スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと忙しくしてます。

fc2_2014-01-27_18-07-02-381.png




香港からパーツが届くといつもワクワクします。
こんな風にラッピングして送ってくれるのですよ。



1月のレッスンを1回だけにしたのは前のページに記載したように、事務仕事が山盛りで、確定申告準備(伝票整理も出来ずに1年間放置)と恐怖の棚卸し作業をしなければならず、同時進行で2月のレッスン準備をやってる最中です。


そんな中、年に一度の大きな仕入れのイベントにも連日通いました。
どんな作品のレッスンになるのかどうぞお楽しみに!

それにしても昨年はいいブルーオパールが仕入れられたけど、今回は白っぽくて断念!
天然石はリピートが効かないのが毎度辛い所です。

妥協せずに一つ一つ選び抜かれた天然石でのレッスンは1回、1回が貴重な出会いだと思ってます。
同じものは2度と手に入らないので……



そして、急遽入った制作の依頼。
う~~ん…頭がパンクでした。


2月のレッスンはいよいよ今週末です。
キット作りの最中に今回使用のアーティスティックワイヤーが全く無いことに気付きネット検索。
うう…あの大きさが何処にも無い!!!


仕方なくついに私も1キロ買いを決断。

そうなるとたかがワイヤーというレベルの価格ではなくなります。


木馬館の自転車操業は今年も続くのでありました。
スポンサーサイト

猫の手

忙しい時に「猫の手も借りたい」と言うけど、実際の猫は寝てるかエサを食べるか肉球舐めてるだけの生態。
何の手助けにもならない。

最近のナナ婆(ウチの猫)は前にも増してゲボをする。
しかも!決まって私の靴の中、またはバッグの中に……

先日は出勤しようとした哲爺が「わ!わ!俺の靴の中にも!」と騒いでいた。

嫌がらせに違いない。

話がそれたけど今の私はそんなナナの手も借りたい日々。

いつものようにレッスン準備と、確定申告の準備(また1年間も帳簿をつけていなかった)で、膨大な領収書の整理をする。そして恐怖の棚卸しが控えてる。ムンクの「叫び」みたいな顔になってる私。
そんな中、本日は別件での急な「依頼」

この話はお披露目出来る時期が来たらまた改めて……とにかく吉祥寺に遠征してきます。
留守中にナナ婆が帳簿つけてくれたらなー。

妄想のオヤジ狩り

一昨日の出来事。


いつも几帳面に「帰るコール」のメールを欠かさない哲爺。
決まって(何時何分の急行に乗りました)という短い文面に私は帰宅時間を想定してお風呂を沸かして晩御飯の準備に取り掛かる。

それが全く連絡が無い。

仕事初めだし、忙しいのかしら?
最初はそう思うことにした。

しかしいつもの帰るコールから40分が過ぎたら頃から妙に心配になった。
何度かメールをしても返信はない。



もう昔の事だけど水天宮の駅のエスカレーターからホームまで転落して、黙ってうずくまってる姿を発見したのは私だった。駅員は怪我の様子を見て救急車を呼ぶと言ってくれたのに結局、拒否した哲爺。



「また転んだか?」
携帯に電話をかけるとなかなか出ない。
事故か事件に巻き込まれたかもしれない……

やだ!……
何度も電話をかける。



ようやく出た!と思ったら呻き声。


(う…う・う………)
それっきりプッツリ切れた。


オヤジ狩り?


お金も無い推定年齢75歳のお爺さんが襲われた!!!
と私は思った。


どうしよー。
どうしたらいいのだろう。

狼狽する私の心臓はバクバクだった。


それからもう電話は繋がらなかった。
う・う…の呻き声が最後の声なのか?
携帯まで奪われたのかも知れない。



1時間待ってみてこのまま音信不通だったら警察に……と自分に言い聞かせる。


もう晩御飯の準備どころではなくなっていた。




それから暫くしてメールが!
「満員電車で電話に出れませんでした。

ナヌッ?!

う…う・う…の声は押しくらまんじゅうだった?

無事に電車に乗ってるなら良いけど…いつもの帰るコールは?静かに忍び寄るボケの始まりなのか………

その頃、お爺さんは呑気に(いつものようにメールしたのに)と履歴を見ていたらしい。


判明したのは、帰るコールを送った相手は会社の同僚の女性だった。
間違えて「今から帰る」とメールされても迷惑な話。


それ以来「ただいま」が聞こえると「どちら様ですか?」と言うことにした。

そして元旦に

また除夜の鐘が鳴った。



2014年が明けた瞬間、哲爺に「明けましておめでとう♪」と言って注意される。
我が家は哲爺の母が亡くなり喪中だったのだ。
そして御正月飾りもなくお節料理も並べない、元旦を迎えた。
お餅を焼いて雑煮を作り、ずっと観たかった昔の映画「スティング」のDVDを再生。
Face bookで友人が「追憶」の曲を載せてくれてから若かりし頃に夢中になったロバートレッドフォードの名画を観たくなっていた。


今日だけは仕事をしないと決めてダラリと過ごす。
すると思いもかけない人からメールが入った。「そっち方面に用事があるから今日行こうか」


息子だった。



あんなに会いたいと望んだ息子のムスメに私は今日いきなり会えるらしい。



何も無いけどそれからバタバタと有り合わせの材料で料理する。
心が踊るってこういう事らしい。





息子は父になって玄関に立っている。
可愛い彼女は妻で母になっていた。
こうしてとても愛らしい小さな女の子が我が家にやって来た。




こんな日が本当にやって来るとは思わなかった……




初めて抱く息子のムスメは小さくて温かかった。時々狭いキッチンにそーっとやって来る様子が何とも可愛らしい。
林檎が大好きだと知り、大切な方から送って頂いた「とっておきの完熟林檎」を出すと大喜びで食べている。



元旦2 元旦3



なんて幸せな場面に自分は居るのだろう…
と…まるで夢を見ているように床に膝を着いて眺めていた。





私………もう少し頑張れるかも知れない!
何か不思議なエネルギーが湧いて来るのを感じていた。


2014年の始まりは「再会」と「初めまして」だった…
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12 02
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。