スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリーを聞きながら





fc2_2014-02-22_13-38-35-715.jpg



ずっと多忙で行きそびれていたお墓参りに鎌倉霊園に向かっています。

車中で聞くのは懐かしい昭和の「沢田研二A面コレクション」
デザイン学校時代の友達が年末にくれたCD


すっかり忘れてたけど10代の私はジュリーに心ときめいて過ごしていた。

セピア色に褪せていた遠い昔の記憶が
ジュリーの歌でよみがえる。

この「時の過ぎ行くままに」のジャケットを見て胸のずっとずっと奥がキュンとした。
そう、確かあれは1975年に放送された3億円強奪事件をモチーフにしたドラマ「悪魔のようなあいつ」の主題歌で憂いを秘めたジュリーが主役。

17歳の乙女はイチコロだった。
当時のBFがジーンズにサスペンダーをして髪を伸ばし始めた。
格好ばかり真似たところでジュリーにはなれないのに。


そして沢田研二はあの時代を上り詰め、数々のヒット曲を残す。


デザイン学校の同じクラスになんちゃってジュリーがいた。
新曲の度に何だか似たような格好で登校するのが笑えた。
「Lave 抱きしめたい」の時には怪我もしてないのに手に包帯を巻いて革風なコートを着て来た。
そして卒業式にはお見事にやってくれた、そのまんま「カサブランカダンディ」

ストローハットにネクタイとジャケット。お決まりのジーンズ。
確かあんなリアクションで卒業証書を受け取るパフォーマンスで会場を沸かした。





そうして皆、別々の道を歩んで行った。











スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.02.22 (21:38) by () | [編集]
管理人宛てさんへ
コメントありがとうございます。
木馬館にいらしてくださり、「出来そこないの目玉焼き」や「人参ケーキ」を御存知の貴方様はどちら様???


ここを見つけて下さった事も嬉しいですし、何よりも昔、木馬館に来て下さった方からのコメントが感激です。
お名前を聞いてもわからないかなあ。
Posted at 2014.02.22 (21:49) by mako (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。