スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の私   そして今年最後に・・・

色々あって娘に会っていませんでした。
だから子猿ともご無沙汰です。





数年間も会っていない人がいます。息子です。
その間に息子は結婚してムスメが生まれました。
また娘と息子はキョウダイなのに疎遠しているようです。





私の一番叶えたい夢はいつの日か子供達とその子供達(子猿達)皆が一緒に食卓を囲む事です。






固く閉ざされたた気持ちが氷の様に溶けだして・・・・皆がお互いを認めあえたなら、変わって来る事なのです。





息子の名前は私が有羽と名付けました。
そのムスメの名前に一字を取って美羽と名付けたと知った時に胸が一杯になり...熱いモノが込み上げて来ました。



12月は美羽ちゃんの1歳の誕生月と知ってから、住所を調べて手紙とささやかなお祝いを送りました。


すると息子からヨチヨチ歩く女の子の動画が送られて来たのです。




泣けてきました。




息子のムスメという不思議な画像にやられました。





それから忙しくて何もできないままになっていた子猿1号を我が家のお泊りに誘ってみました。
大人の都合は子供には何も関係の無い事。



1号は大喜びです。


時々もうあかん!!って極限の時に行く、ここち湯に1号を連れてゆく小さな夢を叶えました。
炭酸泉は「サイダーのお風呂」
黒い温泉は「珈琲のお風呂」
泡風呂にサウナ、全てが初めての子猿は大はしゃぎ。


一緒に夕御飯を作ったり、娘が幼い頃に遊んだジェニーちゃんで遊んだり、そうして小さな子供の温もりと寝顔に安心して・・・・優しい気持ちに包まれていました。





息子のムスメの動画を見た事と、子猿1号を抱きしめた事。
これが私の12月の終わりにあった一番幸せな出来事です。




もちろんずっと仕事をしていたけど、まだキット作りが終わった訳ではありません。
大掃除は哲爺のおかげで無事先ほど終了。




生きてゆく為に仕事を続けなければなりません。
この仕事が続けられたのはレッスンに通って下さった皆様や私の作品を大切に思って下さった方々のおかげです。


皆様がこれからもワクワク出来ます様に・・・・・
そのアクセサリーを身に着けてとても幸せな気持ちになります様に・・・・・



お一人・お一人に感謝の気持ちを込めて来年の準備を進めています。





2014年もどうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

私の12月   1年振りの集合

中学時代の友達3人で集まるのは1年振り。



今回は武蔵小山から場所を変えて自由が丘に。(昇格!)




集合




看板2





スモークサーモン 赤ワイン
 生ハム イカのフリッター オムレット



昼からこんなに食べて(怒涛の日々は朝昼ヌキはザラだった)ワインを傾けながらの尽きないお喋りは夢のまた夢だった。




それからトメお薦めのフレンチトーストの店に行く事となり緑が丘までお散歩。



街路樹・閑静な住宅街の家々・線路・・・・
冬の日だまりの中をゆっくりと歩く時間。
こういう事をすっかり忘れていた様です。




看板





デザートは別腹とは良く聞くけど今日のこのシチュエーションは私には無縁かと思っていたよ。



洋梨
洋梨


私




焼き林檎と胡桃
焼きりんご


友人2



グレープフルーツ
グレープフルーツ


友人



もう動けませんっていう位にフレンチトーストを頂き、またまたお喋りの時間。


今回はトメのお言葉に甘えて御馳走になりました。




13歳から3年間を過ごしたと友との久々のひと時でした。
ウインドウ





私の12月  世田谷ボロ市

12月15日の世田谷ボロ市に行って来ました。




高校生の時にここの楽しさにはまり・・・木馬館便りの掲載を始めた2006年に一度訪ねてそれから久し振りだったように思います。
ぼろ市3






あ~こういう土産物みたいなガラクタ、実家の人形ケースにならんでたなあ。
雑貨






土人形2 土人形1





猫




ブラック&ホワイトだ。すっごいお値段にビックリ!!
ブラック&ホワイト





ボロ一




ここは籠を売っているお店なんだけどディスプレイに木を利用。
かご






ボロ市3





ボロ市1




前にも見惚れてしまい・・・でもなかなか買う決断が出来ないひょうたんの照明のお店。
ひょうたん1






ふと入ったミシンとピアノお店(この取り合わせが不思議)
看板2



このシンガーのミシン憬れです。
ミシン


ドーム型のケースもきちんと残されてるのは価値があるとの事。
カバー




店内にはピアノは見当たらず一番目立っていたのがこちらのギター達

ギター4





ギターの中にドールハウスとは驚きです。
ギター3





このギターの中に小さなバーが!
ギター2






そしてこのお店にはこんなモノまで!!!
昔、弟が沢山持っていたっけ・・・
おもちゃ





こんな風に取り留めもなく歩いたボロ市でした。
次回は1月15.16日に開催されます。










私の12月  料理教室

時々開催される料理教室に数年間通っています。





12月のクッキング




やっぱり料理のプロに習うと「へえ~!」な事の連続なのです。





パプリカを真黒に焼いて皮を剥くと甘味がギュッと凝縮されます。
これはスイング碑文谷の厨房でも実践して来た事だけどこの一手間で料理は格段と美味しくなります。
真黒に焼く




この日はトマトの海鮮鍋と豆のサラダ(ヨーグルト和え)・蓮とエリンギのオリーブソテー

12月クッキング2




デザートは林檎のソテー・キャラメルソース掛け
リンゴキャラメル



Xmasにふさわしい献立でした。




私の12月  リース作り

振り返ればいつも「うう・・忙しい!!!と走っていましたが、今年の秋は人生で最も「怒涛の日々」でした。

色んな事を後回しに突っ走って来ましたがようやく12月に入ってから少しづつ自分時間を捻出。
まず最初はキット作りをひとまず休憩して「リース作り」に行って来ました。



尾山台でお花屋さんを営んでいるクニさんのフレッシュリースのレッスンを予約。
クニさんは昔、木馬館時代に通ってくれていた女子高生です。


その時にお付き合いをしていた大学生のツンタ君と一緒になりました。
ツンタ君は木馬館の御近所に住んでいて高校生の時から毎日、来てくれていました。
だから私には二人とも可愛い可愛い大人。家族じゃないし友達と言うのでも無くて・・・上手く表現が出来ないのだけれど。
なかなか会えなかった二人とこうしてリースを作りながら一緒に過ごせた時間はとても楽しかったのです。






カレン1




Xmas前の時期だったので赤い色使いが素敵でした。
店内2




リース2





店内3





ツンタ君はこだわりのユーズドのトレーナーやTシャツ生地でワンコ服を作っています。
ワンコの大きさや体形に合わせたオーダーメイドなのでカッコいい素敵なお洋服に仕上げます。

店内1


わんこ服



ツンタ君
カレン1





お店の花揃えもとても素敵
花1




古民家の欄間をドアに使うセンスが光ります。
ドア2


このお店はあの、はらドーナツの原型らしく最初に作ったここを基盤に展開して行ったそうです。
ドア





さてさてどんな感じのリースにしよう?悩みました。
リース4



針葉樹とあざみの花・松ボックリ等を組むリースに決定。
クニさん先生から経験を活かした作り方講座を聞きながら開始です。
針葉樹やユーカリの香りはまるで森林浴をしている様な癒しの空間に・・・・
制作2




生徒は2名限定なのでとてもわかりやすいレッスンです。
こんなリースも作りたかったなあ。
リース1






そして完成した私の初作品はこちらです。感激
リース_edited-1





お持ち帰り用のラッピングをして頂くとまるで売り物みたいに見えます。
リース5






クニさん・ツンタ君、ありがとうございました。
店主




お花は嬉しい記念日は勿論のこと、悲しみに暮れてる方に贈る事もあります。
そんな時もここなら絶対!って言うセンスでアレンジしてくれるお花屋さんを知っているといいですよね。
以前とても御世話になった方へのお悔やみのお花もここでお願いしましたが素晴らしい組み合わせで作ってもらいました。

そして娘は私が何も言わなくても自分でウエディングブーケをお願いしていたのです。


Currenは木馬館便りのリンク先から見る事が出来ます。




皆様のギャラリー 2

次に御紹介するのは爪留め技術に磨きをかけて次第にオリジナル色が出てきたsさんです。




今回のテーマはロードクロサイト
12s5.jpg




ワイヤーの2色使いでフレーミングです。かなり美人のロードクロサイトにしばしウットリ
12s6.jpg




12s4.jpg






そしてもう1本はラリエットにして重ね付けが楽しめるように作られています。
12s3.jpg




ドロップの雫が零れる様に・・・・素敵です。
12s2.jpg



こちらはピエトラのkoba作・バングルです。
koba.jpg




この日はロードクロサイト3点セットがとても美しく輝いていました。
彼女の信念は「レッスンには新作を着けて行く」なので、きっとお仕事もハードな中、頑張ったに違いない!

12s1.jpg


リンクさせて頂いてる彼女のブログにもこちらから多くの方々が遊びに行ってる御様子。
爪留めからこんなに素敵な作品が出来るなんて・・・・とため息のお声を聞く1年でした。


2014年はどんな作品が見れるのかとても楽しみです。



皆様のギャラリー 1

すっかり木馬館便りをご無沙汰してしまいました。



今年最後のレッスンで見せて頂いたお客様のオリジナルアクセサリーの御紹介です。
2013年の最後はこのお二方の作品で・・・・


fさんの「白いネックレス」
見た瞬間に冬をイメージしました。

白にも色々な色があります。
ミルキーだったり暖か味のあるオフホワイトも使っての12月から2月の雰囲気が素敵だな・・・って思いました。
このチェーンはジュリアンだそうです。

12f2.jpg





12f1.jpg










続いてfさんのブルーオパールのトップネックレス。
寄り線を上手に活かしてますね。
12f5.jpg



ネック部分にはロンドンブルートパーズのコインの大小を使って。
12f4.jpg




12f3.jpg


今年はお仕事がとてもお忙しい御様子でしたが子育てと、そして大好きなアクセサリー作りを本当に良く頑張っていらっしゃいました。
レッスンも「この枠しか来れないけど・・・」って短時間でも複数こなして下さり、嬉しく思いました。


来年はどんな新作がお披露目されるかとても楽しみです。




再会

デザイン学校時代の仲間達と数年振りの再会をした。




卒業して35年の歳月が流れ・・・・






高校を卒業したばかりの18歳には夢や希望があふれていて、未来は果てしなく明るかった。



グラフィック科のイラストのクラスに在籍していた私はひょんな事から親しくなった工業工芸科の面々と休み時間にになるとロビーでたわいの無いお喋りをしていた。






卒業・就職・(1980年代になると男女7人夏物語みたいな時代背景で何だか良く集まっては飲んでいたっけ。)結婚・再婚(自分)色んな節目節目に集まってきた友達も皆、同じように歳を重ねて老眼になっていた。
メンズは哲爺みたいな真っ白頭になるかピカチュウに分かれる。



「ビフォー・アフター」
大泉君4

大泉嘉宏クン
大泉君1 大泉君2



今回、参加出来なかった仲間達もここで再会した気持ちになれます様に・・・・そんな願いを込めて皆さまの承諾を頂いて掲載をします。





目黒の東ヶ丘に住み、インテリアの仕事を続けている荒木くん宅に招かれて。
モダン




照明



前菜の生ハムとサラダ。
熱々の豆腐に今年のバージンオリーブオイルを添えて塩胡椒で・・・綺麗なグリーンで本当に美味しかった「まるでチーズみたいでしょ?」と荒木くん。
オジサン達無言・・・・どうやら豆腐は湯豆腐しか分からない様子。

前菜




淡々と手早く料理する姿はカッコ良く見えたぞ。
調理2



ブロッコリーのスープ
スープ





ポルチーニ茸と牛肉のペンネ(チョー旨い!!!)
パスタ



ポルチーニ茸と聞いてピカチュウさんは「〇×▽???ぼ・ぽ?き・き・聞いた事無い言葉なんすけど~」



あまりにも旨いので味付けを聞くとイタリアに行った時に向こうのブイヨンを買ってくるのだそう。
ブイヨン


まゆみちゃんの手作りメンチカツや差し入れのピクルスで段々とお腹がいっぱいになってしまい、ここでメインを断念した荒木くんは鯛のリゾットを作り始める。


オジサン達に分かりやすく「おじやだよ」と言ってたのは親切だね。


調理



驚きの美味いリゾットです。
リゾット






じゃあこれから皆のビフォー・アフターを御紹介するね。
集合4




笹岡隆(さーおか)クン
笹岡 笹岡3





徳永(根岸)まゆみちゃん
まゆみちゃん まゆみちゃん3

まゆみちゃん2





徳重(江川)尚美さん
江川さん_edited-1 江川さん2





荒木孝之くん
荒木君 荒木君2





佐々木(永井)雅子さんと樋口康一郎クン
mako.jpg
jibunn 自分2_edited-1







皆、オジサン・オバサンになったけど話してる事はあの頃と大して変わらないのが笑える。
集合1



荒木くん、美味しいイタ飯とワインを御馳走様でした。
集合3



そして・・・・
集合2




えっちゃん・樋口・ぷうへ・・・・
今日来れなかった君達も今度は集まれるといいね。
ぷう_edited-1ここに載せたい皆の画像が無くてスミマセン。




この家具は山形で頑張っている鈴木君と一緒に組んで製作したダイニングセットだそうです。
イタリア的センスと山形の家具職人との融合。素敵!お値段はもっと素敵過ぎて、ため息でした。
鈴木君デザイン

10回目の誕生祝い

今日は哲爺の誕生日。

私が人生をリセットして……それはもう本当に辛い時に、そっとそばに寄り添ってくれたのが70歳の風貌の哲爺だった。


一緒に誕生日を祝って今日が10回目。


私達は出逢ったのが遅かったから、どうか元気で長生きしてください。
これからもキット作りをお願い致します。(え?ここ? そーです!!)




哲爺1 tannjyoubi

久々の恵比寿で

ここに来るのは本当に久々でした。




プレミィ・コロミィです。
(ずっと以前はハーゲンダッツだった)
グリフィン糸の加工でこちらのリーフ針が大ブレイク。連日スクールのお客様がここであの針をお買い求めでしたね。
お店のスタッフが「近頃、やたらと針が売れて売れて…」って驚いていたけど遂に製造中止に。
今となっては思い出のお宝です。



懐かしいポスター。


クリスマスの時期、朝と夜のクリスタルな輝きを見るのが毎日の楽しみでした。






これです。バカラのシャンデリア






死ぬまでに一度はここでディナーを食べてみたかった。
極上のワインと共に……









用事を済ませてから、あのお店が無くなったのをこの目で確認しに行ってみた。


私が大好きだったジュエリーのお店は本当に消えていた…



毎日、毎日通勤途中にウインドゥ越しに眺めていたグリフィン糸のジュエリー達。
シンプルで美しい天然石のネックレス。

あそこが私の原点だったような気がします。

皆さまのギャラリー3

木馬館のレッスンにいらして下さる方々の中にも金属アレルギーをお持ちの方は何人もいらっしゃいます。

かつてGでジュエリースクールのデザインをする時も、常にそういう方々のお気持ちに立って考えていました。
まだ冬はタートルネック等の上からアクセサリーを着けるのでいいのですが問題は夏です。

夏にはメタルな留め具を使わないネックレスや、グリフィン糸で繋ぐラリエット等。


私はどなたにも天然石とパールのアクセサリーを楽しんで身に着けて頂きたいと願っています。


さてそんなお悩みを抱えながらもずっとGのレッスンにも通って下さっていたIさん。
特にオリジナルを作るフリーレッスンでは一緒にあれこれ考えながら世界で一つの素晴らしい作品を作られてきました。彼女には独特の美の感覚(意識)があり、御自身の雰囲気に溶け込む様な色彩を選ばれます。

今でも微妙なトーンのアンデシンを見るとIさんを連想する位に。


あれから本を参考に紐を編みながら石を入れこむ技法でアクセサリー作りに取り組んで来た彼女の作品を御紹介致します。




i2.jpg



身に着けた時のバランスをとても考えられています。

i.jpg







アンモナイトだってこんなに素敵な大人のネックレスになりました。
i5.jpg




i7.jpg



i4.jpg



いずれのタイプも紐の長さが調整出来るので、長くもなります。






i3.jpg




「このパールは先生が伊勢丹のビーズコレクションで選んでくれたものです。」なんて言われるとホロリと涙が零れそうなほど嬉しくなります。


こうして今でも誰かの記憶の中に、その時、一生懸命にお見立てしたものと一緒に私も居られるなんて・・・・
幸せな事だなあ・・・・って思うのです。




皆さまのギャラリー2

fトパ


Fさんの作品です。
ビジューなアクセサリーが流行っているので爪留めの周りにキラキラを使ったのは旬を感じますね。
(ビジューってフランス語で宝石という意味だけど最近の流行りではキラキラな感じを指します。)

小沼先生の技法もすっかり習得されて使いこなしています。

チェーンがXmasっぽくて素敵
ジュリアンだそうです。



皆さまのギャラリー1

御無沙汰してしまいました。
ようやく12月レッスンの準備がほぼ出来たので木馬館便りを更新致します。

先月、撮らせて頂いた皆さまの作品を一挙公開です。




Sさんの作品です。
グリーンアメジストのカットを爪留めして2色のワイヤーで市松模様の様に巻いたフレーミング。(koba巻き)

sグリーン






スモーキークォーツはキラッキラに綺麗な子なんだけど画像では上手く伝わらずに残念。
最近は流れるようなねじりのフォルムが彼女の特徴になってきました。とても優雅で美しい。
パールをあしらうと上品さとフェミニンな可愛らしさが出ますね。

sスモーキー






とても美人なラブラドライトにはムーンストーンを合せて・・・・
ラブラドとムーンストーン






ブルーレースに綺麗な色のアマゾナイトを合せたのがハッとしました。
差し色のライトアメジストが効いています。
sブルー






聞き慣れない名前ですがティファニーストーンという石だそうです。
アシンメトリーなデザインとアメジストにペリドットの組み合わせが素敵です。
sユー







これは自然光の下で撮りたかったストロベリークォーツ。
よくイカみたいな模様のソレをこんなに可愛いネーミングで表記してあるモノをお見かけしますがあれは
「イカクォーツ」です。
これは本当にベリーの深いお色で中がキラキラ 下にはガーネットをぶら下げて・・・
この色には絶対にベージュ系が合うのでマザーオブパールの薔薇が素敵です。

まさにXmasカラーで今使いたいネックレスかと思います。
s赤






「お化けの石」というネーミング。
ジャスパーなのでしょう。インパクトのある天然石ですが巻くワイヤーの色や組み合わせを良く考えられています。

お化けの石
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。