スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョエルさんの家で

農業祭でGuiの牧場仲間のジョエルさんから「帰りにウチでお茶していかない?」と御誘いを受けたのでお邪魔しました。
まだロバンス夫妻のお家に行く数日前の事。
初めてのお呼ばれにワクワクドキドキ。



窓辺や花が可愛い
ジョエルさんの家


軒先の花
花





いつもニコニコのジョエルさん(ちなみに独身)とGuiの家の子犬(ハロウィン)の兄弟
ジョエルさん



お家の横の家庭菜園を案内してくれて。
ここで沢山のフランボワーズを見せて頂く。
フランボワーズ1





アンティークな家具がごく普通に使いこまれていて素敵です。
ジョエルさんの家


こちらのキッチンも木の温もりが感じられて・・・・・
ジョエルさんの家2





間もなく猟に出ていたお兄さんや友人達、甥とその友達が一斉に帰ってきてとても賑やかに・・・

まずここでフランスの御挨拶を初・実践。
ヒゲ面のおっさんとも両方のほっぺを合せて「ボンジュール」(い・痛!
ヒゲ突き刺さったし・・・。

そこへジョエルさんがいれたてのコーヒーをカップに注ぎに回り、お砂糖たっぷり焼き菓子をテーブルに置くその瞬間に私はある物体を見た。
ハエの死骸が数匹テーブルに落ちていた。その上に無造作に皿を置く。
誰もそんなものは気にしない。
黒くてデッカイハエは透明扱いらしい。


    郷に入らば郷に従え


あのハエは・・・見えない事にするのだ。頑張って見えなかった事に・・・・いや赤いハエ叩きもテーブルだ。
今、ズシリと大きなお皿をハエの上に置いたよな。

ジョエルさんは相変わらずニコニコと焼き菓子を勧めて下さる。(まっ,お皿の上のお菓子だから気にしない気にしない。)「美味しい!!!」
お砂糖たっぷりなのに、これがしつこく無くてメチャ美味いのだ。

・・・・とマエ太がハエ叩きを手にして遊び出した。

さすがに隣にいた友人が「ハエ叩き!」と声を出す。
抱っこしているGuiは動じない。

友人はもう落ち着かない。ハンカチをギュっと握りしめ「マエルが・マエルが・・・」と言い始めていた。


しかし、マエ太がハエ叩きを舐めようがフランス人一同、誰も気にしない。
猟の話や何やら大人達は話に夢中だ。
Elikoはお菓子をパクついている。



うろたえる友人


何だか可笑しくて笑ってしまった。


小さな事には動じないで生きてゆく事が大切なのかもしれない・・・とフランス家庭でのティータイムで悟った私。




ドア
ドアも素敵





風見鶏
風見鶏1





風見鶏2



こうしてジョエルさんの家で楽しい時間を過ごして私達はGuiとElikoの車に乗った。




帰り道で見たGuiの羊達



カランコロンと小さな鐘の音が響く

牧場2


もう夜の時間だけど夕暮れの様な風景


牧場1



si-pudoggu.jpg



羊4

こんな雄大な大自然に包まれていると「小っさいハエがどうしたよ」と思えてきた。




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。