパー・ペリドット・マデラシトリンだそうです。(もう私にはわからない石の世界なのだ!)

2013s7.jpg





こ・こ・これは何ですか?とまず最初にお聞きします。
チャロアイト?って思っても実は「ユーディアライト」って答えが帰ってきます。
そしてロードライトガーネットにペリドットです。
トップの上に青く輝いているのは青サファイヤ。ああ・・・豪華絢爛・・・・・


2013s8.jpg





皆様のギャラリー その2

ここの所、お仕事がお忙しいFさん。
1レッスンでまとめて受講を頑張って下さってます。

私のレッスンはこういう熱心なお客様、お一人、お一人に支えられているのです。
心から感謝致します。




ピエトラのkobaのブレスにインスパイアされてチャレンジしたようです。
「どや!どや!ブルトパ祭りだぞい!」と羨ましい限りの私は外野で騒ぎます。
溜息ものの美しいネックレスでした。

20134.jpg







爪留めが出来れば無限のデザインが広がります。

20133.jpg



そしてやっぱり大切なのは色合わせ。

20132.jpg




2013.jpg






カイヤナイトのフレームに使ったのは透明なシャンパンクォーツ。
ソーダライトやアメトリン、アメジストを合せました。
20135.jpg






皆様のギャラリー その1

S壁さんの作品です。

kobaの所で習った爪留めや、小沼先生のレッスンで体験した技法を取り入れて色々楽しんで作っていらっしゃいます。



角線を使ったブレスウォッチ。気品あふれるこの作品はダイヤをあしらった高額な時計に見えます。(貴和製作所の時計パーツとのこと)
留め具は小沼先生の技法。しっかり留ってとても良いとの事。
2013si1.jpg






美しいアメトリンで。
ネック部分のメタルリングもkobaのお店のパーツです。上手に組み込んでますね。
2013si2.jpg








とても素敵でした。
平置きよりも、本当は彼女の雰囲気と装いにお似合いだったので身に着けていらっしゃる作品を御紹介したかったのですが・・・・・。
数年前のG時代のフリーレッスンで作ったネックレスのリメイク。
身に着けた時にお花がひっくり返らない様に工夫されてます。

2013S1.jpg



2013s2.jpg




自分で作れるとこの様に作り替える(リメイク)が出来るので気に入って購入した天然石やパールは永遠に楽しめます。

「虹をつかむ男」

BSで放送された映画のタイトルです。
録画して昨日初めて観ました。

1996年、山田洋次監督
就職に失敗した亮(吉岡秀隆)は柴又の家を飛び出して旅の果てに徳島県の小さな町にたどり着き、小さな古い映画館でアルバイトをすることになる。
映画館の経営者、活男(西田敏行)はそんな亮に映画の良さを情熱的に語り……

映画技師役に田中邦衛、憂いを秘めた女性に田中裕子、柴又で亮を待つ両親は前田吟と賠償千恵子、帝釈天の佐藤蛾次郎も出ていて(ん?ん?ん?)
これって「寅さん」の続編???と哲爺と顔を見合わせる。

そーか!
渥美清が亡くなって、寅さん(渥美清)へのオマージュとして作った映画なんだ…と気づく。

本編では淀川長治や、古き良き時代の映画が断片的に流れ、エンデイングでは寅さんがチラリと登場。(合成かと思うけど憎い演出です)

映画好きにはたまらなく胸がキュンとする映画でした。

徳島県の小さな町に実在していて、取り壊しが予定されていた古い映画館のオデオン座

「虹をつかむ男」のお陰で存続になったとか。本当に良かったです。



BS放送を逃した方は是非、レンタルされてみて下さい。

ああ…神様!

いよいよ明後日から10月のレッスン。
キット作りを終えて御予約のお客様にも御案内のメールを送った。

後はテキストを描いて、印刷だ。
昨日近くのコンビニで作品のカラーコピーを撮った。ここに手書きを加えて……

無い!
サンプルが無くなっていた!
部屋中探しても見つからない。



まさか…コンビニのコピー機の中?
心臓がバックンバックンしてる。


ああ……神様!
今日買ったオータムジャンボは当たらなくて良いです。
代わりにコンビニに作品が届けられてますように!

実は今さらサンプルを作る余分な材料が残っていない。


鍵を握りしめてマンションのエレベーターに駆け込む。



コンビニに行ったのは26時間以上も前。
どうか清く正しい方に発見されていますように……


レジに行くより先にダッシュでコピー機に駆け寄る。
蓋を開けて……   無い。


ふと顔を上げるとコピー機の横の棚に無造作に置いてあるネックレス。

レジに届けられる事もなく、誰かに持って行かれる事もなかった作品はそこにグシャリと放置されていた。


へなへなと腰が抜ける感覚。


お帰り。10月の木の実……


これでもうオータムジャンボは当たらない。


10月の木の実
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09 11
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。