スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWを控えて

恵比寿ガーデンプレイスの広場に新たに植えられた春の花です。
チューリップから少しづつ初夏モードになりました。
 
間もなくGWです。
皆様はどのようにお過ごしの御予定ですか?
 
 
私は毎年楽しみにしていた山形行きをあきらめました。
 
 
五月の山形は林檎の白い花が月山や最上川を背景に咲き誇りそれは美しい季節を迎えます。
桜も木蓮もムスカリもタンポポも山吹も順番なんかお構いなしに一斉に花開き、妹の家の軒先には、たらの芽が出ます。
 
 
林檎園の途中のあぜ道には野生のクレソンが群生。
 
哲爺は山形に来て初めて山菜採りの楽しさを知り、二回目からは一人で勝手にワラビやゼンマイを採りに半日は行方不明になります。
 
ある時、山ウドをどっさり抱えて戻った事がありました。
しかしどう考えても山の土地勘もない哲爺が山ウドを発見出来るワケがない。
 
「…そんなに山ウド…どこにあったの?」
心配は的中した。
 
「あそこにいっぱい生えてた」
山の所有者が耕した畑に山ウドが沢山育てられている一角を指さす哲爺。
 
年老いた両親はギョッとした。
 
 
人様の畑で嬉々として引っこ抜いて来た哲爺。
ウチの哲爺は常日頃から状況判断に欠けるのだ。
 
 
小さくて、臭いドッポン便所の山形の家になぜか遊びに行きたがるこの夫には心底、感謝もしている。
 
地震があっても何があっても「哲は今年も山形行くよ」と言っていた。
 
問題は私だった……
 
 
秋冬スクールのデザインとサンプル作りが進まなかった為に短期集中制作となってしまった。
 
 
「ごめん。行けなくなった…」
電話の向こうで父がガックリしているのが伝わる。
母は努めて明るく「今年は寒くてまだフキノトウ位よ。哲ちゃんの好きなワラビやゼンマイはまだだから、無理して来なくていいのよ」
 
本当は山菜採りが目的で行くのではない。
両親が元気で生きていてくれる事に私は1日、1日を感謝して暮らしている。
後、何年一緒にごはんを食べる日があるのだろう。
だから私は両親と食卓を囲む為に山形に行く。
家族の時間を作る為に……
 
今年は事情も違う。
娘の出産は五月だ。
 
不甲斐ない私に代わって年老いた母が娘のヘルプに来てくれる事が急遽決まった。
 
何とかこのGWにはデザインやサンプル作りを進めておきたい!
 
 
そんな思いで取り組んでいます。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

お疲れ様
ナント、山形に行けないのね。。
それは、残念。
でも、お嬢さんの出産がまじかなのも、ここを離れがたいですよね。
年老いた両親との時間、今のお嬢さんとの時間、どちらも大切ですね。
秋冬スクールのサンプルかぁ。
私達はすごく楽しいけれど、mako先生の犠牲の上に成り立ってはいけないわ。
辛くない様、なさってくださいね。

そんな中で哲爺は、やはり太陽ですな。
お母さまも来てくださって、出産体制は乗り越えられそうですね。よかった。
少しづつ交通網も回復しているし、少したって目途がついたら山形へ言ってきてください。
リフレッシュは大切だもの。
と言う私は、gw仕事だし、唯一の楽しみは千葉の某店に行く事くらい。
ショートトリップです。
Posted at 2011.04.27 (23:11) by まお (URL) | [編集]
ありがとう。
山形に行けないのは非常に残念だけど普段はスクールしながらデザイン制作は出来ないので、集中して仕事ができるのはこの期間と判断しました。
全ては五月でかたをつけなくては。

気分転換は本当に必要よね。
ベランダで土いじりでも息抜きにします。

まおさんはお仕事ですね。いつかヒョッコリ遊びに行きたいなあ。
あなたの息抜きは…あのお店ですね!
行ってらっしゃいませ!
Posted at 2011.04.28 (09:22) by mako (URL) | [編集]
やさしいお母様…
娘婿様への気遣い=娘への思いやり…を感じるやりとりですね。
でもお孫さんの出産のお世話でこちらでお会いになれて良かったi-176
その点は丁度良かったですねi-236
お孫さんのお産のお世話ができるなんて、素晴らしいいですね。 ほんとうに羨ましいi-176

私の知っている山形はいつも盛夏。
夏休みに親に連れて行かれる真夏の山形、子供だったその時は嬉しい事ではなかったのですが、いま思うといい思い出で、ちょっと前まで日本記録を持っていた最高気温の山形の夏の風景は、私の原風景です。
6月のさくらんぼi-261狩りも、7月の初夏も、8月の夏祭りも、9月のキノコ、いも煮会も、10月の紅葉も、冬の雪景色も、ぜーんぶいいですよ!
今年は新しい山形を楽しんで下さい。
哲ちゃんも喜びますi-278

先生!楽しみがめじろ押しi-184
?めじろ押し、ってどんな意味?語源こんど調べなくちゃ…

あっ!また、まおさんと意味深な会話。
千葉のお店?楽しみ?息抜き?i-6何かしら~
まおさん、今度教えてね。

今日もこれから仕事です。行ってきまーす。
Posted at 2011.04.29 (10:02) by マキ (URL) | [編集]
千葉のお店と田舎の思い出
マキさん、千葉のお店といったら「柏の葉店」ですよ。
あそこにはT店長がいます。以前、恵比寿店でも頑張っていました。
私はいまだ行った事がありませんが・・・・・。


マキさんの子供時代に感じた山形を想像しました。


私の田舎は秋田でした。
乳幼児期に母が結核になって、長い事秋田の祖父母のもとに預けられていました。

その頃の白黒写真を見ると田んぼの前をどてらを着たチビまるこヘアーの私が。ほっぺはリンゴです。
そこで育つと地域の顔になるものです。

それから毎年、夏になると秋田に滞在していたので真夏の風景しか記憶にありません。
鮮やかな青い田んぼに渡る風・・・シオカラとんぼ・・・小川のドジョウ。
庭の紫蘇の葉の香り・・・土間の湿った独特の匂い。
鶏小屋で手にした産みたて卵の温かさ。

マキで御飯を炊くおばあちゃん。盆踊り大会で得意げに踊るおじいちゃん。
皆、皆・・・もういなくなってしまった。


碑文谷から家族が引っ越して行った後に家は解体されその残骸の中に兄弟の成長を刻んだ柱を見つけて涙がこぼれた落ちた。

育った家でもない、思い出も無い山形の家に行ける様になるまで時間がかかった。

でもそこが両親の選んだ終の棲家。

新しい自分の実家であり田舎になりました。
あれから17年の年月が経ちます。

今年は久々に夏に行ってみようかな。










Posted at 2011.04.29 (13:54) by mako (URL) | [編集]
意味深な会話の実像
そのとおり。
柏の葉店です。
その意味をご理解頂いたお客様ともお会いし、一瞬恵比寿になりました。
いいなーと思ってたイヤリング。
さすが、レッスン中の寸分の差でお買い上げになりました。
そして、又もや散在です。
キベオンゴールドが、目の前に・・・・。
二度と出会うことのないだろう8ミリブレス。購入。
ああ、すっからかんな私。
マキさんも一度、行ってみてください。
店長が必死で集めたレアものがありますから。
なんで隕石に惹かれるのか分からず。
ダイヤより高いよ。しかし、魅力的なのだ。
Posted at 2011.04.30 (00:16) by まお (URL) | [編集]
NoTitle
ギべオンゴールド?見た事がないです。

今度是非見せて下さい。

以前、恵比寿にいたスタッフのY橋がギべオンを身に着けていて私は、「それパチンコ玉?]と、かまった事がありますが普通は銀色ですよね。

マキさんは確か昨年の今頃、柏の葉に行かれているはず?でしたよね。

私も行ってみたいなあ・・・・。

おっと!今はそれどころじゃないのだ・・・・・


Posted at 2011.05.01 (22:53) by mako (URL) | [編集]
早速回答ありがとう(^^)
そうだったんですねi-184
千葉のお店!で真っ先に柏の葉店が浮かびましたが、まさかわざわざまおさんが柏の葉までいらっしゃるとはi-6思えず… ビックリです。
店長さんが石を選んで仕入れたりするんですね。
G店はどこも同じかと思っていました。

確かに、開店の時に千葉某店(いまさら)に伺いましたi-179
外出先から行ったので、秋葉原経由で行き、帰りも遠回りで帰ってしまい、とても遠く感じたのですが、今駅探で調べたら、超近かったi-237
でも、まおさんは遠い~ですよーi-230
おそらく先生も…
私が多摩センターへ行くよりももっと。
それほど魅力があるんですねi-175
5/5までは15%offだしi-229 ウズウズしてくるi-183

昨日、ヴィラたけとみの予約センターに電話してイタイさんとお話しました。
先生のお名前出させてもらい、先生の事すぐ分かっていましたi-278が、和室の部屋だったか、ツイン・スイートだったか?聞かれました。
おそらく和室だと思うのですが…とイタイさんは仰っていましたが、先生と哲爺はスイートかな~?とも思い、「景色のいい、お勧めのお部屋だと聞いたんですが… 確認します。」となりました。
和室でしたか?洋室でしたか?

i-258沖縄は、梅雨入りしたそうです。
Posted at 2011.05.03 (09:15) by マキ (URL) | [編集]
柏の葉と竹富島
マキさん、まおさんに近いも遠いもございませんのよ。
どんなに遠くても誠心誠意尽くす&努力して素敵なモノを揃える場所にはそれが地球の裏側でも飛んでゆくのよ。


私も大変お世話になったT店長…一目置いてます。
でも今の、恵比寿の店長さんも私は素晴らしい人だと思います。
良く、皆様方の会話や好みにアンテナを張り巡らして迅速に動いてくれてますので彼女は頼りになります!

竹富島の件は和室です。スイートは今更ですし高いので…薦めません。
悪しからず!

あれだけ大怪我してお世話になれば忘れられないお客だと思うのでどうぞ私の名前を出して下さいませ。


私も今すぐにでも行きたいです!
竹富島に永住したいほど大好きなんです。
Posted at 2011.05.04 (01:15) by mako (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。