FC2ブログ

送られてゆく人

とうとう逝ってしまった…

いつもにこやかで優しいTさんの最愛の奥様。
生前、花が好きな方でTさんは藤の季節には藤の花で有名な公園に連れて行ったりされてた。
肺癌を患ってからは献身的に看病されてきたのを知っている。


昨夜の祭壇はピンクや白の花がそれは綺麗だった。
故人の為に精一杯のアレンジをされたのだと…彼の愛情を感じた。
近年、棺のお顔を拝見する事も無かったけれどこの度は拝ませてもらい…まるで眠っているかの様な自然なお顔に感銘を受けた。ふ…と目覚めて語りかけてきそうな…

死に化粧については[送り人]を観て以来、自分に置き換えて考えてきた。

生前の私らしい自然な顔にして見送って欲しいと…
場末のスナックのオバサンにはしてくれるな!

そして病んで生気が無くなる前に、最も自分らしい遺影を撮ってもらうのが希望なのである。

これは以前見たドキュメンタリーで知った。
この写真館で夫婦の遺影を頼みたいと思いながら数年が経過。

何にしても連れ合いを亡くすと言うのは辛い。
覚悟をしていても諦めきれない。



深夜、哲爺の寝顔を見て心から祈った。
(どうか私を置いて逝かないでね。
私を見送ってから…だよ。約束だけは守ってね)




スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク