FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄砲爺さんの披露宴ジャック

娘の結婚披露宴での出来事である。
山形から招かれた私の父・・・・・・チョンマゲ爺さんが号泣した。
硝子のチャペルで聖歌隊が美しい声で歌い出した時には、堪えきれなくなっていた。

父はプライドが高いので、泣いた顔を見られる事を極端に恥じる。
輪郭に合わないでかい、サングラスをしてごまかそうとしていた。

怪しい・・・・・・・とにかく怪しい雰囲気をかもし出しているのだ。

披露宴が始まり、和やかに食事が始まると、娘が祖父母を前に呼んで「今までありがとう」の気持ちを込めて手作りのプレゼントを渡した。

ここで爺さんは再び感激してしまったから、さあ大変!!!

爺の泣き


                        泣き


すぐに泣いた目を隠せる様にクリップタイプのサングラスを掛けていた。
良く見ると、髭剃りに失敗したのか口元が血だらけの痕である。



爺の号泣


早速サングラスを下ろし再び号泣である。



             号泣3


大門軍団(あ・・・古い?)とも違う!!!!
ヤクザとも感じは違う!!!!
新興宗教の教祖様・・・・・?
ああ・・・・・なんでもいいから・・・・なんか変!


この爺さん、これだけでは済まなかった・・・・・・・のだ。

父は山形で火縄銃を修復している。
ただし・・・仕事にはなっていない。
ここ数年は、兜や鎧まで手作りして風林火山といった姿になって米沢の鉄砲祭りなどで火縄銃の演舞をしている。その兜が振るっていて実は内側がヘルメットなのである。

何だか良くわからないのだがポスターにもなっていた。
山形の家に行ってお風呂に入ったら、落ち武者みたいな父が鉄砲を構えた大きなポスターがなぜか浴室に貼ってあった。

森重流とか言う流派を伝承しているらしいが、立ったり座ったりしてドカン!と火縄銃を撃つ演舞に家族はあまり興味が無い。
ところがそのビデオを見せたくて見せたくて仕方が無い父はあの手この手でビデオを見せようとする。
時には、娘が山形に遊びに行った日記風のビデオにしておいていつの間にやら落ち武者が出てくる手法で騙された事もあった。

それが・・・・まさか・・・・娘の披露宴でやってくれるとは・・・・・・・

ウッドデッキで海を眺めながら談笑していたらスタッフの声が聞こえた。「お爺様・・・いや・・・それは」「いや少しだけだから!!!」「あのお時間がタイトになっておりまして」の押し問答の後になぜか無理矢理皆が披露宴の会場に召集されて行った。

壁一面に広がる鉄砲爺さんの演舞姿・・・・・

これを披露宴ジャックと言わず何と呼ぶ?

お時間のある方は2006年11月25日の「雀のお宿」を御覧下さい。



スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ロムでは耐えきれずコメントです(笑)
ステキな結婚式の記事に↓

コメントしようかどうしようかテレていた
みかおばちゃん♪です。

がっ す す すばらしっお父さまっ (*/∇\*)
タシカニ 披露宴ジャックですね。

私も友達の披露宴で 新郎のオバサマが
やすき節を歌い出して・・・
踊りだした方が はいりこんでて・・・・
友達が 泣きそうになってた披露宴は経験あります。

でも きっと いい思い出ですね。

あらためて おめでとうございます。
Posted at 2008.04.13 (08:30) by みかおばちゃん♪ (URL) | [編集]
みかおばちゃんへ
共感して頂けて嬉しかったです。
そちらの体験談も笑えますが・・・・。居るんですよね・・・。KYな人達って・・・・・。
Posted at 2008.04.13 (11:14) by mako (URL) | [編集]
伝説の男
おひさしぶりです。
お嬢さん、結婚したのねー。
おめでとうございます。それにしても、まこちゃん父、常に伝説を作る男だよね。いつか、自叙伝とか書いたらいいと思うんだけど。買うよ。私は。
Posted at 2008.04.16 (17:48) by ゆきこ (URL) | [編集]
ゆきこさんへ
御無沙汰しています。
遊びに来てくれてありがとう!

噂の爺さん・・・・初めてでしたよね。

披露宴ジャックは考えてもいませんでしたよ。
母も山形から駆けつけてきた妹一家も、弟も
誰もが予想出来ない事でした。
最も慌てたのは、式場側の進行係や司会のスタッフ達。ああいうのって分刻みで構成されてるので・・・・・。
こんな形でもゆきこさんとみかこさんにお披露目出来れば、不幸ながらも嬉しいです・・・・。

Posted at 2008.04.16 (22:29) by mako (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
03 05
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。