FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏屈チャーちゃん③

虚弱なチャーちゃんは小学校に上がってもあまり友達と関わるのが得意では無かった。

部屋には父親が買い与えたウルトラマンや溢れんばかりの怪獣達にミニカー、さらに鉄道模型まで揃い、さながら玩具王国が出来ていた。
外で遊ぶより部屋にこもって怪獣やミニカーと遊ぶのが好きな子供…大人になる原形ってこういう時期に作られると私は後に思う。


ある日、珍しく友達と遊ぶ約束をしてして学校から帰ったチャーちゃん。
友達が迎えに来た時には失踪していた…。
家から出た気配がないのに居なかった。
友達はあきらめて帰ったけれど家族は青くなってチャーちゃんを探す。
私はまさか…と思いながら洋服ダンスを開けてコート類を寄せて覗いてみる。

居た!

息を潜めたチャーちゃんが隠れていたのだ。


友達と出来心で約束したものの…実際に迎えに来られてタンスの奥深くに消え入りたくなったらしい。








あれから何十年が経ったのだろう…

弟はピーちゃんに騙されて沢山の借金を抱えた。
まともな恋愛を経験する事もなく、一人でマッチ箱の様な賃貸家屋に住んでいる。
細々と真面目に金型加工の仕事をしながら精一杯生きている。
唯一の[家族]だった猫のチャーちゃんが死んで……

時々私は弟の生存確認をする。


明日チャーちゃんに[奇跡]が起きる。
一切の拒否を繰り返してきたチャーちゃんが電車に乗って私達と出掛けるのだ。[どうやって切符を買うのか][何分乗ったら駅なのか]脅えていた。

ドタキャンせずに本当に駅まで来れたら私はこの弟を誉めてあげたいと思っている。






そして弟は2月の空の下がどんなに寒いのかも分からず・・・フリース1枚でガタガタ震えながら約束を守った・・・・。奇跡は起きた。
burogu.jpg


スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

チャーちゃんに奇跡よ起これ!
兄の一人娘Mちゃんは三十年前、アーモンド色のおめめと少し赤い髪の毛の三歳の女の子。
その愛らしいお口から言葉がなかなか出てこない。
愛らしいまま三十歳になっても、その可愛いお口から言葉が出てこない。

私があげた小さなプレゼントも大切に持っていてくれる。
おじいさんの晩酌をお盆に乗せて差し出す優しいMちゃん。

「お、ば、ちゃん」私にははっきりと聞こえる。
小さな奇跡の積み重ねが幸せを運んでくれる毎日です。
Posted at 2009.02.11 (07:57) by スノードロップ (URL) | [編集]
スノードロップさんへ
小さな奇跡の積み重ね…
優しい気持ちになれる幸せですね。


弟にも奇跡が起こりました。
横浜の山手を一緒に散歩してきました。
Posted at 2009.02.11 (23:21) by mako (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。