スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲嶺盛吉おじいのグラス

久々の土曜の休日、素敵な贈り物が我が家に届きました。



贈り物1

とてもお世話になった方からの宅配便に「え?なになに?????」


開けてみると・・・・



グラス2_edited-1





それは美しい琉球硝子のグラスが・・・・
透明な硝子部分と白い泡の硝子のグラス。
泡の中には私の好きな色が流れています。

作家は稲嶺盛吉。
宙吹ガラス工房虹と書かれている。

そこ・・・・って数年前初めて沖縄に旅したいと思った時から私が行きたがっていた沖縄本島のガラス工房ではありませんか・・・。
この話はまだ誰にも言ってませんでした。夫の哲爺でさえも知らない。


盛吉


「グラスは沢山お持ちかも知れませんが・・・・たまにお使い下さい。」


いえいえ。
こだわりやの私は妥協しないので本当に気に入ったグラスと食器数枚でシンプルに暮らしているのです。
ビックリするほど数は少ないです。

これは以前、石垣島で買った唯一の沖縄のグラス。1個しかありません。

グラス1
琉球グラスってこんな感じと思っていました。

盛吉おじいのグラスはもっともっと芸術です。
コレが廃瓶とは思えません。

今日、我が家にお宝が増えました。
私は数少ないお宝を普段使いにします。それは本当に好きな物だけを毎日の暮らしの中で普通に使いたいからです。


大事に大事に・・・
これは松本で選んだ酒器、これは箱根で買った爪楊枝入れ。これはあの方が贈って下さった盛吉おじいのグラス。
こうして明日の我が家の食卓にも登場するはずです。



本当に嬉しい贈り物でした。



ありがとう貴女のお気持ちが嬉しくて・・・・


























スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。