スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の12月  リース作り

振り返ればいつも「うう・・忙しい!!!と走っていましたが、今年の秋は人生で最も「怒涛の日々」でした。

色んな事を後回しに突っ走って来ましたがようやく12月に入ってから少しづつ自分時間を捻出。
まず最初はキット作りをひとまず休憩して「リース作り」に行って来ました。



尾山台でお花屋さんを営んでいるクニさんのフレッシュリースのレッスンを予約。
クニさんは昔、木馬館時代に通ってくれていた女子高生です。


その時にお付き合いをしていた大学生のツンタ君と一緒になりました。
ツンタ君は木馬館の御近所に住んでいて高校生の時から毎日、来てくれていました。
だから私には二人とも可愛い可愛い大人。家族じゃないし友達と言うのでも無くて・・・上手く表現が出来ないのだけれど。
なかなか会えなかった二人とこうしてリースを作りながら一緒に過ごせた時間はとても楽しかったのです。






カレン1




Xmas前の時期だったので赤い色使いが素敵でした。
店内2




リース2





店内3





ツンタ君はこだわりのユーズドのトレーナーやTシャツ生地でワンコ服を作っています。
ワンコの大きさや体形に合わせたオーダーメイドなのでカッコいい素敵なお洋服に仕上げます。

店内1


わんこ服



ツンタ君
カレン1





お店の花揃えもとても素敵
花1




古民家の欄間をドアに使うセンスが光ります。
ドア2


このお店はあの、はらドーナツの原型らしく最初に作ったここを基盤に展開して行ったそうです。
ドア





さてさてどんな感じのリースにしよう?悩みました。
リース4



針葉樹とあざみの花・松ボックリ等を組むリースに決定。
クニさん先生から経験を活かした作り方講座を聞きながら開始です。
針葉樹やユーカリの香りはまるで森林浴をしている様な癒しの空間に・・・・
制作2




生徒は2名限定なのでとてもわかりやすいレッスンです。
こんなリースも作りたかったなあ。
リース1






そして完成した私の初作品はこちらです。感激
リース_edited-1





お持ち帰り用のラッピングをして頂くとまるで売り物みたいに見えます。
リース5






クニさん・ツンタ君、ありがとうございました。
店主




お花は嬉しい記念日は勿論のこと、悲しみに暮れてる方に贈る事もあります。
そんな時もここなら絶対!って言うセンスでアレンジしてくれるお花屋さんを知っているといいですよね。
以前とても御世話になった方へのお悔やみのお花もここでお願いしましたが素晴らしい組み合わせで作ってもらいました。

そして娘は私が何も言わなくても自分でウエディングブーケをお願いしていたのです。


Currenは木馬館便りのリンク先から見る事が出来ます。




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

先生のリース素敵です。流石~

カレンさんのhpは先生のリンクから拝見していますが、本当に素敵なお花、アレンジ、お店の雰囲気にi-233見惚れていましたけど、クニさんもステキな方ですね。
Posted at 2014.01.02 (02:32) by マキ (URL) | [編集]
ありがとう♪
初めてのリースをお褒め頂き、ありがとうございます。
X'mas前になると街にはリースが沢山出回ります。
フェイクもみの木よりは本物がいいと思ってたので、タイミング良くcurrenのレッスンに入れてもらえて幸せな一時でした。
マキさんの家からは尾山台は遠いけど今年の冬にレッスンが有ればお薦めします。
Posted at 2014.01.02 (10:09) by mako (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。