スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスミンの寝床 2

鳩2
鳩が飛び立った後にはこんなものがあった!!!!



玉子




しかもいつの間にやら小枝を敷き詰めたスイートルーム(巣)になっているでなないか!




この時の私ときたらとても幸福な気持ちに包まれて・・・・
キッチンに走り込んでパンの耳を持って戻って来た。
細かくちぎってスイートルームにそっと置く。


部屋に戻ると、本当はとても切羽詰まったテキスト作りの状況なのにカーテン越しにジャスミンのプランターを観察し始めていた。息をひそめてそ~っと・・・・




鳩が戻って来るとこの方が落ち着かない。ナナ婆だ。
ナナ





戻って来た鳩は大きめのパンを咥えると何と連れに分けるのか再び羽ばたいて行った。


朝から卵を温めていたのは若い夫で、巣作りの小枝集めの妻にパンを届けに行ったのだ。
オバサンは熱いモノがこみ上げていた。




それからパソコンの電源を入れて「鳩の習性」を検索する。




なになに?  「ええっ?!」


そこには驚愕の画像と鳩退治の情報が溢れていたのだった。
ゴキブリが害虫なら鳩は害獣

その恐るべきマンションのフン公害の画面から血の気が引いた。
鳩は繁殖力が旺盛でベランダやエアコン室外機の下などで次々と卵を産むらしい。

住むと言う事はフンをし放題と言う事でその実情は言葉を失う汚さだった。



ウチで鳩が増えたら他のお部屋のテラスにも害は広がる。




鳩の習性・・・・一夫一妻で常に夫婦で助けあって生きているらしい。
夜は妻が卵を温め、朝から午後までは夫が交代で卵を抱く。

気に入った場所があれば小枝をセッセと運び込んで巣作りをする。

卵から雛がかえると夫婦で一生懸命、子育てをする。

複雑な気持ちで読んでいた。
人間の夫婦だって分担は難しいのに・・・・(といつも娘がストレスを溜めている)


それからウッカリ鳩の子育てにかかわる羽目になった人達のフンとの格闘記ブログまで読んでしまった。
そのウッカリは危うく私だったかも知れない。


次に鳩の侵入度をレベル表示している駆除業者の記事。
ベランダに時々様子を見に来る辺りがレベル1。
ベランダの高さでちょうど目が合うようになったらレベル2。
鳩が小枝を咥えて来るようになったらこれはもうレベル3。早急な対処をして下さい。 

最終的には卵を産みます。 「手遅れ~!!!」
鳩駆除業者の扱う商品名に椅子から落ちそうになった。
「はとにげ~る」「ハット驚く」  猿には「さるさ~る」 笑っちゃってる場合じゃない。


そしてそして・・・卵を勝手に処分すると野鳥なんちゃら法で罪になるらしい。





脱兎のごとくテラスに走った私はジャスミンの寝床の小枝をごっそりとかき集めて捨てると水をジャンジャンかけてそれから鳩が座る場所にこんなモノを置いた。
とっさの事だった。



鶏
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

そうですよ~。。。^^;
1、を読んだ時、
先生は何悠長な事おっしゃってるんだろう??
ハトの恐ろしさを分かってない!!
と私が青くなりましたよ~ヽ(=´Д`=)ノ

ハトのフン害は有名ですよ。。。(;一_一)
卵だか雛だかも忘れましたが
野鳥なので勝手に取ると何だかいう法律で罪になるのも知ってました。
。。。住まわせてはダメですよ~!!

さて、続きが気になる私です。。。ジィー (。・_・。)
Posted at 2013.04.04 (20:34) by nao (URL) | [編集]
知らぬが仏
知らない私は仏の気持ちでニコニコと見守りました。
昨年、身の毛もよだつ青虫に山椒を丸坊主にされてもやがてアゲハ蝶に育つまでとジッと我慢したように、ジャスミンのプランターも御提供しました。
今日知ってまだ助かりました。
でも鳩は伝書鳩になれる程、帰巣本能に長けてます。
御夫婦で帰宅したらどうしましょう!
「続編」は願わくば書きたくないです。
ところでnaoさん、鳩の卵はいらんかね~。
鳩エッグの爪止めトップなんでいかが?

Posted at 2013.04.04 (22:55) by mako (URL) | [編集]
うちもありました
バスルームの窓の外にあったプランターに、いつも鳩がいると思ったら、ある日卵があるのを発見!「早くかえらないかなー」と、結構楽しみにしてたんですけど、ある日を境に鳩が来なくなり、卵がそのまま放置プレイ。
「腐っても困るし」と、一週間位して捨てたんです。

そしたらその何日か後に、突然戻ってきて、もう怒り狂ってました!窓にバンバン突進してくるんです!怖かった〜。
Posted at 2013.04.05 (04:12) by みかこ (URL) | [編集]
鳩の攻撃……
みかこさんも卵体験者でしたか!
ネットで調べた所、鳩夫妻は24時間、卵を温めてるワケでもなく時々放置しては戻るらしいです。
窓にバンバン体当たり………それ怖すぎます!

今朝(早朝から)鳩がテラスを偵察に来たと哲爺が言ってた。

偵察はやがて攻撃にならなきゃいいけど………

ウチの「ニワトリ」どこまで威嚇してくれるやら。
Posted at 2013.04.05 (07:07) by mako (URL) | [編集]
若い夫?
さらっと書いてあった、「朝から卵を温めていたのは若い夫で…」に引っ掛かりました。

なぜ?若い夫と分かるのですか?i-183 先生の願望i-278!?
また、若い夫の表現に、若い夫の鳩のイメージが、まさに今飛ぶ鳥落とす勢いの、ドラマ“最高の離婚”にも出演していた、「A野剛」さんが思い浮かばれ、鳩の若い夫はA野剛さんのイメージが印象づけられてしまいました。

年上妻と若い夫の鳩は、卵i-274をあきらめてくれたでしょうか…
Posted at 2013.04.12 (06:00) by マキ (URL) | [編集]
若い夫
爺さんの夫との日々の困惑から、鳩に、(鳩にまで~)若い夫願望を託したのかも知れません。
実は犬や猫が若い時には毛の艶がいいように、あの鳩の羽の色艶で若いと感じたの。
哲爺みたいなパサパサ感がない!(笑)
何年も前のブログに書いたけどウチの父が狩猟が趣味で当時の家には撃たれた鳥だらけ。
目黒の碑文谷なのに、マタギの家族みたいな暮らしでした。
ウサギの皮が板に張られたり、今日は○○鍋みたいな冬。
年寄りのキジ鳩は確かに羽の艶がイマイチで肉が固いと言ってたな……と。

最高の離婚みたいな鳩夫婦を連想するなんて面白過ぎ!(笑)
Posted at 2013.04.12 (08:09) by mako (URL) | [編集]
碑文谷で“マタギの暮し”って凄いですねi-282

“若い夫”は本能的に感じられたのがよく分かりましたi-179

お父様は正に『ワイルド~』ですねi-230
Posted at 2013.04.15 (06:34) by マキ (URL) | [編集]
碑文谷のマタギ
ワイルドと言えば聞こえはいいけど家族はタマリマセン。
何でも自分でやってみたがりや。
剥製まで自分で作ってました。
それは詰め物入れ過ぎて妙に首の長い、足の向きがウッカリ逆さまの鳥。
ある日、小学校から帰ると飼っていたペットのウサギが居ない。
狩猟仲間にやってしまったと言う。
「可愛がるってよ!」
何の相談もなくウサギを人にやる父。
後日、その人が来て「あのウサギの肉、固くて食えたもんじゃないよ」

食べた………

山の暮らしじゃない。
目黒の碑文谷では普通に肉も野菜も買えます。

殺生する父に反発する子供心。

鳩が我が家に来て和んでくれた事があんなに嬉しかったのはここに理由があるんだな。


Posted at 2013.04.15 (07:31) by mako (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

mako

Author:mako
その昔、木馬館というCafeをやっていました。

天然石ビーズのお店でジュエリースクール講師を務めてからその後独立。日夜「大人の女性の為のアクセサリー作り」を考えて暮らしてます。
家族は宇宙人の哲爺。

「ねむの木のテラスから」こちらはアクセサリー発信のお教室ブログです。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。