スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして「聖地」へ…

1ヶ月後の自由が丘レッスンの準備をしに浅草橋に出かけた。

閉店時間の早い順に行きたいのを我慢してまずはサンプル作りからスタート。
そのサンプルに使うビーズ類を探しにまずは貴和の本店へ。
チェコビーズを色々選んで清算をするとビーズカフェにまっしぐら。
実はビーズカフェは初めてなのです。

自然光が入る窓際を陣取るとテーブル一杯にパーツを広げて制作開始。
トルミが居ないと着け位置が確認出来なくて困惑した。
試行錯誤してる内にあっという間に三時間以上も経過……

ビーズファクトリーに行く事を考えるとかなり厳しい時間になってしまった。
慌てて数だしをして、バタバタと各フロアーで必要なビーズやパーツを買い出す。
いつもの事ながら貴和だけでサーッと血の気が引いた。
今回はビーズの連台(ワーク台)を17個も買ったので凄い大袋となる。
「送りますか?」送料がもったいないので首を振ると、なんと5000円以上だと送料無料で承ると初めて知る。
早く言え……これまで私はウンコラショ!と抱えて電車に乗っていた。

それから雨の降りしきる中、時計とにらめっこでビーズファクトリーに走る。
後20分で閉店だった。
年老いて走りたくないのに私はいつも駆け足だ。

コットンパールを大量に発注してお高いマンテルも沢山注文した。
次回、受け取りの時はここでのお会計が大変な事になる。

ああ…そうだ。
4月のレッスンに使う天然石も買っておこう……と某ショップに走る。
弊社に取り扱いが無い石なのだ。
その店で可愛いペンダントトップを発見。
かなり安くすると言う。
財布の中身を数えると何とかなりそうだった。
そこで更なる発見!
トルマリンの平ドロクレオのウォーターメロンだった。
ウォーターメロンは長年の憧れだった……

店主は巧妙に電卓を打ってその気にさせる。
「もう帰りのお金も無い!」と言うとカタコトで「ゴメンナサイ。アナタ二ダケモット!ヤスクスルヨ」
はじかれる電卓。

(いかんっ!)この最後の1本のウォーターメロンにやられてしまった!
「モウニドトデナイヨ。コノネダンデハ…」
確かに……。
分かっているから財布を逆さまに振っている私。


逆立ちしてももう鼻血も出ませんから。




こうして380円の所持金で家路につく事に…

つくづくPASMOで良かったと思いながら氷雨の中を歩いていた。




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

パスモ
パスモにお金入っててよかったね。
時々、げげって時ありです。
私は自分の物なので支払いはカードで、カード破産者になりますが・・・・。
現金払いのミネショーで、財布からバックから全て出し支払いをしたのを、mさんはご存じです。

3時間でデザイン完成ですか。
さすが・・・・。
大量の場合、ネット購入だとだめなの?
数さえ確定しておけば、ゆっくりお家で再確認し、発注、納品。
ウォータートルマリン可愛いよね・・・。
本当に4月レッスンの方が身につけているのを、どこかで出会うのを楽しみにしています。
でも、先生大変だよね・・・。
ビーズカフェ行ってみたいけど、行ったら最後、街中走り回って、8時閉店の店で締めくくりになってしまいます。
Posted at 2011.02.14 (23:38) by まお (URL) | [編集]
ビーズカフェ
使ったらはまります!
一杯のお茶で、気兼ねなく広げて長居。
足りないものは上か下で買えるなんて!
今までの飲まず食わずカラカラに徘徊してたのがウソみたいよ。

試作を重ねてここに来ました。
まだまだ改良は続きます。まさに試行錯誤なんです。
Posted at 2011.02.15 (09:44) by mako (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。