スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディット ピアフ

エディット ピアフを初めて聴いたのは21歳。
木馬館に友達がレコードを持ってきてくれた。

何とも言えない声と歌い方に不思議な感銘を受けた。
まだ人生の酸いも甘いも知らないあの頃。




4月の作品作りに夢中で取り組んで煮詰まり出した。首を回しながら時計を見る。
夕方5時を過ぎていた。
珈琲を温めてテレビをつけるとネオンカラーの黄色い髪の人がシャンソンを歌っていた。
エディット ピアフだった。
彼(彼女)が唄うと独特のビブラートと節回しで、ヨイトマケの歌に聞こえてしまう。
最初は思わず笑ってしまった。
シャンソンが何でこうなるねん…と。
(まあ彼と言えばシャンソンだけど)
……が次第に彼の歌とエディット ピアフの人生が重なりだした。

時折、エディット ピアフの回想シーンが入る。
心から愛したプロボクサーには妻子がおり、遠征につぐ遠征でなかなか会えない。
「この試合が終わったらすぐに飛行機で飛んで来て!」

彼はそのまま飛行機に乗り墜落事故に遭って帰らぬ人となってしまった。

訃報を聞いたのはリサイタル開幕直前。

愛の賛歌はこうして歌われたのか……と知った。

自暴的になったエディット ピアフは酒と薬物漬けの日々となり数度の交通事故にも遭い表舞台から消える。

やがて友人達に支えられて復帰するまでに至り、46歳の時になんと20歳も年下の恋人と結婚。

世間では彼がエディットピアフの財産目的だと囁いていた。

画像で見た年下夫は背の高いイケメンで驚く。
あまりにも2人のバランスが取れていなかった。

実はエディット ピアフには財産などは既に無く、逆に借金まみれだった。
それを承知で一緒になった若い夫。
一年後、エディット ピアフは47歳で亡くなり、彼はその後も妻の借金を返し続けて完済した時に交通事故で不慮の死を遂げる。

「無償の愛」
と黄色い髪の彼は声を震わせながら語る。(唄う時も語る時もいつもビブラート)

彼女の人生や背景を知ってから聴く「愛の賛歌」は今までと違う歌に聞こえてきた。
最愛の人を死なせた絶望の年月と落ちぶれた時期を経て、晩年は無償の愛に包まれてこの人は幸せだったんだなあ………


帰宅した哲爺にこの話をしたかった。
爺さんの年齢なら良く知ってるはず。
「エディット ピアフって知ってる?」


「知らない」




一気に盛り下がった。

あ…この人、冷凍人間だった。いや宇宙人。

どうせピラフの類と勘違いしてるのだろう。

エディット ピラフ………




スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

エディット ピアフ?…
私も知りませんでした。哲爺と一緒です。
“愛の賛歌”は知っていましたが、その歌を唄った歌手ですか?
21歳の頃ってアイドル・御三家に全盛の時期。先生はやっぱりおませさん?

そこで、我が家の哲爺に聞いてみました。「エディット ピアフって知ってる?」そしたら家の哲爺は知っていてビックリ。
そしてつかさず、「ピラフ?」と、おやじギャクi-198…先生と一緒!でしたi-278

Posted at 2013.03.09 (09:01) by マキ (URL) | [編集]
私もピアフ好きです。コンピューターに入っているので、時々聞いてます。

うちのアメリカンのオットは、意外にもピアフは知ってたんですけど、あの超有名曲、「夢見るシャンソン人形」を知らなかったんです。私がコンピューターで聞いてたら、「何それ?」とか言われてビックリ。

私は結構昔から、60−70年代のフレンチポップスが好きなので、よく聞いてるんですけど、オットはあまり知りませんね。アメリカには日本ほど入ってこなかったのかも。
Posted at 2013.03.09 (11:04) by みかこ (URL) | [編集]
オヤジもオバサンも感性は同じ!
マキさんちの哲爺もピラフって?(笑)
ホッとしましたあ。


私が21歳の頃は久保田早紀の異邦人やクリスタルキング、五輪真弓の物悲しい歌が街に流れていました。
(どーだ?懐かしいでしょ?)
木馬館では洋楽を流してました。ボビー コールドウェルのようなソフト&メロウな曲です。
ボズ スキャッグスなど…。
わたせせいぞうのイラストポエム?が流行っていました。
そんな時代背景です。

エディット ピアフは友達が教えてくれました。

我が家の哲爺はやっぱり……な人。
例えば哲爺の時代の話題を提供しても「知らない」で終わり。
あの人は間違いなく「冷凍人間」なんですよ。

いつの時代に凍結したんだろ。

Posted at 2013.03.09 (11:25) by mako (URL) | [編集]
みかこさんへ
みかこさんも聴いてたんですね~。
夢見るシャンソン人形は小さい頃に中尾ミエがモノクロテレビの中で歌ってたのを聴いた記憶があります。
アメリカにはあまり入って来なかったのかなあ。でも時代を経て、パソコンに入ってるフレンチポップスをお二人で聴くのも素敵。
ウチの哲爺は何に対してもキョーミが無いから会話になりません。
「そうそう。あの時代はさー」にならんのね。
前日メガネやで新しいレンズにする時に補聴器の説明書きがあって待ち時間にふと読みました。
脳の図解です。
右脳と左脳の説明。
左脳は本を読んだり会話したり感情を司る場所らしい。
(哲爺…左脳が潰れてるんだわ………)
「若い時に転んだり激しく左の頭をぶつけた?」
「転んでない」

あっそ………

会話は続かない。



Posted at 2013.03.09 (11:44) by mako (URL) | [編集]
ピアフは私も惹かれます。
あの独特の声、一度聞いただけで忘れられない声です。
若いころに聞いてショックを受けました。
先日、普段ロックばかり聞いている息子が、ピアフを聞いていてビックリ。
「いいと思って・・・」とのこと。
世代や時代を超えるのですね。
2011年の映画「愛の賛歌」も、女優さんが全くピアフになりきっていてビックリ。
マコ先生、まだ観てなかったら、ぜひ観てくださいね。
Posted at 2013.03.11 (00:46) by yumi (URL) | [編集]
yumiさんへ
息子さん、かつての私の友人と同じです。
彼女はロックばかりの人だったけどある日「これいいから聴いてもらいたくて…」ってレコードを持参してくれました。

本当に、素晴らしい唄や音楽は時代やジャンルを超えて伝わるんですね。

私はオットの哲爺が宇宙人なのでキャッチボールが出来ないけれど、このブログによって救われています。
こうして皆様が「私も聴きます。」とか「私は知らないけど夫は知ってた」など、応えて下さる事が「繋がり」を感じます。

映画の「愛の賛歌」は知りませんでした。
2011年はまだ1日中、恵比寿であれこれ頑張っていた頃…。TSUTAYAで探します!
是非とも映画で観たいです。
教えてくださりありがとうございました。
Posted at 2013.03.11 (08:52) by mako (URL) | [編集]
2007年でした・・・
「愛の賛歌」の映画は、日本公開はもっと後ですが、製作年は2007年でした。
といってもそんなにたくさん出てないから、ツタヤだったらすぐわかります。
あと、映画の中の歌はピアフ自身の声と聞いています。
ぜひぜひ。
Posted at 2013.03.12 (01:08) by yumi (URL) | [編集]
私も…
ネットでエディットピアフを検索した時、映画の紹介の様なものが出てきました。
yumiさんのおすすめ!
私もTSUTAYAで探してみます!!
Posted at 2013.03.12 (06:13) by マキ (URL) | [編集]
了解!
yumiさん、追記ありがとうございます。
2007年制作ですね。
その頃、自分は何をしてたかな…と、ふと考えます。
あ!いきなり年明けに講師デビューでした。
助手も経験なしで毎日が暗中模索。それこそ試行錯誤。
そんな年に制作された映画なんですねえ。

1日も早く4月の作品を仕上げてTSUTAYAに走り込みたい!!!

映画観たい!
目標が出来たので頑張れます。
yumiさん、ありがとうございます。
Posted at 2013.03.12 (07:02) by mako (URL) | [編集]
マキさんへ
ネット検索されたのですね。

舞台では黄色い髪の方が演じていました。
紫色のオーラが出てましたよ。
(テレビで少し紹介)
私たちは是非、映画で観ましょう。
20歳年下のイケメン夫との晩年が羨ましい。
10歳年上の宇宙人との晩年を送る私とは大違いだ!
Posted at 2013.03.12 (07:17) by mako (URL) | [編集]
映画は
私も見ました!主演女優の方は、あれでアカデミー賞を取ったくらい、ピアフになりきってましたねー。
よかったんですけど、ストーリー的には展開が、レイ・チャールズの生い立ち映画に激似してたのが、ちょっと気になったかなあ。
Posted at 2013.03.13 (02:36) by みかこ (URL) | [編集]
みかこさんへ
映画は既に御覧になってたんですね~。

TSUTAYAに行く為に只今4月レッスンの準備を必死にこなしてます。
でも今週はレッスンも重なってなかなか自分の時間が取れず……

独立したら映画三昧ののんびりした暮らしが待ってると思ったら真逆。
「妄想の讃歌」です。
Posted at 2013.03.13 (07:15) by mako (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。