スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会

浅草橋レッスンを終えてからいつものようにパーツの仕入れに回り、そして代々木に向かった。


昨年、30数年振りに再会したデザイン学校時代の仲間達と今年も会う約束をしていた。
学校展(卒業展)を見に行く時間はなかったので仲間達に会う為に途中下車。
イタリアンのお店で集まる。
「謎の整体師」となったI君は現在、池袋で痛くない整体院を営む。
彼はパキパキポキッではなく、さらさらと撫でる様な感じで不思議と楽にしてくれるのだ。
気のせいに違いない!
疑り深いオバサンは、彼の手が当てられた場所が軽くなるのはなぜなのだ!と首を傾げる。

これは不思議な話だけれど人によっては霊的な場合もあるらしくそれらは彼の身体に移ってやがて頭のてっぺんから抜けてゆくのだと言う。
謎の整体師 I君
いつから不思議な力が備わったのだろう。



サラサラな髪が素敵だったマスオくんは今も長めの髪を結んでいる。
ずーっとデザインの業界で頑張っている人。
この人の醸し出すサラサラな雰囲気はオッサンを感じさせない。
久々にワインを選べる相手とメニューを見ていて楽しかった。
な~んだか夫婦の関係について大切な事を語ってくれた。



木馬館によく来てくれたS君は昔も今もカールおじさんのまま。(激似)
彼が木馬館便りを発見してくれてこうしてお誘い頂けるようになった。

のんびり屋の彼の引っ越し当日を思い出す。
当然、荷造りは終えていて男性陣が運び出し、私達は掃除をする段取りでアパートに行くと…なんてこったい!そこは今生活しているままの状態だった。

「えっ?ここからスタートっすか?」
「う~んマコリンごめんね~」
彼のベッドの敷布団をはがすと………
ああ…と~んでもない写真本が何十冊と隠されていた。
○○本をマット代わりに敷き詰めてあったのだ。
20代の忘れもしない思い出。


カボルくんが4コマ漫画を描きためていると言った。いつの日か彼の漫画が世の中に出るといい。

最後にパスタを頼もうとメニューを見る。
カルボナーラ……
誰かがカボルの響きに似てると言い出しパスタを注文する頃にはカボルオナーラと言うペンネームがつけられた。


楽しい時間はあっという間に過ぎゆく。

そう言えば…私はこのクラスではなかった。隣組の彼らは友達関係をとても大切にする仲間達だった。
木馬館をOPENした当時は駅から15分以上歩いて碑文谷の住宅街まで来てくれた。


「また来年!」
笑顔で別れる。

今日は楽しかったねとメールが次々届く。

一人、末尾に名前が書かれていた。

カボルオナーラ

電車の中で一人笑う。
いつの日か、この名前の4コママンガが一世を風靡する事を夢見て………

おじさんもオバサンもまだまだ夢を持って生きて行きたいと思う。
少なくても自分はそうだ。
年も年だからもう無理…とは諦めたくない。



帰宅してからレッスンでHさんが差し入れてくれた下町のいなり寿司をパクつきなから(メッチャ美味しい!)哲爺に今日の出来事を話す。
うんうんと頷いてもどうせ聞いてはいないと知りながら………


スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。