スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉祥寺ちょい歩き

研摩作業が終わったのが夕方だったのでゆっくりお散歩している時間も無く、今日はパン屋さんだけ立ち寄って帰ろうと思いました。


吉祥寺で外せないのは井の頭公園とハモニカ横町です。
今回はアートワックスジュエリーの工房から近い東急デパート側のゾーンを少しだけ散策して、美味しいお店を御案内します。

ここは大正通り。
この通りも楽しいお店が色々ありますがたまに哲爺とランチするのがこのお店。
「ソイ ビーン ファーム」名前の通り大豆、つまり味噌のお店です。

ソイビーンファーム2


ソイビーンファーム

ロールキャベツの白ゴマ味噌仕立てがお薦め。
パンか御飯が選べるけどここに来たら是非!ごはんを・・・・。


この先を少し歩くと「4匹のねこ」お花屋さんです。
並びの雑貨のお店はシンプルで職人仕立ての素晴らしい家庭用品を厳選。

花屋2


この2階には以前、木をテーマに手づくりの雑貨や玩具を扱うショップがありました。
まるで森の中のお店みたいで好きだったのに今はありません。

お隣はオーダーメイドの一枚板のテーブルや家具のお店。
初夏には窓の向こうにざわざわと木が揺れて・・・・こんな場所でアトリエとお店を持てたら・・・・と妄想していた一角でした。


花屋




この4匹のねこの右側を見ると、小さな公園があります。


公園


公園の並びには洋服のお店。


ある日、ここに立つとエッ????な場面を見ました。
こんな場所なのに・・・と言う何の事は無い一角なのにゾロゾロと・・・ゾロゾロと人々がやって来ては外階段を下りてゆく。
それもひっきりなしに、まるで吸い込まれゆく様に。


その尋常ではない光景に「この下に何があるのだろう」と興味津津。



菩提樹の根元に小さな看板
パンや3



ダンディゾン(10年後と言う意味)
パンや2



パンや



この階段を下りてゆくと樹齢300年の塩地と言う大きな木製の自動ドアがあった。
覗くつもりが突然スーっと開いてしまった。(そりゃー自動ドアだからね)


地下なのに自然光が入るギャラリーの様な空間。
白い無表情な人達が黙々とパンを焼いては運んで並べている。
(私にはビフィズス菌が沢山、黙々と働いているように見えた)


整然と少しづつだけ置かれた小さなパン。


食パンはパウンドケーキみたいに小さくて横には「BE20][BL30][S77]と意味不明のプライスカード。


この世界は何なんだ・・・・・


パンの素材も蕎麦粉・きび砂糖・ごま等色々だ。

次々と人がやって来ては白いお店の人がトレーに取り分けてレジ前は長蛇の列。
ボーゼンとしている間にパンはどんどん消えて行った。


哲爺と私は取り合えず人魂(ヒトダマ)みたいな形のパンを選ぶ。
ケースの中にはもう残りわずかだった。
まさかこれが「バターロール」とは・・・・・・



ナニ?!これ!!!!!

と言う美味しいパンだった。衝撃的なバターロールを食した瞬間だった。(ちなみに私はこの人魂パンが一番好き。)


以来、吉祥寺に行くと必ず立ち寄るパン屋さんです。
ちなみにBE20はバター20%と水
BL30はバター30%と牛乳
S77はノンオイルで豆乳77%と言う事です。

BL30.jpg
昨日は初めてBL30なるモノを買いました。(まだ食べていない)

このお店ではパンは保存するものとは考えていないので毎日食べて欲しいから使いきりサイズで作るらしいです。


ネットで見ると隠れ家的なパン屋さん・なかなか見つけられない秘密のパン屋さんとかなり有名。





それからアートワックスジュエリーの工房がある中道通りに戻って少しだけお散歩です。


中町通り


この通りはどのお店も本当に楽しい!



モモナチュラル
モモナチュラル


モモナチュラル2


ナチュラル系が好きな方ならキッチンまわりにハマります。
モモナチュラル3


日暮里店よりは取り扱い商品が少ないけれど輸入ボタンのエルミューゼ
エルミューゼ



そうそう。この通りには今となっては懐かしい日本家屋も残っていました。
日本家屋

樹木を大切にしているのがすごくいい。
日本家屋2





今回、アトレになってから初めて立ち寄った「ロンロン市場」
ロンロン


ここは次回から絶対に外せないコースになりました。
ビックリするほど大きな牡蠣や鮮魚の数々に、格安精肉店(スーパーのお肉とは比較にならない旨さでした)
野菜に果物もお勧めです。
ロンロン市場と言う名前に恥じない品ぞろえと価格でした。








スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。