スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の夏休み アートな日曜日

土曜日から私の短い夏休みです。
1泊2日の安曇野へ。
木曽にある手打ち蕎麦の「時香忘」へ。


木製アプローチの曲がり角。


アプロ―チ


アプローチ2


樹木に吊された優しいメッセージは今も変わりません。


「木の枝が少し邪魔になっておりますが気をつけてお通り下さいませ。
邪魔と言って切るよりも そっとよけて通る優しさを大切にしたいと思います。
時香忘 店主」


アプローチ3


時香忘


スモークハム 蕎麦


1年に1~2回しか行けない場所ですが、前回はスモークハムが無くなっていて心残りに。
1週間前に電話で予約をしたら「残念ですがもう間もなく無くなります。次は秋頃の予定・・・・」

すっかりあきらめて行ってみたらスモークハムがあった!
「もしかしてお電話下さったお客様ですか?
実は...一塊りだけ冷凍庫にあったのを発見しまして...今日にはもう無くなる所でした。」


「う!嬉しいです
こんな事ってあるんだな....と焼きそばがきと焼酎の蕎麦湯割りを注文した。









安曇野アートヒルズを回って、お宿なごみ野に着いたのは夕方。
林の木々が静かに揺れて…涼しくてほっとします。

なごみ野





二年前に行った天然石を研磨する工房「ラピダリー安曇野」はもう予約が一杯……お断りされて気落ちしていました。
研磨したかった石は数年前にサザンビーチで拾ったもの。
「思い出の石」を磨いてネックレスにするのが夢でした。


なごみ野で心も身体も癒されて、ハーブティーを飲みながら普段読めない本や雑誌をめくる。

ハーブティー





早朝の露天風呂に浸かって木々の葉ずれの音を聞く……

露天風呂1

       露天風呂3

                 露天風呂2

朝日が眩しく差し込んできた。

湯船で考えた事はただひとつ。
「心から願い、頼み込んで石を磨かせてもらう!」


朝食の後、林のテラス席が一杯なのを横目に窓際で(どう再度お願いをしようか)考える。>

テラス




こうして本当に願いは叶えられました。
「しつこいね」と呆れ果てる哲爺。




ラピダリー安曇野


       ラピダリー2

                ラピダリー1



そしてコレがサザンビーチの石ころ
石


曲淵さん

御主人の曲淵さんは石を見るなり「堆積岩だね。海の砂などが層になった石」
さすがだ!

研磨2


予約の先客ファミリーをなるべく邪魔しないように、曲淵さんのお手を煩わせないように、サザンビーチの石ころはカットしない、穴あけしないと決めてひたすら研磨に徹しました。


研磨
ワイヤーフレーミングが出来ればもう石の穴あけ&ヒートンは要らない。

やっぱりここでの作業は面白くて楽しい!
嬉しい私



浜辺の石ころがピカピカと輝いてきた。

ピカピカ



曲淵さんは糸魚川で採れる翡翠の話をされていた。
嵐の翌朝に拾えると聞いたけどさすがに地元の人は早いようだ。
自分で原石探して研磨してアクセサリーに出来たらどんなに楽しいだろう。



ラピダリー安曇野を出て近所の「ギャラリーシュタイネ」に立ち寄る。


シュタイネ2


シュタイネ1


ここに集められる作品はどれもが自分の心に入り込む。
  

ガラス_edited-1

これは非売品。
マッチ箱サイズのガラスに色鉛筆画の四層構造で遠近感を出している。


時のかけら
「トキノカケラ」


ごがつのそら
「ごがつのそら」フィルムをコーティングしたガラスの作品だ。


兎
このフレームがいい。額から植物が生えている。


兎2


烏賊



初めてここを訪れた時に心に焼き付いた作品があった。
ぽつんと街灯が点く小さな風景のような家だった。
物語を感じる。



それがペン立てとして売られているのを発見!

ペン立て1

胸が高鳴った。


何度もスイッチを入れて灯りを点けたり消したり。

シュタイネのスタッフがこの作家が山梨の小淵沢で明日まで個展をしていると教えてくれた。

なんと、アクセサリーを手掛ける彫金作家だと知る。繊細な植物や昆虫をモチーフとした作品だと聞いた。
「小さな自転車のハンドルやタイヤが動くんですよ。」

陶器の部分はパートナーが焼いているらしい。


あんなに気になった作品は過去に無かった。 
2年間も私の心の奥底にあの小さな豆電球を灯してきたのだから。
それを作った二人はどんな作家なのだろう。


あずみのの食卓は売却されただろうか......
想い出を売る御主人はお元気でいるかと立ち寄る予定も、松本の大好きなクラフト通りを見る事も、ヒカリヤ ニシも全てあきらめて急遽、小渕沢へと向かう。



「ギャルリーアビアント」
迷いに迷ってようやく辿り着いた。


アルビアント


アルビアント1

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.08.27 (08:02) by () | [編集]
管理人宛てさんへ
8834コメントありがとうございます。
私まだ絵里ちゃんのHPを見た事が無いのです。
赤ちゃんが生まれてしばらく中断なのかな。

短い夏休みでしたが心が豊かになって帰って来ました。画像添付しましたのでご覧いただければ嬉しいです。

ところで今回の願えば叶う......ですがラピダリー安曇野は願うと言うより強引?(笑)です。

長野は遠いのでせっかく行くなら!!!と。
承諾頂く為の頼み方はよーく考えましたよ。

Posted at 2012.08.27 (14:11) by mako (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。