スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の炭酸泉

連日の猛暑の中でのキット作り。
作っても作っても終わらない果てしなきレッスン準備。
身体中が痛くて悲鳴をあげていた。
「ここち湯に行きたい!」

哲爺はスーパー銭湯の類いが嫌いだ。
理由は「爺さんがいっぱい居るから」

はあ?!
見た目70の哲爺は明らかに爺さんの一味だ。

今回ばかりは見かねたのか哲爺が車でここち湯に連れて行ってくれる事に。




露天風呂の一角にその炭酸泉はある。

よしずから夏の日差しがこぼれて水面がゆらゆらと眩い。
その光の揺らぎがよしずに乱反射して……
炭酸がプチプチと跳ねては光るのが見えた。

ラムネの温泉。

細やかな気泡に包まれて身体の芯から静かにゆっくりと温まってゆく気がする。


空はどこまでも青く澄んでいた。
百日紅の濃いピンク色が離島のブーゲンビリアを想わせる。


ぬるめの炭酸泉に皆、無言でじーっと長く長く浸かっている。
何だかこの風景……


日本猿が集団で目を閉じてじーっと温泉に入ってるあの場面と同じだ。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。