スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今から修行へ

修行に向かってます。

等々力渓谷の滝に打たれて精神修行を積む為に。


と言うおばさんのウソは皆様わかっています。

ワイヤーワークの巨匠、小沼美紀さんのレッスンに向かっています。
初心者向けらしいけどかなり難しいらしい。
ハードル高いなあ…。

前回のレッスンも散々な結果だった私。
落ちこぼれなんです。






で、修行の結果です。

やっぱり私は人の10倍努力を積まないと追い付かないタイプなのよね。
前回も今回も知り合い(って言うか生徒さん)が何人か御参加されてましたが…皆さんのレベルは凄い!
何たってワイヤーの巻き方が違う!綺麗で丁寧。
ワイヤーの扱いに長けている。

そして早っ!

私ときたらワイヤーに持て遊ばれて綺麗に巻く事さえ出来ないのだ。
ちなみに小沼さんの東京レッスンは初心者さん向けです。


いかに自分がちっさいかわかります。
トロいか身にしみます。
彼女のキットは勉強になることばかり。
きめ細やかさが違う。


神様って居るんだな…としみじみ思いました。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

お疲れ様でした。
今回の作品も素敵でしたね。
あのフレーミング、本に載ってましたが
とても出来そうにないと指をくわえて眺めてました。
いかがでしたか??
友達は昨日行ってきた様です。
Posted at 2012.01.14 (22:31) by nao (URL) | [編集]
naoさんへ
きっと私がもたもたと追記を書いている時にコメントして下さったのね。
28番のほっそいワイヤーを巧みに操るのです。
ビーズボールならぬワイヤーの変形ボールを編みます。
これ小沼オリジナル。
よくぞ考え出すと言う技。
キットが脱帽ものの親切キット。

これ作るのは大変な事です!

あの方は神様に違いない。
明日の夕方彼女のブログを見て次回を申し込んで下さい。
争奪戦ですから。
Posted at 2012.01.14 (22:40) by mako (URL) | [編集]
(・・;)
小沼先生のレッスン…興味がありま。
初めてお名前を聞いた時、レッスン受けて見たいなと思ったけれど、とても無理!ですね。
ハードルどころか、棒高跳びみたい(>_<)

mako先生が消化して、噛み砕いて教えて下さるのを待ちますi-228
先生が落ちこぼれ…と思ってしまうレッスンなんて、怖ろしー

神が作る脱帽キットってドンナ!?
Posted at 2012.01.15 (08:51) by マキ (URL) | [編集]
神のキット
神様のキットはね、ABCみたいに袋をパーツごとに分けてあり、当然完成などする訳がない工程をある程度作ってinしてあるの。
ビーズボールも綺麗に作って入ってる。でも経験させる為に1つ2つはバラバラ状態。

自分で作るマルカンもある程度は完成して入ってるけどコイル巻きしたワイヤーを1本入れてくれて、それを切る勉強はさせてもらえる。
ワイヤーも全部必要分を正確に長めに、カットして入れてある。
チェーンメイル用にマルカンはある程度つなげたパーツを……という至れり尽くせりのキットです。
作る側には混乱させない。
あのキットを人数分作るだけでも大変な事なのは見ればわかるんです。

そして落ちこぼれにも、いつも優しい。

うっうっ………
神様です。
全てが神様な方です。

技術も考え出すアイデアも!
私は小沼教の信者になりたい。
Posted at 2012.01.15 (10:34) by mako (URL) | [編集]
多分、被服科的発想
なんとなく、洋裁学校、それも数年間通ったという経歴を見て、キットの組み立て方も納得できる気がします。
洋裁もパーツごとに分けて、作ります。
早く正確に仕上げるには、分類が大切です。
そのエッセンスが入っているような気がします。
アクセサリーは本当に、個性色々なんだなー、私の頭が固いんだなーと思います。
もっと自由な発想ができないと。
学生時代のデザイン実習で「何でもありありで考えてください。」の課題で新宿中を歩き回ったことを思い出します。
柔軟な発想がとっても大切だと感じました。
Posted at 2012.01.16 (23:05) by まお (URL) | [編集]
被服科的…なるほど!
何かすご~く納得です。
テキストもまず全体像がカラーコピーされていてそれをトップ部分A、ネック部分のCみたいに区切り、キットがそうなっている。
作る側にはわかりやすいもの。

柔軟な発想…

自分をがんじがらめにしないように解放してあげないとね。
私は五年間以上、縛られてきたからこれでなきゃならない範囲から羽ばたくのが案外大変かも。
だって、いきなりボタンで色とりどりのポップでキュートなネックレスをレッスンに入れたら皆さんが戸惑うと思うからです。
「先生…壊れた…」みたいな。

外国人作家のアクセサリーを見ると色々取り込みたくなるんだけど………………………
Posted at 2012.01.17 (14:48) by mako (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。