スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして元旦に

また除夜の鐘が鳴った。



2014年が明けた瞬間、哲爺に「明けましておめでとう♪」と言って注意される。
我が家は哲爺の母が亡くなり喪中だったのだ。
そして御正月飾りもなくお節料理も並べない、元旦を迎えた。
お餅を焼いて雑煮を作り、ずっと観たかった昔の映画「スティング」のDVDを再生。
Face bookで友人が「追憶」の曲を載せてくれてから若かりし頃に夢中になったロバートレッドフォードの名画を観たくなっていた。


今日だけは仕事をしないと決めてダラリと過ごす。
すると思いもかけない人からメールが入った。「そっち方面に用事があるから今日行こうか」


息子だった。



あんなに会いたいと望んだ息子のムスメに私は今日いきなり会えるらしい。



何も無いけどそれからバタバタと有り合わせの材料で料理する。
心が踊るってこういう事らしい。





息子は父になって玄関に立っている。
可愛い彼女は妻で母になっていた。
こうしてとても愛らしい小さな女の子が我が家にやって来た。




こんな日が本当にやって来るとは思わなかった……




初めて抱く息子のムスメは小さくて温かかった。時々狭いキッチンにそーっとやって来る様子が何とも可愛らしい。
林檎が大好きだと知り、大切な方から送って頂いた「とっておきの完熟林檎」を出すと大喜びで食べている。



元旦2 元旦3



なんて幸せな場面に自分は居るのだろう…
と…まるで夢を見ているように床に膝を着いて眺めていた。





私………もう少し頑張れるかも知れない!
何か不思議なエネルギーが湧いて来るのを感じていた。


2014年の始まりは「再会」と「初めまして」だった…
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.01.02 (02:20) by () | [編集]
管理人宛てさんへ
一つ、一つ、ありがとうと感謝したらああいうカードになりました。

何かをきっかけに生き方が変われたのは素敵な事です。
楽しいと感じる気持ちがとても大事。



私事ですが痛くて病院に行ったら「顎関節症」でした。
知らず知らずに「歯を食い縛って」生きて来たようです。(笑)

嬉しいコメントをありがとうございます。

Posted at 2014.01.02 (10:40) by mako (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.01.02 (17:13) by () | [編集]
管理人宛てさんへ
コメントありがとうございます。

「親孝行」は謎ですが……唐突な来訪も彼なりにここらで孫に会わせようと決めたんだなぁと受け止めました。
私を筆頭に不器用親子なんです。

でも…とても嬉しい出来事でした。

Posted at 2014.01.02 (21:39) by mako (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.01.04 (23:19) by () | [編集]
管理人宛てさんへ
こちらへのコメント嬉しく読みました。
ありがとう。

ずっと見てきてくれた貴女にはきっと手に取るように伝わっていると思います。

家族だからこそ心に食い込むメッチャしんどい事があります。いっそ他人なら割りきれる事もそうは出来ない。
現実は厳しくて私の望む「食卓」はまだまだ遠い……。

いつかその日が訪れますように。


Posted at 2014.01.04 (23:41) by mako (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。