スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小手毬の庭

合羽橋の帰りの電車の中で座席から溢れんばかりの小手毬と白い花を抱えた御婦人。
思わずその可憐な小手毬に見入ってしまった。

あの公園の事を書いたせいだろうか…
当時住んでいたテラスハウスの庭を思い出した。


田園都市線の駅から更にバスに乗ると「夕焼け橋」と言う停留所がある。
降りてから古い石段を上ると小高い一角が広がる。当時はまだ空き地と畑と標高80mの富士がある自然のままの公園と街路樹がある街並みだった。

目黒から越した私は賃貸の荒れた庭を1から手入れして屋外リビングにしようと一人プロジェクトを立ち上げる。
つまり家族は誰一人、興味がないと言う事。

周りは庭木の販売をしている植木屋が何軒もあってイメージを膨らませるには最適の環境だった。

1997年
私は「白一色の庭」に憧れた。


通りからは生け垣の樹木で庭が見えないように工夫する。

まずは整地。
荒れ放題の土地の草むしりからスタート。


次に芝をはる作業。
ガーデニングの本を見ながら何とか形になってゆく。

庭13ブログ


庭12ブログ



プランター付きのトレリスやアーチを設置して、つる性の白い薔薇の苗をいくつも植えた。
ブログ庭1


いたる所に小手毬や雪柳の苗木を、そして白い花を配置した。
庭8ブログ



庭の中央にはピンク色の花が咲きこぼれる百日紅の木を植える。
柳腰・・・という形にこだわって百日紅を育てている植木屋の土地をいくつも巡って探した。

これは地下足袋のお爺さんがクレーン車で運びこんで植栽。
(後に今のマンションのテラスに樹木を注文して、運びに来てくれたお爺さんだった。ここで再会するとは・・・)




庭3ブログ
1年後には色彩も欲しくなったので壁際にはライラックや時計草を植えた。
ハーブのゾーンも作った。



庭でー2001春ブログ

木製テーブルと椅子は芝生をはる時点でこの庭に一番に置いた。
ここでお茶をしたり日曜日の遅いランチが出来るように…(永遠の夢だった)
テーブルに立てた緑色のパラソルを広げるとそこはまるで秘密のリゾートに。


テーブル
小手毬はテーブルを囲むように植えたので4月下旬から5月にかけてこの庭は白い花明かりに夜を忘れるような幻想的な雰囲気となった。

庭9ブログ


庭4.ブログ


太陽の光を一日中浴びながら、庭木や草花の世話をしたり雑草を抜く事が私の心の穴を埋めていたのだと思う。

土が良かったのか植物達はどんどん成長して可憐な花を次々咲かせてくれた。

時計草のつるが昆虫の触覚のように動いて巻きつく様子も、この庭で目撃した。
庭1.burogu


山椒の苗木は瞬く間に私の背を超える木となり、山椒の実を沢山つけた。毎年多くのアゲハ蝶たちがこの木で育っては、羽ばたいていったのを思い出す。



こうして何年もかけて庭と部屋が緑で繋がっている様な家にしていった。
家2ブログ


家ブログ


家3ブログ








私がこの家を後にしてから庭は無残に壊され、樹木たちは全て切り倒されたと聞く。




私が作った庭は今も記憶の彼方で白く光りながら風に揺れている。



木馬5ブログ

















スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。