スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キモイ目玉の理由(ワケ) 2

それは浅草橋レッスン前日の夜の事だった。




長年お付き合い頂いてるお客様のMさんから「チケットもらいました。新橋演舞場です。宜しかったら御一緒にいかがですか?」とのお誘いメール。


木馬館時代に(高校生軍団)と呼ばれていた可愛い高校生達も今や48歳のオジサンになる。
その中のカップルがやがて結婚してその息子がジャニーズに入ったのは知っていた。
随分と前の事である。
パパはかつて確かにジャニーズ系の雰囲気だったし、ママはトシちゃんのファンだった。
あの二人の息子がジャニーズに入るのはとても自然な事だと思っていた。


それを知っていたMさんが親切に「〇〇君も出るので・・・」と私をお誘いして下さった次第。


だ~~~がこの時、私はチケットのタイトルで鼻血ぶーっ(死語)だったのだ
ど・ど・どうしよう…舞い上がる私。













私の人生の中で出会った人々がSMAPの追っかけをしたり、KinKi のコンサートに命を懸けるのを涼しい顔して見送って来た。
恵比寿ガーデンプレイスで怒涛のデビューステージだったKisMyFt2も他人事だったし、ジャニーズの誰かに夢中になれる人が羨ましいとさえ思っていた。






でもそれは自分で封印していただけの事。







「先生、お忙しいからどうしますか?」心は既に禁断の想いから解かれようとしていた。




心臓がバクバクしている。
間もなく目玉の毛細血管が切れる。








そして昨日。
東銀座に降り立った。



うねめ橋
橋






後50m
マチ





バクバクこんな所に公園
公園
公演終了後、この公園は溢れんばかりの女性達に占拠される。追っかけ達の待ち伏せ場所らしい。






後、30m・・・
もうすぐ







着いたぁ~
ここ













じゃかじゃ~~ん
これだった.



タッキーと


「木曜の怪談」タッキー13歳。(娘と同じ歳)な~んて可愛い男の子と思った。
それから「魔女の条件」で自分が松嶋菜々子になりて~と思い、やがて「義経」に。

だからと言って待ち受け画面にする事も無く淡々と今日まで人には言わずに生きてきた。


免疫のないオバサンが生タッキーを観たらどうなるか。
プロローグから「ドキドキしてきたぁ~」と独り言。母の様に微笑むMさん。


タッキーもいいけどビックリしたのは高校生軍団の息子だった。
大役と最高に良いポジションをもらっている。
君はパパとママの夢を超えて頑張って来たんだね・・・・・・・・・感無量だった。




舞台は日本の四季の美しさを豪華絢爛に魅せる。


ジャニーズファン必見の見せ場は上半身裸の彼らが総勢で和太鼓を激しく叩くシーン。

タッキーが最後に逆さまで太鼓を叩く場面は圧巻!(腹の筋肉が割れてる~!鍛え抜かれた肉体美ってまさにこれだ~)

滝沢歌舞伎や義経は一瞬たりとも飽きさせない七変化と息を飲む殺陣でこれぞ和のエンターテイメントと思わせる舞台だった。
宙づりタッキーが私達のいる2階席近くにゆら~~りと来た時は、反対側の目玉の血管が切れるかと思う程ドキドキ感が・・・。オバサン失神しちゃいそうです。



Mさんは隠れファンとは知らずに誘って下さり「ビックリした~。でもお誘いして本当に良かったです~」
彼女に心から感謝して別れる。






中央林間に着いてもまだ夢から醒めない状態で駅の駐輪場から自転車を出した。
鼻歌交じりに爽快にペダルをこぐ。



しばらく走っていたらいきなり警官に呼び止められた。


「ライト点けて下さい!」
 あ!ウッカリしていた。浮かれていたのだ。
「はい!降りて!」  (え~?なんでやねん)
「コレ防犯登録してますか?」
「もちろん!」
「調べさせて頂きます」(はぁ~~~????盗難車をこぐおばさんとでも?

警官は無線で私の登録ナンバーを読み上げている。

脇を通る自転車族が皆、好奇の眼差しで見ていた。







これが滝沢演舞城のオチとは・・・・・・・・




















スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2013.04.26 (13:32) by () | [編集]
ありがとう!
早速、お越し頂きましてありがりうございました。
文字、直しました。


案の定、昨夜は寝付けませんでした。(笑)
免疫無いので大変なこっちゃです。


遂に禁断の扉を開けてしまいました。


これからはタッキーの為に生きて行くと思います。



Posted at 2013.04.26 (13:52) by mako (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2013.04.27 (00:19) by () | [編集]
遍歴
今、山形に向かう車の中でタッキーと同じ年の娘に言われてたんです。


「そーいや、昔からママはタッキー好きだったよね。でもその前は岡本健一。」

ぎゃあ!
そうだった!
岡本健一


岡田くんもヤマピーも憂いを含んだ雰囲気がいいなって思ったりもします。

私もアツくはなれないのでドラマを見てなんとなーく漠然とでしたが。


が…今回ばかりはヤバい。炎上!

Posted at 2013.04.27 (00:39) by 管理人宛てさんへ (URL) | [編集]
私も岡本健一のファンでした★舞台のお芝居をよく観に行ってました。今も舞台でのお芝居に出てますねぇ!
Posted at 2013.04.29 (04:36) by まさこ (URL) | [編集]
まさこさんへ
そうだったんですね~。まさこさんも岡本ファンだったんだあ。

男闘呼組。
今はみんな親父組。
自分の息子がジャニーズですものね。

この時代も私は胸に秘めてひっそりと(素敵)と想っていました。

今回初めてタッキー舞台に行き、自分よりも上の世代の方々が楽しみにいらしてるのを見て安心したんです。

いくつになっても素敵!って思う気持ちが大事なんだな……って。
Posted at 2013.04.29 (07:22) by mako (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。