スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水着

帰りの乗り換え駅のデパートで水着が目に留まった。実は来月に「失踪」計画を企んでいる。
妄想を現実にするにはそれなりの覚悟と勇気が必要だ。

水着…買っちゃおうかな…
どれも大胆で自分の趣味に合うモノが無い。
ケロッグコーンフレークのキャラみたいなアメリカンポップな水着が楽しい。
デニムのショートパンツがセットになって上はワンピっぽいのも露出してなくて気に入った。色もいい。
ただ鏡の前に合わせる勇気も無くてそばにいた店員さんにサイズの確認をしてみた。
彼女は明るく爽やかに「お子様のですか。」
一瞬にして固まる私。
「……あ…はい…」
(はあ、鏡に合わせなくて良かったあ!)
そうだよなあ。もしかしてこのシリーズは中高生向けなのかも。孫のいる私が着たら頭のオカシイおばさんに思われても仕方が無い。

水着はあきらめて地下で晩御飯の買い物をして電車に乗った。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

黒のフリフリは 
数年前の二の舞になりませんように…
Posted at 2010.06.11 (21:43) by (URL) | [編集]
それを知っているのは……
身内しかいません!

当時はコスプレ呼ばわりされたあの水着姿。
あれを着て自転車でこけて大怪我したんだわ。
だから今度はケロッグよ。悪い?!!(開き直り)
Posted at 2010.06.11 (22:04) by mako (URL) | [編集]
秋冬準備、お疲れ様でした。
やっと解放されたんですね。8月からのスクールもとっても楽しみ。今度は先生の撮影したパンフレットの写真も楽しみです。
私のアクセサリーは、先生の作品だけで十分なのに、今日もあれから浅草橋でしこたま買い物をしてしまいました。v-12 霞がかかってちっとも具体的には見えてこない妄想(先生のとは違う…)が湧くのです。

「クードゥビジュウ」行けましたm(__)m チェーンを8本含めパーツ類。その前には「ビーズラウンジ」がセールをしていて、石を。3件目に念願の「貴和製作所」へたどり着いたのが6時。本店で6時30分になってしまい、浅草橋支店は8時までやってますよと言われ、駅を越えた浅草橋支店に向かったら、その手前隣に「パーツクラブ」なる洒落たお店が。貴和に行く前に寄ってみようと思ったら、そこで8時過ぎてしまいました。
浅草橋駅の貴和本店の反対側は行った事が無いくせに、てっきり新しく出来たお店かと思い、店員さんに「最近できたお店ですか?」と聞いてしまい、「いえ7年前からやってます」と言われた。2年前にリニューアルしたそうですが。新参者のくせにバカな質問をしてしまった。
でもパーツ・石、安かったですv-10   疲れたー(+_+)

来月は“失踪”するんですね。羨ましー 命の洗濯してきたら、お話し聞かせてくださいね。写真も楽しみにしています。たくさん見せてください。
是非是非、ケロッグコーンの水着姿の写真も見せてください。
タクイトル「水着」のブログを読んで、先生なら似合うだろうなーと思いながら読んでいたら、そんなオチがあるとは! ひどい店員さんですね。v-217
Posted at 2010.06.12 (23:27) by マキ (URL) | [編集]
マキさんへ
ありがとうございます。ひとまず…長かった束縛から解放されました。
自分のやりたかった事がいっぱい!

浅草橋に行くと時間の感覚なくなりますよね。
ちょっとのつもりが結構な時間に。
あの街は時間が屈折してるんじゃないかと思います。(笑)
色々買えたみたいですね。
フリーレッスンでお待ちしています。
Posted at 2010.06.14 (09:52) by mako (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。