スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAMARUSANの里親大募集

銀座の樹脂アクセサリーのお店TAMARUSANの田丸姉妹からニャンコの里親探しの協力依頼を受けました。


TAMARUSANは私が一方的に(熱烈に)大好きでとうとうスタッフとして採用してもらった過去があります。
あのお店に居られるだけで幸福だった時間を今でも大切に思っています。


T看板 自分
(銀座5丁目のTAMARUSANにて販売スタッフ時代の私)


あれから9年の歳月が流れたけど、今でもレッスンで皆様に御案内してしまうほど田丸姉妹の作り出す雰囲気が好きです。

今回の里親募集は母猫・仔猫3匹ですが飼ってあげよう!と思うニャンコがいたらTAMARUSANまでご連絡下さい。
母猫の名前はリリー。
仔猫は黒猫・トラ猫・さび猫ちゃん達です。

こちらをクリックしてTAMARUSANのブログを御覧下さいね。
銀座5丁目便り
スポンサーサイト

皆様のギャラリー

どんなに忙しくても、レッスンには必ず新作を!と作って来て下さるSさん。(Fさんもそうですね)


7月の作品はラりマー。
雲の流れる青空や海を想わせます。


7s2


大きなラりマーの爪留めです。

7S33.jpg



ネックの配色の素晴らしい事・・・・・
青い光がゆらゆらしてるムーンストーンとキラッキラのブルートパーズが素敵


7s1

浅草橋クードゥビジュウへの道案内

7月から木馬館レッスンの会場が一つ増えました。
浅草橋クードゥビジュウのショップ内です。


クードゥビジュウは柳橋に移転してからずっとネットショップでしたが今年の6月から待望の実店舗をOPENしました。
広い店内の片隅をレッスン会場として貸して頂いてます。

今後は毎月第1金曜日をクードゥビジュウでのレッスンと致します。
定員は6名様。
レッスン前後はゆっくりとお買い物が楽しめます。


第1回目のレッスンでは皆様道に迷わずにお越しいただけましたが、今後の為に道案内を致します。



浅草橋東口の宝くじ売り場です。
3店並んでるけどやはり1番人気は真ん中の「秀じいの窓口」
今日も長蛇の列です。

宝くじ3


この似顔絵なかなか似てる。
宝くじ1


秀じいにみとれてる場合ではなかった。クードゥビジュウの道案内です。
顔を上げると目の前が人形の秀月と総武線の高架線とカツ丼の「かつや」があります。


道順12

かつやの脇を直進です。

道順11


途中、昭和レトロな建物に涙がチョチョ切れます。

道順10


道順8



路地裏に飲食店が多くありますがここの焼き肉店の冷麺が美味しいと評判の様です。

道順9




浅草橋は本革のお店が多いけどここにも・・・・
ベルトのオーダーの看板
道順7



kawa.jpg



道順6


この革やさんを通り過ぎると間もなくこんな建物が見えてきます。
道順5

東京文具販売健保会館

道順4


ここを右に曲がって下さい。
突然現れるお稲荷さん

道順


稲荷


稲荷2


この稲荷神社のお隣の建物がこれです。一見マンションです。きっとマンションなのですよ。

道順2

見上げれば看板が・・・・・
看板


浅草橋産業会館と言う名称です。

入口


ここが入り口。
管理人のおじさんがいますがそのまま進んでエレベーターで2階へ。

会場入り口


お店の入り口です。
レッスン7



レッスン6

駅からの所要時間は4~5分です。



皆様のギャラリー

レッスン6

先週は新しい会場でのレッスンがスタート致しました。
詳しくは「ねむの木のテラスから」に掲載しておりますので御覧下さいね。


この日のレッスンで撮らせて頂いたFさんの作品を御紹介致します。
素敵な作品を制作されてる作家さんにインスパイアされて作ったトップ・・・・・そして彼を尊敬して御購入されたヘッドに合わせてネック部分を作った作品などです。



横浜ビーズアートショー以来、すっかり話題の(北のワイヤー王子)こと誠士朗さんの作品です。
実物を見る事が出来た、レッスンを受けられたと言うのが今回大きく広まったきっかけだと思います。


ところでコレ、よくぞ似たテイストの留め金具があったものだ・・・と何だか感心。(笑)

7S1.jpg



誠士朗さんの作品に合わせたネックですね。
7S2.jpg



こちらはインスパイアされてFさんが頑張った作品。
7F1.jpg




ジュリアンアワーですね。
夏らしい涼しげなビーズだと思います。
7F2.jpg

ガラスフィルムでプチリフォーム

昨年秋にマンション通路側に面した仕事部屋の窓に視線をさえぎるようにガラスフィルムを自分達で貼った。
これに和紙の様に柔らかなブラインドを下ろして日中を過ごし、夜には遮光ブラインドを下ろす。


G8.jpg



ある事がきっかけで遮光ブラインドを下ろしたままの生活が2カ月近く続いた。
一日十数時間をこの仕事部屋で過ごす私には想像を絶するストレスとなった。


本当はブラインドを上げて外の光を感じながら作業をしたい!
ガラス窓交換となると高額で大袈裟な事になるし…

ネット検索すると、すり硝子の様な、あるいはグラデーションになった圧迫感の無いガラスフィルムがある。
勿論、自分で貼れば安上がりなのは分かっているけれど今回はきちんとしたプロにお任せしたいと考えた。実は画像の市松模様のフィルムは冬を越して(結露で)ペラペラに剥がれかかっている。


ガラスフィルムと言っても多種多様で施工業者も沢山いるけれどその膨大な中から私が選んだのは1社。

問い合わせの対応が早かった。
見積もりを出す前にマンションの管理組合の許可をもらわなくてはいけない。


どんなフイルムを選べばいいのかも分からないので直面している悩みと、漠然としたイメージを伝えるとこの業者はすぐに適切なサンプルを手配して送ってくれた。

G10.jpg


このサンプル帳がスゴイ!初めてガラスフイルムの色々が分かったし、実寸のフィルムのロールサンプルは窓ガラスに仮止めして光の透過の様子が確認出来た。 こういう迅速な対応やアドバイスは素人にはありがたい。

それでもマンションの管理会社から許可が下りるまで半月程かかった。
一方、業者は現場調査にまで来てくれてサンプルを当てながら親身になって相談に乗ってくれた。



こうして昨日ようやく施工となりました。
準備の良さとプロの手際には驚くばかり。


G3.jpg


夫婦で一生懸命貼った市松模様のフィルム・・・・あんな貼り方では根本的にダメだったのね~。


ビフォー(北側寝室)
G7.jpg


アフター
G6.jpg

「採光」と「プライバシー」の保護実現。




こちらは通路側から仕事部屋を確認。
部屋の照明はぼんやり分かるけど動作までは見えません。
画像では分かり辛いけどフィルムはグラデーションタイプ。
G2.jpg


悩みを抱えるまでは和紙のようなブラインドで明かりを取り入れてたけどこれからはそのブラインドさえも上げて生活が(仕事が)出来る!
プチリフォームでようやく私の気持ちが解放された。




Filting(株)
1級フイルム施工技能士の金子さん
G1_edited-2



プライバシー保護用の他、防犯窓ガラスフィルム・地震対策等、色々と種類があります。
フィルティング(施工例が見れます)





皆様のギャラリー2

続いて御紹介するのはSさんの作品です。


s大


こういう作品は自然光の中で(私がこの石の中に入りたい)って・・・ウットリしながら撮りたいものです。
ピエトラ三姉妹と呼ばれている(?)オパール嬢・下のお二人はスフェーン嬢達を使った贅沢三昧な美しいネックレス。
爪留めの基本を活かした縦に天然石を魅せるデザインが素敵です。



こちらもSさんの作品です。
流れる様なワイヤーのラインがとてもエレガントです。
主役の石を最大限に美しく見せる脇役達の色彩とセレクトにも溜息がもれました。

07s1.jpg


07s2.jpg



皆様のギャラリー1

6月のレッスンで素敵だった皆様のオリジナル作品を御紹介致します。



こちらはKさんのラリエット。色とパールのニュアンスがとてもいい
パールは必ずしもテリテリだけが良いとは思っていない私はこういう雰囲気に心惹かれます。

ラリエット1 





こちらは別のKさんの作品です。
ベースは昨年夏のレッスンのモノですが木のお花をオリジナルで作って取り外しが出来るデザインにしています。
k1.jpg



ビーズでフレームを作ってエレガントな雰囲気に・・・・
k2.jpg


裏面も見せて頂いて・・・なーるほど。しかもアクセントになりフリンジ? 部分は革紐もあしらってこちらも取り外しができるのです。

k5.jpg



横浜ビーズアートショーの1000円パックに入っていたと言うこのチェーンのジャラジャラフリンジは実は私が誤ってパック詰めした「サンプル」の一部です。
日々バタバタ・しっちゃかめっちゃかの木馬館ではこの様に1000円パックにとんでもないモノが混入されてしまい本人全く気付かずの事が多発しています。本当に!!!(色んな意味でお買い得ですよー。)

k4.jpg

ひたすらパールの穴開け

7月に入りました。


いよいよ今週土曜日は7月レッスンの初日です。
連日のキット作りも終盤を迎え、後はテキスト作りとこのパールの穴広げとなりました。



一粒・一粒を左右から1.6㎜に広げるのですが・・・・
いくらパールドリルのお世話になるとは言え、音もウルサイので窓を閉め切り腰をかがめての長時間作業は腰痛持ちには堪えます。
蛋白質を焦がした臭いと粉塵で部屋は真っ白に。(私はヤマンバです)
さすがに二百数十個ともなるとドリルを何本も交換しないとダメになるのです。


パール2

カンカンに熱くなる機械を休ませ.休ませ・・・・・
私の腰もダマしだまし・・・・・


パール1


いきなり1.6㎜でやるとパールは欠けるしなぁ・・・・・



今回は土曜日がづくリンクでのレッスンだったので、留守の1日と日曜日も哲爺がキット作りに協力です。
すっかり手慣れたものでチャチャッとワイヤーを計ってはカット、サクサク巻いて量産する手際の良さに驚きます。
給料の出せない家内工業って感じ?



- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
06 08
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。