スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戯言

久々に朝から情報番組を観たらこれが面白かった。


〇〇男子と言うのが流行ってるらしい。

「ヘビ顔男子」
★顔が小さい
★目が細くて離れ気味
★鼻と口が大きい
★冷たい感じがする

綾野剛や長谷川博己、大沢たかおなど今とても旬な俳優達の顔をそう呼ぶらしい。
なるほどね~。

そんなヘビ顔男子がクシャッと笑った瞬間やセクシーな表情をした時に世の女子達はそのギャップに胸がドキューンとなるとの事。


次の話題は「デリ男子」
白金の「お好み9」と言うお好み焼きデリバリーの男子達がイケメン揃いらしい。
黒いライダー風のユニフォームがビシッと決まっていてカッコイいい。

180センチ以上のイケメン男子が宅配してくれるとオバサン達は…おっと女子達は玄関先でお財布を握りしめたまま「きゃあ~」と浮き立つようだ。


なるほど~


アイロンをかけながら携帯で検索してみる。
「お好み9」の求人募集にはどういう条件が記載されてるのか知りたかった。

普通だった……
記載出来る訳がない。


◆顔がいい
◆身長180センチ以上
◆スタイルがいい
そんな条件載せたらエラい事になるのは必至。

イケメンかどうかは面接で判断なんだな。


大和市にデリバリーしてくれないかなあ。
でもイケメンじゃないのがピンポーンしたら私は玄関で暴れる。
「この詐欺~っ!」って叫ぶ。







ところで遂にスマホを新規に購入した私。

ガラ携に愛着があるからこちらはお客様との御連絡用に大切に使う事にした。

巷で耳にする「スマホの調子が悪い。メールが出来なくなった~」
が最も恐ろしい事態となるから。
(長い事、迷ってきたのはここ。)


さて、機械音痴のアナログオバサンがスマホを使いこなすまでは大変な道のりになりそうである。
しかし小さなパソコンを持ち歩くのだから移動先の電車内でブログを鮮明にチェック出来るのは嬉しい。

docomoの「羊の執事」が画面でウロウロ。
指でタッチして話しかけると答えてくれる。

先ほどの「ヘビ男子」を声高に聞いてみた。
(普通に喋ればいいのに。)

「ヘビ男子」
すると画面には……

 ヒビ完治? 
と出た。笑ってしまう。
聞き取りにくいとメチャクチャな答えが出てくる。

アイロン掛けはどうした?「羊の執事」と遊んでる場合じゃない。早く家事を終わらせて仕事しなければ6月レッスンが間に合わなくなる。


あ!今週土曜日の成城レッスンの御案内も送らなければならない。


取りあえず文章だけをガラ携に作成する。
携帯の文字は一字打てば先に先に熟語がでてウッカリすると意味不明なメールを知らずに送信している事がある私。

それでなくてもレッスンの御案内を間違えて、未送信内に入れてあった「祖母のお墓参り」記事を送ってしまった過去がある。

タイトルだけは正しかったので送信済みメールの確認では気づかなかった。

慎重に!慎重に!



最後に念入りに確認をした。



★五月のユナカイト

………と打ったはずだった。



しかし………


そこには…………







 ★五月病のユナカイト 


違う!違うよ~~~
\(◎o◎)/!







送信しなくて良かった。







スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

知らなかった!
「へび顔男子」と言うんですかぁ~綾野剛ファンには悪いけど、かっこいいとは思わないのですが、どうして人気なのかわかりません?
まあひとそれぞれ好みが違うので・・・
スマホデビューしたんですね~がんばって下さい。
そのうちLINEもダウンロードして下さいね!!
無料なのでLINEメールしましょう♪
Posted at 2013.05.21 (17:19) by Nanakoko (URL) | [編集]
Nanakokoさんへ
今朝はテレビ見ながらアイロンかけて世の中の勉強になりました。

「ヘビ顔男子」(笑)

そしてスマホ触って更に「死語辞典」なる本を知りました。
年代別にオヤジたちが使う死語を御紹介!

上司と驚くほど心が通うと書いてあります。
さわりを読んで爆笑。
耳がダンボ……私よく使うけど死語でした。

哲爺語録満載みたいです。アベックとかね。(笑)

今日は世界が広がりました。
Posted at 2013.05.21 (17:36) by mako (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。