スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の茄子とフランスのオルチ

以前、山形から送られて来た新鮮茄子のヘタが突き刺さって病院送りになった話を書いた。
さてこれはARMIX村に着いた夕方の出来事。


風景1



(わあ!フランスにも大葉があるんだ
ルチン
・・・・と、とっさに大葉を摘もうと強くつまんだ瞬間に鋭い痛みが走った。
目には見えない産毛の様なものが無数に突き刺さった気がした。
その痛みは火傷の時の激痛に似ている。

真っ赤に腫れあがった指は再び豆電球状態に。

その晩の私はフォークを握る事さえできなくなっていた。


Elikoに話すとお酢で消毒をしてくれて「それオルチですよ」
ギオンはあらま!と言うゼスチャーで「すぐ治るよ」と言っていたようだった。


翌日も指は激痛。
3日目の朝になってようやく痛みが引いた気がした。

何なんだ!!!!!オルチって!!!!!
賢い牧羊犬はそこを避けて通ると知った。



後日遊びに行った農業祭でハーブを売っているおばちゃんが教えてくれた。
「秋のオルチは最も強烈なのよ」
「これオルチのシロップよ。試飲する?」

「ええ~!」煎じてシロップにするらしい。
憎きオルチめ!!!!飲み干してやる~!!!!!と一気飲み。


オルチの味は、まるでゴボウだった。




それからはむやみに植物に触らないと肝に命じた。





スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。