スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色鉛筆

ファーバーカステルの120色をついに買いました。
テキストに色を塗る名目だと自分に言い聞かせて「清水ダイビングクラブ」です。
前回のテキスト作りの時に使ったのは18才の時に買った色鉛筆。ほとんど必要な色が無くなっていた。
鉛筆は長い年月で劣化して硬化する。
120色はあの学生時代からの憧れだった。
テキスト作りをしていた多摩センターに配送してもらい箱を開けた。
木の鉛筆の匂いが溢れて、それから三段ケースの色に息を飲む。
「34年間の夢の色鉛筆なの!」と思わず声に出していた。
きっとテキストにはそんなに色を塗り込む時間などない。
せいぜいポイント使いだけ。
使うのは確かなんだけどたぶん………私は眺めて…幸せを感じたいのだろう。
多摩センターの岡ちゃんが500色の色鉛筆の話をしてくれた。
色の名前が感性でつけてあるらしい。
何とかの夕暮れ…それはオレンジでもなければ橙色でもない。
自分は描いた時の発色とかなめらかさにこだわって選んだけど500色は新たな憧れになった。
次の34年後の夢に…と思ったけどそれはあの世の夢だ。


スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

120色!!スゴイですねー この120色でどんな夢が描かれるのでしょう。 そんな夢の時間が持てることを願っています。v-273

昨日はありがとうございました。私の春夏スクールが終わり、それまでほぼ毎週先生にお会いしていたので、先生の声がとても懐かしく感じました。
秋冬のパンフレットはスクールで来店した時でもいいか…と思っていましたが、早く見たいv-10と願ってもおり、v-4楽しみにしています。
昨日、とりあえず8/7のY1と3を予約しました。やっぱり幸福の鈴入りシルバーパーツがゲット出来ればと、まずはY3申し込みしましたが、私も限定のお取り置きお願いします。限定と聞くと、弱いですよね。

多摩センター店長さん、おめでとうございますv-82 店長さん似のかわいい男の子でしょうね。って、先生の2人目のお孫ちゃん誕生みたいですね(^^)
Posted at 2010.07.24 (10:49) by マキ (URL) | [編集]
マキさんへ
大切な大切な私のスクールのお客様たちにかなり届いていないとわかりました。
私から手配しなおしてますのでもう少しお待ち下さいね。
本当に申し訳ありません。

そうなんです。
店長の息子は第2の孫みたいな感じ。
何か嬉しくて仕方がないのです。


まだまだお休み返上のテキスト作りが続きます。
Posted at 2010.07.24 (14:09) by mako (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。