スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽坂巡りと「ゆくりな」


木馬館 便り - 時計草と「ゆくりな」



6月の木馬館便りです。
この時が「神楽坂ゆくりな」との出会いでした。


神楽坂ゆくりなブログ
こちらをクリックして御覧下さい。ディスプレイの様子が掲載されています。


木馬館の完成品アクセサリーのお取り扱いが始まりました。
これまでの木馬館ではレッスンでキットを御購入頂いて御自分で制作するスタイルでした。
でも作れない方々の御要望も多く、けれど現状ではネットショップを運営する余力はありませんでした。


人との出会いも、お店との御縁も不思議なものですが乙部なるみさんのポストカードに引き寄せられてここに来ました。


現時点では唯一の木馬館のアクセサリーを販売してるお店ですので「ねむの木のテラスから」に掲載して来た作品も何点か並べて頂いています。
とてもお洒落なルーペはパールのネックレスとして新たにデザイン致しました。
ブローチやピアスまたはイヤリングも多数納品しています。

是非一度、神楽坂巡りを楽しみながら木馬館のアクセサリーに触れてみて下さい。
乙部なるみさんのポストカードも常設、オリジナルバッグもオーダー出来ますよ。
また古くて袖を通せないけど想い出の詰まった紬などの御着物から小物バッグなどもオーダー出来る様です。
シンプルだけど御年頃の私達が来ても綺麗なシルエットになるチュニックもとても素敵です。


神楽坂の赤城神社はガラス張りでモダンな神殿とカフェがあります。

鳥居

境内
境内右手のデザイナーズマンション(ラストシンデレラのロケ地)の1階がおみくじ売場とカフェ


とても美味しいチーズの専門店アルパージュ

チーズや_edited-1

チーズや2
チーズ初心者の私はいつもお店のスタッフに相談して買っています。


路地には面白いお店があって神楽坂巡りは楽しい
猫の郵便局_edited-1

情緒ある古い街並みには和菓子やさん
ワイン好きにはたまらないビストロ
古くてモダンで新しいが混在した、面白い街です。


スポンサーサイト

9月になって……

秋の気配を感じながら9月のレッスンがスタートしました。

10月レッスンのお申し込み日は9月20日土曜日です。
現在急ピッチで作品を仕上げているので掲載は来週半ばとなります。

それから木馬館の完成品アクセサリーをお取り扱いするお店が決まりましたのでお知らせ致します。

神楽坂ゆくりな」と言う小さなセレクトショップです。


気になってたけど作るのは苦手……
そんな方は是非「ゆくりな」でお選び下さいね。


11月は横浜ビーズアートショー出店の為、レッスンはお休みします。
今回は新作キット他、過去の試作品やサンプル等、懐かしいものやレアな「完成品」も出す予定です。

どうぞお楽しみに♪


さて今夜から山形に行って来ます。
最近本当に老いたな……と感じる両親と家族の時間を作って来ます。


ベランダの時計草が今頃、沢山の蕾をつけました。
留守中に次々と開花?と思ったら昼にはいくつも開いてくれて……

嬉しい9月の午後でした。
皆様も良い連休をお過ごし下さいね。







神楽坂ゆくりなへの行き方はこちらをクリック。
神楽坂ゆくりな

漢字で感じる。

久々に晴れ渡った青空には夏の終わりの入道雲と蝉時雨。

田園都市線の車窓から未だ盛りの紅いサルスベリの木々が流れるように見えました。


音で聞くと滑稽だけど猿も滑る程ツルンとした木肌。
100日紅い花を咲かせるので漢字で書くと「百日紅」
濃い桃色よりもライラックのような薄紫色の百日紅が好き。

先日、友人に連れられて行った東京駅の前にある骨の博物館のインターメディアテク。

昔の理科室のような雰囲気が漂っていた。
昆虫の標本
蜥蜴や蛙に蛇の骨
猫・鼬・鼠の骨
あらゆる動物達の骨格標本の中で惹かれたのが蝙蝠だった。
ミリ単位の白くて美しい肋骨の造形と小さな頭蓋骨…翼を広げた状態のシンプルな骨
華奢な脚。

欲しい!本当にそう思った。

剥製・植物・薬草・鉱物ここにはあらゆる標本がある。
鉱物の前で足が止まった。

全てが和名の表示なので、お馴染みの天然石達が違って感じる。
漢字で書くとなんて素敵なんだろう。

ラピスラズリは瑠璃
フローライトは蛍石

色鉛筆だってどの色にも和名がある。
鶯色に萌木色

オレンジ色じゃなくて橙色

世の中カタカナが溢れてそれが当たり前に蔓延してるけど漢字で感じて心に響かせるのも素敵。






さてオリーブを漢字にすると?















- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
08 10
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。